【動画】松山英樹は英語喋れない?話せる?英語力の評判や勉強方法も確認

日本人男子ゴルファー史上初のメジャー優勝を果たした松山英樹さん。

マスターズでは優勝スピーチも披露していましたが、通訳を付けて日本語で話していましたよね。

アメリカ生活も長いはずですが、実は英語が話せないのでは?と話題になっていますね。

今回は、松山英樹さんの英語力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

【動画】松山英樹は英語喋れない?世間の声や評判も調査!

プロゴルファーは世界で活躍することも多く、石川遼選手や宮里藍選手も英語でインタビューに答えていましたよね。

アメリカツアーに参戦した石川遼選手は、英語教材で勉強していましたし、女子世界ランキング1位だった宮里藍選手も、通訳者なしで英語を話していました。

2人よりアメリカ生活が長い松山英樹さんですが、その英語力はどうなのでしょうか?

松山英樹さんは2013年にプロに転向し、デビューした年にいきなり4勝をあげ、日本ツアーで史上初のルーキー賞金王となりました。

その後はアメリカツアーを主な戦場にしており、アメリカに渡ってから8年はたっていることになりますね。

そのため、日常生活を送る上で英語がまったく話せない、というのは考えにくいですね。

アメリカツアーで戦っていますので、英語は必須です。ラウンド中や練習場は、海外の選手と会話することもありますし、SNSでも海外の選手と冗談を言い合っています。

したがって英語をまったく話せないわけではありませんが、ツアー仲間によると、英語が得意ではなく、口数も少ないとか。

松山英樹さんは、リスニングはできますが、スピーキングが苦手という事のようです。

松山英樹さんの専属キャディーだった進藤大典さんも、リスニングは問題ないと話していました。

もともとおしゃべりな性格ではないのも、英語が苦手な理由のひとつのようです。

石川遼さんのように英語が流暢な選手もいますが、日本人のプロゴルファーは英語が苦手な選手が多いようです。

松山英樹さんはシャイで無口ですし、自ら積極的に英語を話さないので、余計に上達しないのかもしれません。

その一方で、松山英樹さんと欧米選手がチャットで英会話していたこともあります。

ジェイソン・デイ選手、松山英樹さん、タイガー・ウッズ選手、ロリー・マキロイ選手がグループチャットをしているところです。

松山選手が「10月に日本でロリーをbeat(倒せる)と思うとワクワクするよ」「あっ、ごめん!日本でmeet(会える)の間違いだ」と英語でのジョークを交えています。
また松山選手は、左ひざの手術を受けてから試合出場がないウッズ選手に、『杖をついた高齢の男性がソファから立ち上がろうとする』ジョーク動画も送っています。
twitterより引用

このように、冗談を交えながら英語でトークをしたり、メッセージを送りあうのは問題無いようですね。

松山英樹は英語が話せる?英語力や発音も確認!動画

松山英樹さんは英語が得意ではありませんが、日常的なコミュニケーションは問題ないようですね。

しかし、マスターズ優勝のスピーチや、普段のインタビューは通訳がついています。

その理由としては、英語に自信がないため、ちょっとしたニュアンスが誤って伝わってしまったり、誤解があるのが不安なためだそうです。

優勝スピーチやインタビューといった、世界に発信する大事な舞台では必ず通訳の方がいます。

日常会話であれば多少間違っても問題ないと思いますが、報道陣が注目するマイクの前では、完璧なスピーチが必要です。

松山英樹さんはメモを見ることもなく、自分の言葉で日本語で伝えていますね。英語は最後の「Thank YOU!」のみでした。

日本語で優勝スピーチをしたことに賛否両論あるようですが、プロのアスリートとして自分の言葉で話すというのも重要ですよね。

英語に自信がない松山英樹さんを支えているのが、通訳のボブ・ターナー氏と、妻の芽緯さんです。

ボブ・ターナー氏はただ通訳するだけではなく、ニュアンスまでしっかり伝わるような英語をチョイスしています。

また、松山英樹さんのアメリカ生活を支えるために、マネージャーとしてもサポートしています。

松山英樹さんも絶大な信頼を寄せており、無くてはならない存在のようですね。

妻の芽緯さんはハワイに長らく住んでいた帰国子女で、英語がペラペラです。

私生活では妻のサポートが不可欠で、言葉の面で助けてもらえればゴルフに集中できますよね。

ボブ・ターナー氏と妻の芽緯さんがいることにより、松山英樹さんがそこまで英語を必要としない生活が送れているのかもしれません。

前述した石川遼さんは、スピードラーニングのCMでもおなじみですし、英語がペラペラのイメージが強いですよね。

石川遼さんと比較すると、無口でTHE 日本男児といったイメージのある松山英樹さん。

昔は今以上に英語が苦手で、英語の自己紹介文にフリガナをふって棒読みしていたため、マスコミからも失笑を買っていました。

しかし、2016年ころから松山英樹さんに変化が表れ、ラウンド中もよく笑い、積極的にコミュニケーションをとるようになったのです。

昔は自ら壁をつくっていましたが、一緒に回る選手たちに自ら英語で話しかけることも増えました

外国人選手とも、コース戦略やゴルフクラブについて、情報交換をしてアドバイスをし合っています。

英語ができると、ゴルフの上達にもつながるのですね。

アメリカでトップ選手として活躍するためには、英語が必要不可欠だと思ったのかもしれません。

松山英樹さんの英語力があがったのは、ゴルフで強くなっていくためということですね。

松山英樹の英語勉強法も確認!エピソードも

ゴルフの練習で大忙しの松山英樹さんですから、英語の勉強になかなか時間を割くことはできないですよね。

どんな勉強方法で、英語力をあげたのでしょうか?

普段は通訳のボブ・ターナー氏に単語を聞いたり、スポーツニュースを英語で読むなどしていたそうです。

また、先輩ゴルファーでフロリダに住む宮里藍さんに、アドバイスをもらっていました。

『正確さは気にせず、どんどんしゃべりかけること』
『英語圏の友人を作って、話す機会を増やす。家の中では英語のアニメを流しつづける。米で使う携帯を買って、ツアーで仲よくなった選手とメル友になること』
週刊現代より引用

レストランでは、他の人の分まで英語でオーダーしたり、できることから始めていきます。

また、松山英樹さんはトランプ元米大統領が来日した際に、ゴルフ外交をしたのですが、大統領から直々に指名されたそうですよ。

世界中が注目する日米首脳外交という大舞台ですから、英語を勉強しておいてよかったですね。

まとめ

今回は、松山英樹さんの英語力について、紹介しました。

松山英樹さんはもともと日常のコミュニケーションに問題はなく、英語のリスニングは可能でした。

英語があまり得意ではかった松山英樹さんですが、通訳のボブ・ターナー氏や帰国子女の妻・芽緯さんに支えられ、これまでやってこれたのですね。

現在はかなり英語が上達したので、今後通訳なしで英語のスピーチをする日も近いかもしれません。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です