【愛媛県西条市/14歳殺人未遂】犯行動機は恨み?頭を狙った理由とは?

愛媛県西条市で起こった悲惨な事件

 

14歳の男子中学生が、同級生の頭をナイフで刺すという悲惨な事件が起こりました。

事件が起こったのは、3月20日午前8時半頃で体育館での集会の途中で突然襲ったものと考えられます。
なお、犯人の年齢は中学2年生という多感な時期だったということですが、同級生に対して恨みでもあったのでしょうか?

犯行動機についても考えてみたいと思います。

 

Sponsored Link

 

【愛媛県西条市/14歳殺人未遂】同級生をナイフで刺す…

愛媛県西条市で起こった悲惨な事件

愛媛県西条市で起こった悲惨な事件…

3月も後半に差し掛かる春休み前だと考えられる時期に、公立中学校での殺人未遂事件が起こりました。

 県警西条署は、刺した男子生徒が同級生を殺害しようとしたとして、その場で殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 市教委などによると、事件当時は体育館で1、2年生合同の集会が開かれていた。学校側は「集会中にトラブルがあった。果物ナイフが頭部に刺さっていた」と119番した。事件後、全校生徒を下校させた。
引用:「毎日新聞」より

事件の内容から考えると、恨みや復讐といった憎悪感のようなものが犯行動機ではないかと考えられますが、この男子生徒同士のあいだでトラブルなどがあったのでしょうか?

そして、もし学校側がそのトラブルについて把握してたとすれば、どうして未然に防ぐことができなかったのでしょうか?

今後、その辺りの背景についても注目が集まりそうです。

【愛媛県西条市/14歳殺人未遂】犯行動機は恨み?

それでは、この事件の犯行動機について考えてみたいと思います。

一般的に、殺人事件などでは首や胸などを狙うイメージがありますが、頭を後ろから刺すという行為はいったい何を意味しているのでしょうか?

「顔」を切りつけるという行為には、恨みが大きく関係しているという傾向があるようですが、後頭部を狙ったのも何らかの恨みが関係しているのでしょうか?

 

【合わせて読みたい】
【愛媛県西条市/14歳殺人未遂】公立中学校の場所はどこ?画像あり

 

Sponsored Link

【愛媛県西条市/14歳殺人未遂】頭を狙った理由とは?

愛媛県西条市中学生事件

男子生徒は、8時半頃に犯行に及んだ…

それにしても、いじめや何らかのトラブルがあったとしても”頭を後ろから刺す”というのは、どう考えても常軌を逸していると考えられます。

そもそも14歳の男子生徒が、そのような行動を取ること自体、かなり異常な行為に感じてしまいますし、狂気に満ちた犯行と感じてしまうため精神的な病気などの可能性も考えられなくはないです。

そして、この男子生徒は犯行について容疑を認めているということですが、頭を狙った理由とは本当に殺害目的だったのでしょうか?

もしも、いじめや揉めごとなど何らかのトラブルがあったのだとすれば、どのような理由で犯行に及んだのかについても気になるところです。

今後の続報についても注目が集まりそうです。

【愛媛県西条市/14歳殺人未遂】まとめ

春休みを前にしたこの時期に、とても悲惨なニュースが飛び込んできました。

なお、被害者の男子生徒については救急車で搬送された際には意識があったことが確認されています。
その後の詳しい容態については、報道を見る限りではわかりません。

今後の意識の回復を待って、前後関係についても調べるだろうと考えられます。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です