【4月18日】恐怖だった台湾地震!台北市内の画像&旅行への影響とは?

台湾東部の花蓮県

 

たまたま台湾に帰ってきていた4月18日に、またしても大きな地震が発生しました・・・💦

わたしの家は台北市内に近い位置にある新北市という場所ですが、こちらでも震度4の横揺れを観測しました。
長めの横揺れで、かなり怖い体験でした。

公式の報道によれば、台北市内においても同様の震度4だったということですが、体感では記憶に新しい2018年2月の地震よりも大きかったように感じました。

台北市内への旅行を計画していた人への影響なども含めて調べてみたいと思います。
参考にしていただければ幸いです。

 

Sponsored Link

 

【4月18日】恐怖だった台湾地震!

花蓮県,台湾地震

花蓮県/お店のガラスが全壊した画像

2019年4月18日・台湾で、またしても大きな地震が発生しました。

震源地は、台湾東部の花蓮県秀林郷でマグニチュード6.1で、最大震度は7という非常に大きな地震が発生しました。

ちなみに公式の情報では、この震度は日本の基準とほぼ同じだと考えられています。

わたしは台北市内近くに住んでいますが、震度4でも長めの横揺れだったのでかなり恐怖を覚えましたし、台北市内でも大きなビルが傾いたり、移動手段の要(かなめ)である地下鉄(MRT)が一時ストップしてしまうなどの混乱がありました。

*台北市内への旅行についての影響は、あとの方で詳しく書いています。

【4月18日/台湾東部地震】花蓮県とは?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

When we see how beautiful the creation is ., then we know how great The Creator is.. #happyeaster

davidERHANさん(@david.erhan)がシェアした投稿 –

地震の震源地である、花蓮(ホァリェン)とは2018年2月にも大きな地震が発生した場所ですが、約1年後にまたもや大きな地震が発生してしまいました。

このあたりは、非常に自然が豊かな地域で国内外からの観光客も多く訪れる場所です。

わたしも、地震の影響が治まっていた2018年夏に行きましたが、すばらしい景色だったので感動しました。

そして、またいつか行きたいと思っていた場所でしたが、またしても大きながけ崩れなど被害が大きかったようです。

太魯閣

台湾有数の観光地である「太魯閣」また地震・・・

その中でも有数の観光地「太魯閣(タールゥク)」では、そのままの大自然が楽しめるのですが、普段からがけ崩れに注意の看板が出ているほど危険も背中合わせの場所です。

そんな場所ですから、震度7の地震が発生すると同時にがけ崩れの被害も大きかったようです。

太魯閣地震,けが人

4月18日の地震で「太魯閣」を観光中に怪我を負った人も・・・

「太魯閣」の観光では、普段から落石の可能性があるため「ヘルメット着用」という注意書きがされているので、多くの人がヘルメットをかぶり頭をガードはしているものの、かなりの岩場なので危険です。

そして、やはり今回もこの大地震で落石の被害に遭われた方がいたようです。

雄大な大自然が魅力なのですが、本当に危険と隣り合わせだということがわかると思います。

けが人の方の安否が心配ですが、無事であることをお祈りします。

 

Sponsored Link

【4月18日/台湾地震】台北市内への影響とは?

4月18日の大地震,台湾

4月18日の大地震:台湾メディアでの情報より

さて、それでは気になる台北市内への影響については、どのような感じだったのでしょうか?

ニュースの情報でも、台北は震度4だったことが伝えられています。
そして、約1時間半ほどのあいだ「MRT(地下鉄)」がストップしてしまうという事態に陥りました。

その他、一部のビルが傾いてしまうなどの被害が出ました。

しかし、台北市内はこの地震による影響がそこまで大きくは無かったのではないかというのが、体感としてありますし、実際に台湾在住の方や旅行客も「外出中でぜんぜん気づかなかった・・・」といった反応も多かったように思います。

【台湾地震/MRT】地下鉄が一時ストップした・・・

台北市,MRT

台湾時間の午後1時頃に発生した地震の影響で一時全線ストップした地下鉄(MRT)

