山縣亮太の年収が凄い?スポンサーや報奨金を調査!自宅の場所や趣味のピアノと料理の腕前を確認!

イケメンアスリートとして高い人気を誇る山縣亮太さん。

NHK 「プロフェッショナル」で特集されるたり、陸上の実力もかなりのもの。100mでは日本記録保持者となりましたね。

そんな山縣亮太さんですが、どれくらいの年収を稼いでいるかが気になりますよね。

今回は、山縣亮太さんの年収について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

山縣亮太のスポンサー契約料は?報奨金ってどのくらい?

2021年6月6日、山縣亮太選手が日本新記録となる9.95秒をたたき出し、日本中を驚かせましたね!

東京オリンピックを目前にして、ベストタイミングでモチベーションもあがっていることでしょう。

そんな山縣亮太選手の年収が気になる人も多いかと思いますが、所属しているセイコーホールディングスの給料にプラスされ、日本陸上競技連盟から報奨金がもらえます。

報奨金は大会で優勝したり、好成績をおさめるともらえるお金です。さらに、スポンサーとの契約料も入ってきます。

山縣亮太選手が所属しているセイコーのCMは、1本あたりの出演料が700万円となっています。

毎年1~2本のペースでCM契約をしていますから、これだけで700~1,400万円となりますね。

さらに、山縣亮太さんほどの知名度となると、テレビに出演したり、ラジオや雑誌、講演会などもあります!

テレビ出演料は1本25万円ですので、その年によって出演料は変動がありますね。

ただ、どんなに少なくても1000万円、多い年では2000万円を超えるのではないでしょうか。

オリンピックイヤーや、世界陸上がある年になると、年収は跳ね上がることになりますね。

また、2021年6月6日に9.95秒の日本新記録をたたきだしたので、その翌週には、セイコーの株価が上昇しています。

半年前に1株あたり1400円台でしたが、現在は2,000円を超えています。短期間で140%以上上昇しているので、かなり有益株ですね。

所属している山縣亮太選手の活躍が影響しており、この半年で大活躍を見せてくれたからですね。

所属する会社の株価が上昇するほどの影響を与えたので、来年はまた年収があがりそうですね。

もちろんスポンサー契約を結んでいるのは山縣亮太選手だけではないので、他の影響もありますが、知名度やメディアへの露出、そして世界を舞台に活躍できる記録を出したということで、かなり影響があるでしょう。

そして、セイコーホールディングスは、メジャーリーガーの大谷翔平選手ともスポンサー契約を結んでおり、現在の大谷翔平選手の活躍も、株価にかなり影響しているでしょうね。

