松山英樹のCMのギャラや年収がすごい!アメリカのフロリダにある自宅は豪邸?画像

松山英樹さんは、2021年4月12日に開催された「マスターズ」で優勝し、世間を圧倒させましたね。

今後、さらに年収が跳ね上がることになりそうですが、いま現在どれくらいの収入を稼いでいるのでしょうか?

今回は、松山英樹さんの年収について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

松山英樹のCMのギャラがすごいと話題!

松山英樹さんはアメリカを拠点に世界で活躍していますが、PGAやアメリカ男子ゴルフツアーについては、けた外れの賞金が出ることでも知られています。

さらには、松山英樹さんにはREXUSやANAといった大企業のスポンサーもついていますね。

現在はレクサスや野村、インディードのCMで見かけると思いますが、CM一本当たりのギャラは1億円、TV出演のギャラは150万円と言われています。

今後もっと多くのCMにも起用されていくと思いますが、ゴルフ選手が広告塔して人気な理由は何でしょうか?

実は、ゴルフはスポーツの中でも、かなり選手生命が長いことが大きいようです。

松山英樹さんはマスターズを制覇する前から、PGAツアーで5回優勝し、日本ツアーでも8回優勝しています。

現在の世界ランキングは14位で、自己最高2位にも上り詰めています。年齢は29歳ということで、ゴルフ界では全盛期なんですよね。

50代や60代になっても活躍できるスポーツなので、スポンサー側も長期契約を望めるのが大きいと思います。

松山英樹さんは物静かであまり話すタイプではありませんが、まじめで誠実な性格で、妻と娘を大事にするところも、良いイメージしかないですね。

マスターズで優勝したことにより、若者やゴルフに馴染みのない層からも、注目されるようになりました

「スター、ナオミ・オオサカとケイ・ニシコリが利益を享受してきたように、日本はアスリートを深く尊敬する国として知られている。オオサカは昨年、ナイキ、マスターカード、日産、ソニーなどのコート外の契約による収入で3400万ドル、女性史上で最高収入のアスリートとなった。
ニシコリは一度もグランドスラムで優勝したことがないにもかかわらず、過去5年間で毎年少なくとも3000万ドルのスポンサー収入を手にし、フォーブスの長者番付に登場している。この手の給料に関しては、マツヤマにとっては出発点に過ぎない可能性がある」
Yahooニュースより引用

トップゴルファーとなったことで、ゴルフ関連の商品も契約オファーが殺到するでしょう。

また、プロゴルフ界でアジア人がマスターズ制覇をしたことは、歴史的な快挙です。

この偉業は、とてもマーケティング効果が高いとされています。

もともと国際的な大企業は、日本に注目している傾向があり、国内でも世界を相手にするような企業から、どんどんオファーが来るでしょう。

また、もしオリンピックに出場すれば、勝敗にかかわらずに、さらなる注目を集めることになりそうですね。

松山英樹さんの現時点でのスポンサーについてですが、以下の通りになっています。

  • オークリージャパン:用具使用契約(アイウェア)
  • ダンロップスポーツ:クラブ、ウェアなどを含めた総合契約
  • ファイテン:アドバイザリー契約
  • レクサス:所属契約
  • 興和:パフォーマンスサポート契約
  • 西川産業:サポート契約
  • ロレックス:スポンサー契約(日本人アスリートとの契約は初)
  • 野村ホールディングス:スポンサー契約
  • 全日空:スポンサー契約
  • indeed(インディード):スポンサー契約

10社ものスポンサー企業と契約を結んでおり、どれも有名な企業ばかりですよね。

スポンサー契約金だけでも、2021年度に受け取るのはおよそ30億円以上と言われています。

なんとも夢があるスポーツですが、ここまで稼げるのはトップオブトップだけ。松山英樹さんが努力を重ねてきたからこそ、ここまでたどり着いたのですね。

松山英樹は年収もすごい!