それにしても、めったに止まることのない印象のMRT(地下鉄)ですが、さすがに今回の震度4の揺れには、大事を取って一時ストップしてしまったようです。

台湾MRTの電光掲示板

「安全のために台北MRTは運転を見合わせています」という電光掲示板の表示

ただ、今のところ取得できる情報からは、特にトラブルがあったというものではなく、念のために「安全確認」でストップしていただけのようですし、現在は再び運行していると考えられます◎

その他の地上の公共交通機関(バスなど)は、通常通り運行しているものと考えられます。

近所を歩いていても、まったく普段となんら変わりない生活ですし、車やバイクは通常通り走行しています。

ただし、やはり余震なども心配ですから、なるべく外出は避けたいかな・・・💦と個人的には思っています。

【日本大使館(日台交流協会)台北事務所】
台北市慶城街28號
02-2713-8000
台北MRT南京復興站より徒歩10分程度

【日本大使館(日台交流協会)高雄事務所】
高雄市苓雅區和平一路87號9F
07-771-4008
高雄MRT文化中心站または三多商圈站より徒歩20分程度

在住の日本人も多いことから、さまざまな人が心配をしてくださっていますし、「日本大使館」からも何かあれば旅行客への対応もしてくれるのではないかな?と思います。

 

Sponsored Link

【台北市内/地震】旅行への影響はあるの?

鼎泰豐,ディンタイフォン

人気の小籠包やさん「鼎泰豐(ディンタイフォン)」

そして、これから台北市内への旅行の計画がある方も多いと思います。
台北市内には、人気の観光スポットも多いですし、気候的にも良い時期ですし予定していた人は多いのではないでしょうか?

ひとまず、「桃園空港」などの主要な空港は、通常通り運行しているようですので、飛行機への影響はないだろうと考えられます。

ただし、4月18日のMRTの一時全線ストップによって当日帰る予定だった人が、乗り遅れてしまうなどの影響があったようです。

さて、結論から言うと。

あくまでも個人的な意見になるかも知れませんが、台北市内への旅行への心配はないと考えていいと思います。

結論から言うと、台北市内への影響はそこまで大きなものではなく、家の中にいる分には大きく揺れを感じましたが、外出していた人は気づかなかったという人もいますし、一部の傾いてしまったビルは老朽化していた(もしくは、耐震設計では無かった・・・)のではないかな?と考えられます。

そんなわけで、台北市内のほとんどの場所はいつもとなんら変化の無い風景ですし、台湾人の方も多くが普段と変わらないように見受けられます。

もちろん今後の続報にも、注意をしてみていく必要があるとは思いますが、台北市内への旅行には問題無いレベルだと感じました。

参考にしていただければ幸いです。

https://twitter.com/Kyhnski/status/1118749919521546240

【花蓮県/台湾”震度7”大地震】旅行への影響・・・

海外旅行,空港

これから台湾に旅行に行く予定がある人への影響は?

ちなみに、何度もいいますが・・・💦
花蓮県への旅行を考えていた方は、やめておくべきだと思います。

今回の地震の震源地は、台湾東部の花蓮県でした。
ココは地元・台湾人からも人気の観光スポットでしたが、がけ崩れやビルなどが大きく傾いたりなど、影響は大きいと思います。

そして、やはり余震も含めて心配ですし、道路も一部で塞がれていると言った報道もされていますから、花蓮県への旅行は当面オススメはできませんし、今後の続報にも注目しなければいけませんね・・・💦

 

Sponsored Link

【4月18日】恐怖だった台湾地震!まとめ

さて、2018年2月6日にも台湾東部「花蓮県」での地震が発生しましたが、コチラについてもかなりの被害があったと報道されていましたし、まだ記憶に新しいと思います。

そして、2019年4月18日またしても震源地は同じ「花蓮県」のあたり・・・💦

これは、やはり昨年の余震という認識でいいのでしょうか?
けっこう揺れましたし、体感としても昨年よりも大きな揺れだったように感じました。

そして、これから台湾旅行へ来るもしくは、「行きたい!」と考えていた方や、台湾在住のお知り合いがいる方へ、現地の状況について個人的な見解も交え考察しました。

まだ、余震なども怖い状況なので、念のため今後の続報にも注目していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です