【画像】川井梨紗子はゴリラみたい?筋肉がヤバい!トレーニング方法は?

メダルラッシュに沸いた東京オリンピックも閉幕しましたね。

レスリング女子で、史上初の姉妹金メダルを獲得した川井梨紗子さん。日本中が感動しましたね。

そんな川井梨紗子さんですがゴリラ顔だという声が挙がっているようなんです。

今回は、川井梨紗子さんがゴリラ顔という噂について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

川井梨紗子はゴリラみたい?世間の声や画像を確認

川井梨紗子選手は1994年11月21日生まれの26歳、女子レスリングの選手として活躍しています。

父親はグレコローマンレスリングの元学生チャンピオンで、母親は1989年の世界選手権に出場経験があるというサラブレットです。

レスリング一家に誕生した川井梨紗子さんですが、実はゴリラ顔という声があがっているようなんです。

基本的に川井梨紗子さんはメイクもほとんどしておらず、レスリングは接触の多い競技のため顔が腫れやすいですね。

そのため、角度によってはゴリラのように見えてしむのだと思います。

ネット上でも、川井梨紗子選手はゴリラ顔と言われているようですね。

一般的にゴリラ顔というと、目の間隔が近くて鼻の穴が大きく、下唇がぽってりしていて顎がしゃくれている顔をさします。

川井梨紗子さんはあまり掘りが深くありませんが、鼻の穴の大きさや、下唇のぽってり具合など、ゴリラに似ているところはありますね。

ただゴリラ顔だからといって決してブサイクというわけではなく、元AKBの前田敦子さんもゴリラ顔と言われています。

川井梨紗子選手もゴリラ顔だから、かわいくないというわけではないと思います。

https://twitter.com/sfhwmkyyaioa/status/795964429418446852?s=20

実際に、川井梨紗子選手のゴリラ顔がかわいい!という意見もありました。笑顔がとっても可愛いですよね。

川井梨紗子の筋肉が凄い!画像

川井梨紗子さんはレスリング選手として、日々体を鍛えています。

競技中の画像をみても、かなり鍛え上げていることがわかりますね。

全体的に体が引き締まっていて、無駄な贅肉がなく、鍛えられています。

ほかのレスリングの他の選手と比べても、筋肉隆々であることがわかりますね。

特に太ももはがっしりとしていて太く、足腰の強さが必要なレスリングにおいて、大事な部分ですね。

いったいどのようなトレーニングをしているのかが気になりますが、川井梨紗子さんはベンチプレス50kgを軽々あげられるそうです。

これはうつぶせで50kgのベンチプレスを持ち上げているのですが、一般的に20kgでもキツイとされています。

しかも調子が悪いときで50kgだったということで、普段はもっと思いウェイトも持ち上げられるということですね。

それほど川井梨紗子さんの筋肉がすごい、ということがわかります。

普段は強靭な肉体をほこる川井梨紗子選手ですが、インスタグラムでは愛犬とたわむれる写真や、おしゃれな髪型などをアップしてギャップをみせています。

筋肉がすごいけど、普段はとってもかわいいというギャップが、魅力の一つですね!

川井梨紗子のトレーニング方法や食事を調査!

川井梨紗子さん・友香子さんのダブル金メダル獲得は、数年がかりでおこなった肉体改造がキーになっています。

姉妹は2018年から国立スポーツ科学センターに通い、本格的なトレーニングに着手しました。

札は愛知県にある至学館大を練習拠点とし、東京都内にも姉妹で住む場所を借りて、トレーニングに通いました。

姉妹を担当しているのは、沼田幹雄トレーナー。かつてラグビートップリーグの強豪・サントリーの選手を指導した実績があります。

「梨紗子選手は瞬発力が非常に高い。あとは6分間戦えるスタミナの強化。友香子選手は骨格的に一回り大きいが、筋力が付いていないところがあった。五輪までにいかに埋めるかだった」
Yahooニュースより引用

その効果はいちじるしく、友香子さんは体重が3~4キロ増えて、海外勢に負けしないパワーをもった体つきになりました。

川井梨紗子さんは、沼田トレーナーをも驚かせるほどのストイックなトレーニングをこなします。

ウエイトでもバイクのトレーニングでも、できないことに果敢にトライして、すぐにできるようになってしまう。川井梨紗子さんはとにかく負けず嫌いで、それが原動力になっているといいます。

女子レスリングの世界においては、マット外でのトレーニングが根付いていないそうで、川井梨紗子さんらの取り組みが、日本チームの底上げにもつながっていくのでしょうね。

梨紗子:ウエイトトレーニングのみです。練習量は徐々に戻ってきてはいるのですが、自粛前を100としたら、まだその半分もないぐらい。練習時間も朝と午後の2回で、計4時間くらいです。その間、人生初のぎっくり腰を経験したのですが、体力が大きく落ちているという感じはしませんね。
友香子:半分以下という感覚は私も同じです。ウエイトのメニューも時間も梨紗子とほぼ一緒。ただ、走ったりはしていたので、体力は維持できていると思います。
Yahooニュースより引用

東京のナショナルトレーニングセンターでは、専門家とアプリを通じて情報を共有し、テレビ電話でトレーニングの様子を見てもらっているそうです。

また、食事はこれまで、大学の寮母さんが作っていたのですが、コロナの影響でできなくなり、自分で作ることにしたそうです。

母に聞いたり、ネットで調べたりして、んどん料理の腕が上達していったそうです。

また、合宿のときは栄養指導も受けて、高校、大学もスポーツコースで、座学も受けました。

日頃から料理には細心の注意をはらっているそうですが、レスリングは体重別で計量があるから本当に油断ならないですよね。

川井梨紗子さんは試合前に食事を制限し、ささ身やブロッコリーなどタンパク質をメインに摂取しています。

反対に、妹の友香子選手は階級を上げたため、増量が課題となっていました。

ただ多くするのではなくて、栄養バランスを心掛け、食べきれないときは弁当箱に入れて自室で食べるなど苦労していたようです。

まとめ

今回は、川井梨紗子さんがゴリラ顔という噂について、紹介しました。

ネット上の声を見てみると、たしかにゴリラに似ているとの意見もありましたが、可愛いという意見も見えました!

以前よりウェイトトレーニングに重点をおき、いまでは鋼のような肉体を手に入れていました。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です