【画像】松山英樹の嫁・めいは芦屋出身!年齢は?馴れ初めも確認!

プロゴルファーの松山英樹さんといえば、アメリカで開催されたマスターズで優勝し、世界中を沸かせましたね。

日本男子初、そしてアジア人初のマスターズ制覇ということで、一躍時の人となりました。

そんな松山英樹さんですが、プライベートでは結婚しており、お子さんもいらっしゃいます。

今回は、松山英樹さんの結婚した嫁について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

【画像】松山英樹の嫁・めいは芦屋出身のお嬢様?噂の真相を徹底調査!

松山英樹さんは、2017年1月に一般人女性と結婚しています。そして、同年7月に第1子が誕生しています。

妻は一般女性であり、出産前後の母子のプライバシー、および安全を考慮いたしまして、このタイミングでのご報告となりました事をご理解いただければ幸いです」
ALBAより引用

お相手は一般時という事で詳細な情報は明かされていないのですが、名前は「芽偉(めい)」さんといいます。

さらに、ハワイに住んでいたことがある帰国子女で、英語がペラペラだそうですよ。

また、実家は兵庫県芦屋市という報道もあったので、かなりのお嬢様と予想されます。芦屋は高級住宅街ですから、少なくとも生活に多少余裕がある家庭で育ったのでしょう。

実は芽緯さんもゴルフ部に所属していたそうで、大学関係者からはお金持ちという噂もありました。

芽緯さんは8歳までハワイで生活をしていた帰国子女ですから、やはり裕福な家庭だったのでしょうね。

ハワイから高級住宅街の兵庫県芦屋に引っ越せるのですから、なかなかのお嬢様だと思います。

ただ、兵庫県出身でも実家が芦屋ではないという情報もありました。そのあたりは松山英樹さんから明かされていないので、不明確ですね。

ゴルフをやっている時点でごく普通の家庭というよりは、裕福な家庭だと思います。

芽緯さんがゴルフに興味を示したのは、幼少期にハワイでタイガーウッズのプレーをみたことがきっかけでした

タイガーウッズの華麗なドライバーショットを見て、興奮を覚えて、自分でもゴルフをやろうと思ったそうです。

松山英樹の嫁の年齢は?顔は榮倉奈々似との噂も!画像

松山英樹と結婚した嫁・芽偉(めい)さんの顔画像が気になりますが、残念ながら公開されていませんでした

松山英樹さんは徹底的にプライバシーに配慮しているようで、奥さんのことを大切に思っているのですね。

一部情報によると、女優の榮倉奈々さんにそっくりだそうです。小顔でとっても可愛い方なのでしょうね。

榮倉奈々さんはかなりの高身長ですが、芽偉さんは身長160cほどで、黒髪のショートカットだそうですよ。

松山は当時から彼女にぞっこんで、とにかく一途。プロになってからも彼女に対する思いは変わることなく、ついにゴールインしたのは本当に喜ばしいことだと思います。
夕刊フジより引用

松山英樹さんは、芽偉さんの性格がとにかく好きだそうで、言いたいことをハッキリという芯の強い女性なんだとか。

芽偉さんもゴルフをしていて、名門・東北福祉大ゴルフ部に入部できたということは、かなりの腕前なんでしょうね。

そんな2人の間には、お子さんが1人いらっしゃいます。長女の叶夏(かんな)ちゃんは、2021年現在4歳になる年ですね。

2018年4月におこなわれたマスターズの際は、芽偉さんが娘の叶夏ちゃんを抱きかかえ、松山英樹さんについて回っていたそうです。

お子さんも顔画像は公開されていませんが、芽偉さんが榮倉奈々さん似ということなので、娘さんもさぞ可愛いでしょうね。

また、両親ともにゴルフをしていますから、娘さんも美人プロゴルファーとして活躍するかもしれませんね。

ゴルフは幼少期から始めて若くして成功する人も多いですから、ぜひ世界で活躍するプロゴルファーになってほしいです!

松山英樹と嫁・めいの馴れ初めを確認!

松山英樹さんと芽偉さんは、大学時代のゴルフ部で先輩・後輩の関係でした。

芽偉さんが松山英樹さんの1年後輩で、松山秀樹さんが大学3年生、芽偉さんが大学2年生の時から交際がスタートしました。

東北福祉大ゴルフ部のチームメイトとだったわけですね。しかし、一部情報では明徳義塾高校ゴルフ部の後輩で、高校生の時から交際していたといいます。

どちらが本当なのかというと、高校生のときから知り合いだったというのが真実のようです。

松山英樹さんと芽偉さんは、明徳義塾高校、東北福祉大学とずっと一緒だったのですね。

結婚するまで10年ほど交際しており、松山英樹さんは芽偉さん一筋でずっとぞっこんだったそうです。

最初の出会いは明徳義塾高校のゴルフ部で、ゴルフ部が強豪である東北福祉大学に進学し、ずっと一緒にいたのですね。

結婚のタイミングは芽偉さんの妊娠が分かってからでしたが、もうずっと結婚を意識していたのでしょうね。

結婚発表は2017年1月のことで、当時芽偉さんが妊娠3、4か月ごろだったようです。

マスコミの報道で芽偉さんの体調に支障が出ないよう、少し報告を遅らせたみたいですね。

2017年1月に結婚し、半年後に長女を出産していますから、いわゆるできちゃった婚ではあります。

しかし、松山英樹さんはずっと結婚を考えており、大学時代のゴルフ部の監督にも報告していました。

「英樹が『結婚するつもりだ』と言ってきたのは、昨年8月の全米プロを4位で終えて一時帰国した頃。
もともと、米ツアーへのフル参戦を決めた2014年に『彼女をアメリカに連れていきたい』と言ってきたが、その時は『今は他にやるべきことがある。結果を出してからにしたらどうだ』と反対した。昨年は4位と結果を残したのだから、大賛成しました。」
NEWSポストセブンより引用

松山英樹さんは2014年に、芽偉さんをアメリカに連れていきたいと考えていました。

監督に結婚の報告をしたのは2016年ですが、その前からずっと結婚の意思を固めていたのですね。

まとめ

今回は、松山英樹さんの結婚した嫁について、紹介しました。

嫁の芽偉さんは、ハワイから兵庫県に移り住んだ帰国子女で、英語がペラペラのお嬢様のようですね。

高校時代から交際しており、きっかけは嫁の妊娠だったものの、ずっと結婚を意識していたようです。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です