さらに東京オリンピックで山縣亮太さんの活躍を見ることができれば、さらに株価が上昇しそうですね。

オリンピック選手が入賞すれば、JOCの報奨金プラス各競技団体からの賞金・報奨金が受け取れます。

しかし、競技種目によって賞金額が異なり、最大3,200万円~0円と、かなりの差があるのです。

金メダルの場合、陸上競技が2,000万円、マラソンが1億円と、同じ「走る」スポーツでもこれほどまでに差があります。

山縣亮太さんは、2016年のリオオリンピックで銀メダルを獲得しており、その時の報奨金は600万円だったそうです。

さらに、セイコーから昨年のボーナスで5000万円以上の超高級腕時計(FUGAKU)をプレゼントされています。

もし、世界選手権で優勝した場合は、賞金800万円となるそうですが、今回は逃してしまいました。

また山縣亮太さんは、ナイキのシューズを履いていますが、特にCMやスポンサー契約をしているという話は聞かないです。

スポンサーは給料制ではなくて、年間契約で1年分先払いし、商品の宣伝をしてもらいます。

山縣亮太さんの年収は、給料+賞金+スポンサー契約金(セイコー)の合計金額ということになるのですね。

山縣亮太の年収が話題!徹底調査

山縣亮太選手は、2015年に慶應義塾大学卒業後、セイコーホールディングスに入社しました。

当時セイコーには陸上部は無かったものの、アスリート支援に乗り出しはじめた時で、山縣亮太選手が第1号となりました。

セイコーホールディングスの20代の平均年収は570万円、山縣亮太さんが当てはまる25-29歳は、682万円です。

つまり基本給だけで700万円弱はもらっているということになりますね。

さらに、陸上などのスポーツに力を入れていますので、オリンピックや大会で良い成績を残せば、ボーナスも支給されます。

山縣亮太さんは雑誌やメディアにも出演していますので、それを合わせると余裕で1,000万円は越えるでしょう。

ちなみに、ケンブリッジ飛鳥や桐生祥秀選手のボーナスは1億円超えだそうで、山縣亮太さんもそれくらいもらっているのでしょうか。

セイコーは腕時計で有名なメーカーですから、ボーナスで最高級腕時計である「FUGAKU」をプレゼントされました。

5000万ほどの超高級腕時計ですから、最高のボーナスになりましたね。

山縣亮太選手が東京オリンピックに出場し、100mで決勝まで進むことができれば、全世界の観客が山縣亮太選手に注目しますよね。

また、400mリレーにも出場しますので、リオオリンピックとおなじくメダルを獲得してほしいですね。

そのようなオリンピック選手が着ているユニホームに、所属している『SEIKO』の文字があれば、それだけでものすごい広告になりますね。

株価の上昇も大きく見込めれば、会社が一流アスリートのバックアップをしているというイメージも良くなりますね。

ますます『SEIKO』のブランド価値があがることになり、山縣亮太さんにも特別ボーナスが支給されることでしょう。

山縣亮太の自宅はどこ?趣味はピアノと料理?画像

山縣亮太さんがどこに住んでいるのかが気になりますが、自宅の場所は不明でした。都内であることは間違いなさそうです。

意外にも料理やピアノが趣味だそうで、家で自炊して、アプリでピアノを弾くのが趣味だそうです。

全くの初心者なのですが、ピアノが上手に弾けたらいいなってある日思い立って。(笑)いつか久石譲の曲でも弾いてみたいなと。10秒00を切るよりも難しいかもしれませんけど。もし弾けるようになったらその時はお聞かせしますよ。
Yahooニュースより引用

好きな音楽はMr.Childrenで、アプリを使ってピアノを弾くことがいい気分転換になっているそうです。

そして山縣亮太さんは自身のSNSにて、たびたびおいしそうな料理をアップしています。

「健康な体作りに必要な食事。アスリートの食生活の一部を紹介します」という文章とともに料理の様子を披露した。
山縣の茶わん蒸しは、卵、好きな具材(山縣はささ身をチョイス)、だし汁を混ぜ、蒸し器で10分から15分蒸せば完成という極めてシンプルなもの。
「意外と簡単にできてしまうので、是非みなさんやってみて下さい」とコメントした。
Yahooニュースより引用

この料理の様子をみたファンからは、「おいしそう」「茶わん蒸し作ってみます」「素敵な動画ありがとう」という声が寄せられていました。

また、釣りも趣味だそうで、釣った魚を自分でさばいた様子が公開されていました。

オフも友人と釣りに出かけたり、オーストラリアの遠征先では、ホテルの近くで釣りをし、たくさん魚を釣っていました。

しかも遠征先でも自分で魚を捌いて調理するといいますから、驚きです。

日頃からたんぱく質中心の料理を意識して、自炊しているようです。

結婚したら、奥さんよりも料理してくれそうですね(笑)

まとめ

今回は、山縣亮太さんの年収について、紹介しました。

所属している「SEIKO」からの給料や、スポンサー契約金、大会報酬金などを合わせると、年収2000万円以上稼いでいることが分かりました。

意外にもピアノや料理が趣味だそうで、とても美味しそうな料理をSNSにアップしていました。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です