多田修平の年収が話題!スポンサー契約料や賞金を調査!私服や愛車は?

日本男子短距離走界に彗星のごとく現れた多田修平選手。

東京オリンピック出場も決まり、メダル獲得が期待される若手ホープですね。

日本トップクラスの陸上選手となっていますが、だいたいどれくらいの年収を稼いでいるのでしょうか?

今回は、多田修平さんの年収について調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

多田修平のスポンサー契約料はいくら?賞金ってどのくらい?

多田修平さんは関西学院大学卒業後、2019年より住友電工へ入社しています。

100メートルは10秒07の自己記録(日本歴代7位タイ)を持っており、東京オリンピックでもメダル獲得が期待されています。

大阪桐蔭高校~関西学院大と、関西生まれ関西育ちで、ずっと関西に思い入れがあった多田修平選手。

住友工業も大阪に本社があるため、「生まれ育った関西の企業を背負って世界に挑みたい」との思いがあるそうです。

そんな多田修平選手は、現在スポンサーはどれくらいついているのでしょうか?

調べてみますと、2021年現在、多田修平さんにスポンサーはついていません。

結果を残すようになったのは最近ですから、スポンサーからの収入はゼロに等しいでしょう。

シューズはナイキやミズノを使っているのですが、どちらの企業ページにも多田修平選手が掲載されていませんので、CMや広告の出演もないでしょう。

多田修平選手は多くの大会で結果を出していますが、賞金もほぼゼロに等しいと考えられます。

日本陸上連盟はマラソンで賞金額をあげていたこともありましたが、短距離ではそのような対応はしていないようですね。

世界陸上でも個人種目優勝したとして、賞金1000万円にも満たないため、賞金が少ないスポーツのようですね。

しかし、陸上連盟から賞金は出ずとも、所属している住友工業から報奨金が出ている可能性はあります。

陸上競技は、スポーツの世界でも賞金があまり高くないことで知られていますので、成功してから大金を手にするまでにかなり時間を要するようですね。

しかし、世界陸連(WA)は、アスリートの賞金を大幅に増やすことを発表しています。

2022年のユージン(米国)、2023年のブダペスト(ハンガリー)でおこなわれる世界選手権では、100万米ドル(約1億1000万円)の資金が追加されることが決まっています。

そして、賞金は23000米ドル(約250万円)が上乗せされるそうです。

世界陸連はできる限りトップアスリートに賞金が行き渡ることを目指しており、着実に陸上界の賞金があがってきているようですね。

多田修平さんは、東京オリンピック選考会で優勝に輝き、前日が誕生日だったため「最高の誕生日プレゼント」と涙しました。

日本記録保持者の山県亮太選手をやぶり、見事東京オリンピック代表に内定します。

初の五輪切符を獲得すると、喜びを爆発させるように大きく右腕を振り下ろした。
「最高の誕生日プレゼントになった。地元大阪にこういう形で恩返しできた」。24日に誕生日迎えたばかりの25歳。ゴール後は感極まった様子で思わず涙ぐんだ。
スポーツ報知より引用

多田修平さんは得意の前半で前に出て、そのまま逃げ切る形でゴールしました。激戦のレースとなりましたが、「あまり記憶がない」と笑っていました。

多田修平の年収が話題!徹底調査

陸上短距離走は、ここ数年で注目を集めるようになったものの、ほかのスポーツに比べて年収は低いイメージがありますね。

多田修平選手や、ほかのトップクラスの選手がどれくらい稼いでいるか、気になる人も多いと思います。

結論からいうと、多田修平選手の年収は、およそ500万円前後だと考えられます。

多田修平選手は住友電気工業に所属しています。この企業は本社を大阪にかまえる超大手一部上場メーカーで、そこの実業団選手ということですね。

そのため、サラリーマンのように企業からの収入がメインとなります。

実業団陸上選手の年収は400万円前後ということなので、結果を残している多田修平選手は、平均よりも少し上、という予想です。

住友電気工業は一流メーカーなので、20代で500万円、30代で700万円ほどの年収に達する大企業です。

2021年時点で多田修平選手は25歳、大卒3年目ということで、これに当てはめると年収500万円ほどとなるというわけですね。

ちなみに、日本人初の9秒98をマークした桐生祥秀選手は、「日本記録章」の副賞として50万円ほど報奨金が贈られています。

多田修平さんも、大会で実績を重ねて日本新記録を出せば、さらにボーナスがもらえるのではないでしょうか。

これは今までなかったのですが、男子マラソン大会で日本新記録をたたき出した設楽悠太選手に、1億円が贈られたことがきっかけでした。

マラソン界での1億円から比較すると、短距離走界の50万円という額は、天と地ほどの差がありますね。それほど人気スポーツかどうかによって、金額は左右されるということですね。

