大阪なおみの母親は大阪出身の韓国ハーフ?実家がお金持ちだが祖父とは絶縁との噂も!

大坂なおみさんといえば、日本人として初めて全米オープンテニスで優勝し、大注目を浴びているプロテニスプレーヤーですね。

世界一稼ぐ女子アスリート・大坂なおみさんを育てた母親が、どんな人かは皆さん気になるところではないでしょうか。

今回は、大阪なおみさんの母親について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

大阪なおみの母親は大阪出身?韓国ハーフとの噂も!真相を徹底調査!

大坂なおみさんは、とても日本人離れした顔立ちをしていますよね。

父親はタヒチ出身のアメリカ人で、母親は北海道根室市出身の日本人ということで、ハーフとして誕生しました。

大坂なおみさんの母親は、大坂環さんといい、北海道根室市出身です。

顔が濃くて日本人離れしているので、ハーフと思われることもありますが、れっきとした純日本人だそうです。

当時、大阪で英語教師をしていた父・レオナルド・フランソワさんと知り合い、結婚して大阪なおみさんが誕生しています。

環さんは北海道出身なので、スピードスケートをしていましたが、テニスの経験はありませんでした。

父は大阪なおみさんのコーチをしており、母は主に食事面で大阪なおみさんをサポートしてきました。

家族の栄養管理は環さんの仕事だったそうで、和食を中心に、栄養バランスのとれた食事をつくっています。

大坂なおみさんは父に似ているかと思いきや、目鼻などのパーツは、母によく似ているのですね。

大阪なおみさんが母の姓を名乗っていることから、両親が離婚しているとのうわさもありますが、こちらは信ぴょう性がありません。

大坂なおみさんのインスタグラムには、よく家族写真が投稿されているのを見ますし、家族がとても仲良い様子がうかがえます。

大坂なおみさんも姉のまりさんも、母親の苗字である「大坂」に統一しているだけなので、両親が離婚しているという証拠にはならないですね。

父のレオナルドさんもコーチとしていつも大坂なおみさんの傍にいるので、家族総出でサポートしているのでしょう。

大阪なおみの母親の実家はお金持ち?噂の真相を徹底調査!

大阪なおみさんの母・環さんは北海道根室市出身ですが、実家がかなりお金持ちだという情報があります。

環さんの父で大阪なおみさんの祖父である大坂鉄夫さんは、メディアの取材に答えることもあります。

その姿はかなりちゃんとしていますし、身だしなみも綺麗で、なんだかお金持ちのオーラがありますよね。

大坂鉄夫氏さんとともに、祖母である邦子さんも登場していました。

インタビューを受けているときに、実家の立派な庭や豪華な内装がうつっており、確実にお金持ちであることが分かります。

大坂鉄夫さんは、北海道根室市の根室漁協組合長を務めています。そして、大坂漁業株式会社の社長でもあるのです。

根室市は、北海道の最東端にあるので、水産業がとても盛んです。

根室の名産物はやはり海産物で、花咲港では花咲ガニが名産ですし、サンマの水揚げも日本一です。他にも、あさりや、鮭、鱒、ホタテ、ウニといった海産物がとれる地域なんです。

海道漁業は日本の漁業生産のうち、数量で約26%、金額では約17%を占めています。

そして、北海道は漁業就業者や漁船数も全国第1位で、社長がその中のナンバー3にあたります。

そんな主力産業の漁協組合長というと、かなりの重鎮であることが分かります。

地元で知らない人はいないほど、有名な方のようです。

また、祖父は北海道の道庁所在地である札幌にも、別荘を持っています。

札幌の住宅は、現在大坂なおみさんの日本の住所にもなっています。祖父は影ながら、孫の活躍を応援してくれているのですね。

大阪なおみと祖父に絶縁の噂?噂の真相を徹底調査!

大坂なおみさんの父親は、ハイチ出身でアメリカ国籍の黒人のレオナルド・フランソワさん。

そんな国籍が違う父との結婚は、祖父である鉄夫さんからするともってのほか。環さんがレオナルドさんと結婚するのを、認めてくれなかったそうです。

環さんとレオナルドさんは離れることはできず、なかば勘当当然で、北海道を離れて大阪で暮らし始めます

鉄夫さんはもともと、歯舞群島にある勇留島出身です。また、根室市は北海道の最東端にありますから、周りに外国人がいるという環境がありえないようですね。

そんな中、娘が突然黒人と結婚すると言われ、「一家の恥さらしだ!」と大激怒したそうです。

大坂なおみさんは、幼少期から父にテニスをおそわってきたのですが、レオナルドさんはテニス未経験でした。

そんな素人同然の父親に教わったことも、鉄夫さんは気に入らなかったそうです。

鉄夫さんは大阪なおみさんについて、「小さいころからずっと一緒にいたわけではないから、心の距離がある」と話していました。

そして、大阪なおみさんの両親と鉄夫さんは15年以上も絶縁関係にありました。

しかし、大坂なおみさんが10歳になると、環さんは娘たちを祖父母に会わせたいと思うようになります。

そこで実家の根室を訪れますが、祖父は孫娘に興味を抱くものの、まだ結婚を認めてくれませんでした。

根室の実家はかなりのお金持ちだったのですが、そんな関係であったために援助はしてもらえなかったといいます。

そのため、アメリカにわたってからは、環さんは現地の日系企業に勤め、家計をやりくりしていました

大阪なおみさんは、「母親は試合を見に来ない」と話していますが、プロに転向した当初はスポンサーもいないため、遠征費はすべて自分持ちです。

飛行機代やホテル代、食事代などを家族全員分負担するとなると、とんでもない額になりますよね。

そうした理由から、環さんは応援したい気持ちをおさえて仕事に励んでいました。元お嬢様の環さんからしたら、かなり大変な苦労をしたことでしょう。

鉄夫さんと環さんの関係に明るい兆しが見え始めたのは、大坂なおみさんがプロとして有名になってきてからです。

メディアに露出する機会も増え、だんだんと孫娘を応援したい!という気持ちが芽生えてきたのでしょう。

それからというもの、大阪なおみさんが日本に戻ると応援に駆け付け、食事をご馳走したり、鮭が好きな大阪なおみさんのために根室の紅鮭をふるまったりしたそうです。

また、大阪なおみさんにピアスを買ってあげたそうで、それはいつも試合の時に身につけている真珠のピアスだそうですよ。

また、2018年3月に開催されたパリバオープンでは、大坂なおみさんが優勝した記念に、サイン入りのハンカチとネクタイを祖父にプレゼントしたそうです。

大坂なおみさんはまだ母の実家がある根室に行ったことはないのですが、いつか母の生まれ故郷を訪れたいと願っているそうです。

大坂なおみさんと姉・まりさんの活躍が、両親と祖父のわだかまりをだんだんと溶かしていったのでしょう。

まとめ

今回は、大阪なおみさんの母親について、紹介しました。

大阪なおみさんの母親は北海道根室市出身で、両親ともに日本人の純日本人でした。

実家は祖父が漁業組合の会長をつとめており、会社の社長も務めるお金持ちでした。

長らく疎遠だった両親と祖父ですが、大阪なおみさんの活躍をきっかけにまた仲を深めているようですね。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です