内村航平の家族構成や兄弟を確認!父親の職業は体操指導者?母親は宗教に心酔と噂!

内村航平さんといえば、知る人ぞ知る男子体操界の絶対的エースですよね。

北京オリンピック、ロンドンオリンピックで44年ぶりとなる、個人総合2連覇を果たした輝かしい成績の持ち主でもあります。

そんな内村航平さんですが、家族構成が気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、内村航平さんの家族構成について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

内村航平の家族構成を確認!

内村航平さんは、両親と妹の4人家族のもと育ちました。

実家は長崎県諫早市にあり、「スポーツクラブ内村」という体操教室を開いています。

元体操選手の両親が運営しているこの教室で、内村航平さんも3歳から体操を始めています

現在、実家の体操教室は2階で、母親はバレエ教室も開いており、3階が自宅になっているそうです。

内村航平の両親はどんな人?父親の職業は体操指導者で母親は宗教に心酔との噂も!画像

内村航平選手の父・和久さんは、体操の指導者をしています。

和久さんは柳川高等学校時代、高校総体で床、跳馬を制しており、その後日体大の体操競技部に進学しています。

それから、福岡の小倉市の体操クラブで指導者に転身しました。

その後、31歳のときに独立し、内村航平さんの母の故郷である長崎県諫早市にて、体操教室を開きました。

生徒は最初6~7人しかおらず、経営が苦しかったときが続いたそうです。そのため、和久さんはうどん店でアルバイトをしながら、家計を切り盛りしていました。

そこまでして体操教室を運営したかったのは、漠然と指導者として、美しい体操を教えたいという気持ちからでした。

今では体操教室も軌道にのり、何より内村航平さんという金メダリスト選手を育て上げたのですからすごいですよね。

内村航平さんの母・周子さんも元体操選手で、長崎県立女子短大時代に、九州大会で優勝した経験もあります。

体操クラブで和久さんと一緒に選手を指導し、夫婦共働きでかなり忙しかったそうです。

そんな中でも、母は手料理を子供に食べさせることにこだわったそうです

おやつでも手作りで、手紙と一緒に用意していたといいます。

毎回気持ちを込めて手作りする食事は、不足していた親子のコミュニケーションを補っていたそうですよ。

そんな内村航平さんの母・周子さんですが、「しくじり先生」に出演した際に、「子離れできず、息子に嫌われた」エピソードを話していました。

過剰な応援っぷりはたびたびメディアでも報道されていましたが、なんと内村航平さんの髪やツメを大事に保管していたそうで、内村航平さんに気持ち悪がられてしまったそうです。

内村航平さんは高校から親元を離れてるのですが、母特製の手料理を冷凍便で送ったこともあったそうです。

そんな過剰な愛を押し付けているうちに、だんだん息子の心が離れていってしまい、「もう、応援に来ないで」と言われてしまいます。

あまりのショックに泣いてしまった周子さんですが、「子離れしないと」と思い直し、3ヶ月間連絡しなかったそうです。

また、内村航平さんが【とくダネ!】に出演した際、周子さんがVTRメッセージで「一番食べたいものは何?」「好きなものを作ってあげたい」と質問します。

すると内村航平さんが「そりゃ奥さんの手料理ですよ」とさらっと言ってのけます。

母に対して、かなり冷めた発言でしたね。

2人の関係に拍車をかけたのが、嫁姑問題でもありました。内村航平さんは現在の奥さんと授かり婚だったのですが、それが周子さんからすると気に食わなかったそうです。

勝手に結婚式のドレスを決め、新婚旅行に付いて行き、かなり面倒な姑になっていたみたいですね。

嫁も周子さんを嫌がり、2013年に誕生した長女・斗碧(とあ)ちゃんも、2015年に誕生した次女・千碧(ちあ)ちゃんも会いに行かせていないそうです。

リオオリンピックでは内村家が揃って応援していましたが、奥さんはテレビ観戦しています。

ここまで関係が悪化した理由は、そもそもでき婚自体に反対だったみたいですね。

内村航平さんは長年交際している彼女がいたのですが、現在の奥さんが略奪し、できちゃった婚をしたというのです。

内村航平さんと元カノはかなり長く交際しており、家族ぐるみで仲が良かったみたいですね。

また、内村航平さんも体操協会に報告せずに籍を入れてしまったので、協会側からも批判を浴びることになりました。

周子さんは「笑顔は絶やさず我慢する」と発言しており、それほど嫁のことが嫌いなのでしょうか。

今ではぎくしゃくした関係も解けて良好な関係だそうですが、そこにいたるまでとても辛い思いをしていたのですね。

昨年(周子が)出演した『しくじり先生』で、息子に『もう応援に来るな』と言われてしまったエピソードを明かしたこともあって、確執とか言われているようです。
確かに、独立していく息子にあまり親がしつこく接していれば嫌われるでしょうが、(周子と)航平夫妻との確執なんてないですよ。周子も東京に応援に行ったときには、孫たちに会っていますし……
女性自身より引用

父・和久さんはこのように話していました。「確執が無い」ということなので、一安心ですね。

そんな周子さんは、「宗教にはまっている」という噂があるのですが、これはデマのようですね。

事の発端は内村航平さんが東洋高校出身で、この学校が創価学会の創設者・池田大作氏の母校だからのようですね。

しかし、現在東洋高校に創価学会員が多くいるわけではなく、完全なるガセネタのようです。

内村航平の兄弟を確認!妹も体操選手?画像

内村航平選手の妹・春日(はるひ)さんも、体操選手として活躍していました。

春日さんは1991年生まれで、内村航平さんの2歳年下です。

高校時代には九州大会でチャンピオンに輝き、2011年におこなわれた全日本学生選手権では、個人総合部門で優勝しています。

その後、日本体育大学、大学院に進学し、現在は長崎県の学校で保健体育の教師をしています

長崎純心中学・高校という、中高一貫校で指導しているそうですよ。この学校は、周子さんの母校でもあります。

ちなみに、春日さんは段違い平行棒と平均台が得意種目だそうです。

春日さんが【ミヤネ屋】に出演した際は、金メダルを獲得した後の兄に連絡をしていない、と話していました。

もともと全然連絡を取っていないそうで、そのことから内村航平さんと家族の関係が良好ではないと噂されたそうです。

しかし、内村航平さんの試合に応援しに行ったりしていますし、決して仲が悪いわけではないと思います

まとめ

今回は、内村航平さんの家族構成について、紹介しました。

両親と妹の4人家族で育った内村航平さん。両親が開く体操教室で体操を学び、金メダリストにまで上り詰めたのですね。

妹も体操選手で輝かしい成績を残しており、まさに体操一家だったのですね。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です