松山英樹さんがマスターズを制したことで、今後の年収が跳ね上がることが予想されますね。

賞金以外にも、スポンサー契約料、CM出演料などの収入があります。2021年の獲得賞金は、すでに4億9000万円に到達しています。

年間で考えると、10億近くまでいく可能性はありますね。今後の成績次第となりますが、松山英樹さんは過去に何度も優勝していますし、期待して良いでしょう。

マスターズ優勝、そしてオリンピックに出場すれば、CM出演も増えてさらに収入が増えそうですね。

というわけで、松山英樹さんの年収は、トータルで40億~50億に達する可能性があります

アメリカの広告調査会社によると、マスターズで1位を取った際は、広告契約が6億ドル(約656億円)もの価値があるとしています。

さらに、1年間で2000万ドル(20億円)の収入を得ることができ、それが30年間続くとも見積もっていました。

実際、マスターズ優勝で世界ランキングが14位まで浮上していますし、それくらいの収入は見込めるかもしれません。

日本人アスリートでは、テニスの大坂なおみさんと、錦織圭さんが3700万ドル(約40億円)で年収トップと言われています。

偉業を達成した松山にとって「(3700万ドルは)出発点に過ぎない」と分析。収入面でも日本史上最高に到達する可能性があるという。
マスターズVで名誉とともに、207万ドルの優勝賞金を手にした松山に米フォーブス誌も注目を寄せた。
「マスターズの勝者、ヒデキ・マツヤマはゴルフが人気な日本でスポンサー狂騒曲を巻き起こす可能性」との見出しで特集している。
Yahooニュースより引用

アメリカの記者も、「ヒデキ・マツヤマは生涯に渡る富を保障された」と話しており、前人未到の額を稼ぐ可能性がありますね。

アメリカに続き、日本はゴルフコースの数が世界2位ということで、国民的人気があることも注目されています。

日本・アジア人初のマスターズ制覇ということで、今後日本人男子ゴルファーが、あとに続くかどうかで広告収入も変わってきそうです。

松山英樹のアメリカ(フロリダ)にある自宅が豪邸?画像

松山英樹さんは2015年、PGAツアー参戦2年目にして、アメリカのフロリダに自宅を購入しています。

現在もツアーの拠点にしており、ツアー中は妻と子供は日本で生活しています。

フロリダは住民税が無く、住みやすく人気のエリアでもあります。

松山英樹さんのマネジメント会社「IMG(インターナショナル マネージメント グループ・オーヴァーシーズLLC)」もありますし、PGAツアーの本部もあります。

あのタイガーウッズ選手もフロリダに住んでおり、一流のゴルフ選手が住むエリアなんでしょうね。

アメリカのゴルフチャンネル本社もありますし、ゴルフの中心地ともいえます。

フロリダに自宅を購入する前は、ロス市内にホテルを取り、全米各地を飛び回っていました。しかし、大量の荷物と移動しなければならず、かなり苦労したようです。

そのため、拠点となる場所を構えようと思い、フロリダに自宅を購入したという経緯があります。

購入した自宅は、推定3億円の大豪邸です。

広さは7LDKで、大きな庭とプールも完備されています。内装はベッドルーム4部屋、そしてトレーニングルームも設置されています。

卓球台もあるそうで、リフレッシュするには十分な環境ですね。

どの部屋にも、過去に獲得したトロフィーや、アマチュア選手時代の商品が飾られています。

松山英樹さんが住んでいるのは、フロリダの中でも温暖なオーランドです。

タイガーウッズ選手やマキロイ選手、石川遼選手も近くに住んでいるとか。とても豪華なメンバーですね。

なんと、自宅が広すぎるため、敷地内をカート移動することもあるそうです。

車で5分ほどいけば、ジャック・ニクラウス氏監修のゴルフ場「ザ・ゴールデンベアクラブ」があるんですけどね。ちなみにこちらは完全会員制です。

宮里美香選手も近くに住んでいて、2009年からアメリカ女子ツアーに参戦していますので、松山英樹さんにとって先輩にあたりますね。

まとめ

今回は、松山英樹さんの年収について、紹介しました。

プロ転向後から着々と結果を残し、10社ものスポンサーと契約して、かなりの年収を稼いでいることが分かりました。

マスターズ制覇によって、今後40億円以上の年収を稼ぐことが予想されています。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です