松山英樹の家族構成や兄弟を確認!父親はゴルフ練習場を経営?姉もゴルファー!

松山英樹さんといえば、2021年4月12日にゴルフのマスターズで日本人初優勝を果たしましたね。

アジア人でも初の快挙で、世界中がグリーンジャケットを着た松山英樹さんに注目しました。

そんな松山英樹さんですが、家族構成が気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、松山英樹さんの実家について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

松山英樹の家族構成を確認!

松山英樹さんは愛媛県松山市出身で、両親とお姉さん・妹さんの5人家族のもと育ちました。

  • 父:松山幹男(まつやま みきお)67歳
  • 母:名前、年齢不詳
  • 姉:松山美湖(まつやま みこ)30歳
  • 妹:名前、年齢不詳

父については情報が多数あるのですが、他の家族についてはあまり情報が無いみたいですね。

松山英樹の両親はどんな人?父親はゴルフ場を経営!画像

父の松山幹男さんは、1954年4月20日生まれの67歳です。

愛媛県出身で、長崎県諫早農業高校を卒業後、地元にあるチェーンのパチンコ店に就職しました。

2006年になんと52歳で日本アマチュア選手権に出場しており、松山英樹さんがゴルフを始めるきっかけにもなった方です。

幹男さんがゴルフを始めたきっかけは、健康維持のためだったそうです。

ゴルフの成績もなかなかのもので、ドライバー飛距離の平均は270ヤード、ベストスコアは64になります。

最初は仲間内のコンペに参加する程度のゴルファーだったのですが、だんだんとハマっていき、やがてゴルフ場の会員になります。

研修会にも参加するようになり、クラブレベルから四国レベルへと腕を上げていくのです。

52歳で「日本アマチュア選手権」に出場するほどになったのですから、すごいことですよね。

現在はゴルフ場を経営していますが、それまではパチンコ店に務めていました。かなりギャップがありますよね。

パチンコ店の店長を務めていたという情報もありましたが、こちらは確証が得られませんでした。

松山英樹さんは、4歳のときに父・幹男さんについていってゴルフ場や研修会に参加しています。

そして、「ボールが打ちたい!」と自らお願いし、ゴルフの道へ進むことになるのです。

幹男さんは、中古の9番アイアンを短く切って、英樹さんに与えました。しかし、いくらシャフトを短くしても、4歳の子では振ればふらつき、姿勢が悪くなります。
それを矯正して、背筋が真っ直ぐになるように注意するのが、父・幹男さんによるレッスンの基本でした。
英樹さんはオモチャを与えても、すぐに友達にあげてしまうほど、執着心のない子供でした。

しかし、なぜかゴルフだけはまったく飽きず、原っぱで黙々とボールを打って遊んでいたといいます。

週刊現代より引用

実家は当初そこまで裕福ではなかったそうで、練習場へもなかなか行けなかったといいます。

しかし、幹男さんは松山英樹さんのために一大決心をし、自分自身のゴルフの腕をあげることで、松山英樹さんに世界を見せてあげようと考えます。

月例や研修会には必ず松山英樹さんも連れていくようになり、小学4年生のときは『中四国オープン』にキャディとして同席させます。

松山英樹さんは、毎日のように父・幹男さんとゴルフの練習に通っていたようですね

幹男さんは現在、愛媛県松山市太山町にあるゴルフ練習場「HIDEKI GOLF GARDEN 」を経営しています。

この施設にはバンカー練習場、パター練習場もあり、素人でも気軽に練習することができます。

幹男さんが代表取締役社長をつとめており、ホームページでも挨拶しています。

以前は「オーシャンゴルフ」という名前だったのですが、幹男さんに経営権が渡り、松山英樹さんの名前から文字って「HIDEKI GOLF GARDEN 」になりました。

幹男さんが『日本アマチュア選手権』に参加した時も、松山英樹さんは中学3年生でキャディを務めていました。

強い選手がどんなプレーをするのかを息子に、間近で見せたかった。
どんなタイミングでアドレスに入るのか。
それが乱れるのはどんなときなのか。
私が英樹に一番見せたかったのは、技術よりメンタルです。
それが試合の中でどう変わるかとか。
呼吸がどう変わるかとかルーティーンの変化です。
週刊現代より引用

このような父の思いが松山英樹さんに届き、世界で活躍するプロゴルファーになったのですね。

そして、松山英樹さんが中学2年生になると、ゴルフに集中させるため、高知県にある中高一貫の明徳義塾へ転校させます。

ゴルフに情熱をささげた父。その一方で、松山英樹さんの母については、ほとんど情報がありませんでした

しかし、松山英樹さんが全米ツアーに参加している際は、家族総出で応援に駆けつけているそうですよ。

松山英樹の兄弟を確認!姉もプロゴルファー?噂の真相を徹底調査!画像

松山英樹さんには、姉と妹が1人ずついます。

姉は松山美瑚(まつやま みこ)さんといい、松山英樹さんより1歳年上です。

姉もゴルファーで、現在は「愛媛県エリエールゴルフクラブ松山」のハウスキャディーをつとめています。

美湖さんは2013年におこなわれた「大王製紙エリエールレディース」にて、横峯さくら選手のキャディーも務めています。

松山英樹さんの妹については、まったくといっていいほど情報が公開されていませんでした。

姉、兄もゴルフをしていますので、妹さんもゴルフをしている可能性はありますね!

まとめ

今回は、松山英樹さんの家族について、紹介しました。

両親と姉、妹の5人家族のもと育ち、アマチュア選手でゴルフ場経営者の父の影響で、4歳からゴルフを始めていました。

姉は現在キャディーを務めていますが、妹については情報がありませんでした。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です