楢崎智亜の学歴を調査!宇都宮北高校出身で偏差値は?大学は医学部との噂も!(ならさきともあ)

クライミング界のカリスマである楢崎智亜さん。世界選手権でも優勝し、東京オリンピックでは金メダルが期待されていますね。

クライミングの天才とも言われている楢崎智亜さんは、どのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか。

今回は、楢崎智亜さんの学歴について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

楢崎智亜の学歴を調査!出身高校は宇都宮北高?偏差値を確認!

栃木県出身の楢崎智亜さんは、私立の共学校である作新学院小学部出身です。

幼稚園から作新学院系列の学校に入学しているので、中学校までは内部進学でエスカレーター式に進んでいます。

両親と兄、弟の5人家族のもと育った楢崎智亜さん。弟も、フリークライマーとして活躍している楢崎明智さんです。

幼少期から三兄弟は非常に仲が良く、何をするにも一緒だったそうです。

父親は内科医を開業しており、とても裕福な実家に育ちました。

幼いころの楢崎智亜さんはとても気が弱く、遠慮しがちで人と争うのが苦手な性格をしていました。

弟の明智さんと一緒に幼稚園のころから器械体操を習っており、小学校にあがるころにいは体操で将来を期待されるほどの実力でした。

しかし、小学校4年生でやめてしまったそうです。

その後、10歳のときに兄が通っていたクライミングジムに遊びに行って、すぐに夢中になります。

当時はただ登っているだけで楽しかったといい、自由に壁を動き回れるクライミングの魅力に引き込まれていきます。

その後は弟の明智さんも一緒にクライミングを習い始めるようになります。

小学校卒業後は、内部進学で作新学院中等部(偏差値50)に進学しました。

作新学院中等部に通っている生徒は、とても裕福な家庭が多いそうです。

この中学の2学年上には、競泳のリオ五輪金メダリスト・萩野公介さんもいました。

楢崎智亜さんは、中学時代に陸上部に所属しています。

クライミングも並行して続けており、中学3年生のときにはJFAユース選手権で3位に輝きました。

この頃から全国大会の常連になり、ジュニアオリンピックカップでも3位入賞を果たしています。

中学の卒業文集には、「登ること」について熱く書いたそうですよ。

作新学院中等部は、日本一生徒数が多い学校ということでも有名で、多い年にはなんと10000人以上の生徒がいたそうです。

中学卒業後、楢崎智亜さんは栃木県宇都宮北高校(偏差値58)に進学します。

吹奏楽部や山岳部が強豪校で、全国大会の常連なんです。楢崎智亜さんは、一般受験で合格し、入学しています。

私立から公立校に入学した理由は、山岳部が決めてだったのかもしれませんね。

楢崎智亜の学生時代の部活は?エピソードも!

楢崎智亜さんが入学した宇都宮北高校は、山岳部が強豪校で、スポーツクライミングの国際大会や世界大会にも出場しています。

楢崎智亜さんが山岳部に所属していたとははっきりわかりませんでしたが、そもそも山岳部がある学校は数えるほどしかないと思うので、決め手になった可能性はありますよね。

2019年には、楢崎智亜さんが母校を訪れて講演をおこなっていますし、高校への思いは強いのでしょう。

宇都宮北高校は、フリークライマーの安間佐千さんの母校でもあります。

安間佐千さんも山岳部に所属していましたから、楢崎智亜さんも入部した可能性はありますね。

この高校は、『体力つくり研究学校』に指定されており、学業とスポーツを両立する教育方針です。

楢崎智亜さんは頭も良かったですから、理系の数学と物理が特に得意科目でした。

この山岳部は2006年にスポーツクライミング世界ユース選手権に出場していますが、現在は廃部になったそうです。

楢崎智亜さんは高校1年生のときに、ジュニアオリンピックカップリードで2位に輝き、高校3年生のときには世界選手権10位にランクインしています。

楢崎智亜は大学は医学部出身との噂も?真相を調査!

高校1年生でジュニアオリンピックカップでリード2位、世界ユース選手権でリード4位、2014年世界選手権でボルダリング10位という、輝かしい成績をおさめた楢崎智亜さん。

高校時代はクライミング漬けの日々を過ごしていましたが、進路にも悩んでいました。

父親が開業医ということと、兄と弟が医者になる気がなかったことで、医学部に進学することを検討していました。

もともと理系科目が得意で一番医者になることを期待されていましたが、最終的には高校卒業後、大学に進学せずにプロクライマーになる道を選んでいます。

楢崎智亜さんの兄は医学部がない大学に進学していますし、弟はクライマー道を進んでいます。

誰も父の跡を継いでいないので、自分が跡を継ぐしかないと思ったそうです。

医師になるつもりは全くなかった楢崎智亜さん。すると、兄が世界で挑戦している楢崎智亜を見て、医師を目指すことを決めたといいます。

そのため、楢崎智亜さんはクライミングに集中できるようになったのですね。

楢崎智亜さんも医学部のある大学に通いながら、プロクライマーになる道も考えましたが、そうなるとうまくいかなかったときに逃げてしまう、と考えたそうです。

父からは、2年で結果が出ない場合は、諦めて大学に行くように言われました。

すると2年後の2016年9月、ボルダリングの世界選手権で見事優勝に輝きます。年間王者にも選ばれ、日本クライミング界のエースになりました。

2019年の世界選手権も優勝し、東京オリンピックでは金メダル候補として期待されています。

約束の期限である2016年に、多くの結果を残すというのは、さすがクライミングの星のもとに生まれているのですね。

楢崎智亜さんも一時期は継いでほしいんじゃないか、他の人に任せちゃうのはもったいないのかなと悩んでいた時もありました。
ですが今は「そんなに悩まなくてよかったなと。今思えばですけど。やりたいことをやるのが一番だと今は思っているので」と言っています。
芸能人学歴.comより引用

楢崎智亜さんにとってクライミングが真のやりたいことだった、ということですね。

まとめ

今回は、楢崎智亜さんの学歴について、紹介しました。

父が開業医で裕福な家庭に育ち、幼稚園~中学校は私立の一貫校に通っていました。

一時期は医者も目指していましたが、プロクライマーへの道を目指し、見事成功しています。

これからの活躍も応援したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です