これからますます短距離走界が盛り上がれば、賞金もあがって選手たちのモチベーションもあがりそうです。

海外の有名陸上選手たちは、収入のほとんどがスポンサーとの契約金です。ウサイン・ボルト選手ほどの選手になれば、年収20億円にもなります。

日本の陸上選手は他のスポーツ選手に比べて収入は少なく、有名選手でも数百万円~数千万円程度だそうです。

企業に所属している選手は、社員選手と契約選手という2通りがあります。

社員選手は配属先もあり、午前中は仕事をこなし、午後から練習という契約になっています。

一方の契約社員は仕事はせず、企業からサポートを受け、競技生活に専念します。

しかし、選手を引退すれば企業とも契約終了となります。陸上競技に力を入れている企業は、契約選手が多いみたいですね。

社員選手は通常の社員と同じ基本給にプラスで、競技者手当がもらえるようです。初年度は年収200万~300万円ほどしかもらえないようです。

競技者手当は成績によって大きく変わり、有名選手になれば当然、一般社員よりも給料があがるわけですね。

想像していた金額より年収が少ないことに、少々驚きますね。もう少し年収があがれば、選手のモチベーションもあがりそうですね。

多田修平の私服や愛車を確認!【画像】

さわやかイケメンで、女性ファンも多い多田修平選手。

普段の雌伏姿を見てみると、普通の好青年という感じですね。シンプルな服装が多いみたいです。

どれもカジュアルで、ジーンズやベーシックな色のトップス。そしてスニーカーが多いですね。

スタイルが良いので、洋服のブランドモデルにもなれそうです。

使用しているスパイクは、ミズノのウェーブエンペラーシリーズ

過去に全日本インカレ大会に出場した際は、ミズノからスパイクをプレゼントされていました。一流アスリートとなれば、スパイクもプレゼントされるんですね。

2018年ごろまでずっとミズノのスパイクを愛用していたのですが、2019年ごろから突然NIKEに変更したそうです。

2019年2月8日に、アメリカのアーカーソン州で行われた大会で、惜しくも決勝進出を逃してしまったことが原因のようです。

このとき履いていたスパイクピンが日本の形状とは違い、武器であるスタートダッシュが上手くできなかったとか。

このことから、ミズノからナイキに変更したのかもしれません。

0.01秒が命取りになる世界なので、スパイク選びもかなり重要なことですよね。

実際に、スパイクメーカーをナイキに変更したのがニュースになっていました。

17年ロンドン世界陸上男子400メートルリレー銅メダルの多田修平(22)=関学大=が、今季から使用スパイクメーカーをナイキに変更することが30
日、分かった。
昨季まではミズノ製を使用していたが、新社会人として住友電工入りする今季から心機一転。ともに16年リオ五輪男子400メートルリレー銀メンバーの山
県亮太(26)=セイコー=、ケンブリッジ飛鳥(25)=ナイキ=ら、短距離勢に愛用者も多いナイキ製を新相棒に、悲願の100メートル9秒台突入へ挑
む。
yahoo!ニュースより引用

社会人として心機一転するという意味でも、長年愛用していたミズノに別れを告げたようです。

また、何の車に乗っているかが気になりますが、SNSでも車について情報はなく、所有していないみたいですね。

まとめ

今回は、多田修平さんの年収について、紹介しました。

まだスポンサーもついておらず、住友工業からの給与がメインのようで、だいたい500万前後と予想されます。

今後、東京オリンピックで結果を残すことができれば、ボーナスなど年収があがるかもしれません。

これからもますます活躍していってほしいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です