【画像】石川佳純の中学・高校時代の卒アルは?学生時代の部活エピソードを調査!

卓球女子日本代表として、ロンドン・リオオリンピックと活躍してきた石川佳純選手。

2021年の東京オリンピックでもメダル獲得が期待されており、日本中が注目していますよね。

そんな石川佳純さんですが、中学・高校時代の卒アル写真は公開されているのでしょうか?

今回は、石川佳純さんの卒アルについて、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

石川佳純の中学時代の卒アル画像を探してみた!

石川佳純選手の中学時代の卒アル画像を調査しましたが、残念ながら公開されていませんでした。

山口県山口市出身の石川佳純さんは、山口市立平川小学校⇒四天王寺羽曳丘中学校に進学しています。

地元の小学校に通っていた石川佳純さんは、小学1年生の時から卓球を始め、「山口ジュニアクラブ」で卓球の腕を磨きました。

このクラブは石川佳純選手の母・久美さんが指導者をつとめており、公私ともに石川佳純さんをサポートしてきました。

母も国体に出場したほどの卓球選手で、幼少期の石川佳純選手の才能を感じ、自宅に卓球場を造ります。

小学校6年生にして、初めての出場となった全日本卓球選手権で、シニアの部に出場します。そして、大学生を破って3回戦まで進出しました。

マスコミにも取り上げられることになり、「愛ちゃん二世」と騒がれます。

中学からはよりよい卓球の環境を求めて、大阪府にある四天王寺羽曳丘中学校に進学します。

福原愛さんが所属していたミキハウスJSC卓球部に入り、チームメイトと寮生活をスタートしました

この卓球部は名門中の名門ですから、このときから卓球でトップを目指していたのでしょうね。

四天王寺羽曳丘中学校は現在閉校していますが、卓球選手の藤井優子さんや、女子ラグビー選手の斎藤聖奈さんの母校でもあります。

四天王寺羽曳丘中学校が卓球をはじめスポーツに力を入れていたので、この学校を選んだのかもしれませんね。

中学時代の石川佳純選手は、最年少の中学2年生で全日本卓球選手権大会ベスト4入りを果たし、ダブルスでも全日本代表の選手となっています。

すでに全国区の選手だったのですね!

石川佳純の高校時代の卒アルを確認!エピソードも調査

石川佳純さんは中学卒業後、四天王寺高等学校に進学します。

高校の卒アル画像も気になりますが、残念ながら公開されていませんでした。

この高校は私立の女子校で、中高一貫教育なのですが、石川佳純選手は高校から通っているようですね。

四天王寺高等学校は羽曳丘中学校以上にスポーツ選手の出身者が沢山いらっしゃいます!
松村勝美さんら1964年東京オリンピックの女子バレーボールで金メダルを獲得した、通称「東洋の魔女」のメンバーが4人もこの高校に通われていたそう。
卓球選手も多数輩出、北京オリンピックの代表になった福岡春菜選手もこちらの高校出身。
また、スポーツ選手以外でも、女優の高畑充希さんもこちらの高校出身です。
芸能人学歴.comより引用

石川佳純さんは2008~2009年のシーズンで、国内4大会を総なめにし、すでに日本国内の同世代で敵なしの状況でした。

それ以降も、全日本選手権ジュニア女子シングルスで史上初4連覇、全国高校総体女子シングルスで初3連覇、
全日本選手権女子シングルス初制覇と、数々の大会を制覇しています。

全日本は、高校生で女子シングルス優勝は、22大会ぶり4人目の快挙となりました。

高校2年生からすでに海外のシニア大会に出場しており、世界選手権では高校生ながらシングルスにてベスト8入りを果たしています。

世界卓球選手権団体戦でも、チームの3位に貢献し、日本を代表する卓球選手になりました。

ちなみに、幾度となく優勝に輝いている石川佳純選手ですが、2012年1月におこなわれた全日本選手権では、福原愛さんに負けています。

小さいころから「愛ちゃん二世」といわれ、「愛ちゃんみたいに強くなる」と誓った石川佳純さん。この時は相当悔しかったみたいですね。

石川佳純さんは高校生のころから、だんだん英語と中国語の実力を身に着けています

今ではかなり流暢に中国語を話すことができ、なんと中国人選手に通訳までしてしまいます。

日本の記者が質問した内容を訳し、中国人監督に伝えた姿が話題となり、称賛の声があがっていました。

他にも、中国人選手に英語を中国語に訳して伝えたり、通訳としての才能も発揮しているんですね。

話せるだけでもすごいことですが、通訳して的確に相手に伝えるのはすごいですよね。

現役を引退しても、スポーツキャスターとして活躍することもありえますね。

ちなみに、石川佳純選手は最初、福原愛さんから中国語を習ったという噂もあります。

高校生ですでに国内4大会すべてを制覇し、世界選手権でもメダル獲得に貢献したていた石川佳純選手は、卓球に専念するために大学には進学されていません。

語学も堪能で進学校を卒業できるほど成績優秀な石川佳純さんですから、有名大学に進学できたことでしょうね。

石川佳純の学生時代の部活や経歴を確認!

石川佳純さんは、中学高校と卓球に明け暮れていましたが、部活動には入らすにクラブチームに所属していたようです。

2007年の全日本卓球選手権大会では、中学生ながら高校生を破り、ベスト8進出を果たしています。

当時の記録で史上2位という若さでした。

2008年~2010年におこなわれた全日本卓球選手権大会では、ジュニア部門で優勝を果たし、4連覇を達成しました。

その後も数々の大会で、シングルスの優勝や、混合ダブルス準優勝という輝かしい成績をおさめています。

しかし、決してすべてが順調だったというわけではなく、2016年のリオオリンピックでは、シングルスで3回戦敗退となってしまいます。

女子の団体では銅メダルを獲得できたものの、石川佳純さんにとって悔しい結果となりました。

ただ、卓球を始めてから現在まで、大きなけがを負うことはなかったので、それはかなり大きなことでしょう。

持ち前の負けん気の強さと精神力の強さ、そして緊張しない性格もあって、良い結果を残しているのですね。

中学生時代からずっと活躍し続けている石川佳純さん。最近の戦歴は、以下の通りです。

2019年のアジア選手権では団体準優勝、女子ダブルス銅メダル。
2020年の全日本選手権では女子シングルス準優勝。
2021年の全日本選手権では女子シングルス優勝。
Wikipediaより引用

女子卓球界で“エリート街道”とも言われている鈴木李茄選手も、石川佳純さんと出会ったことで卓球観が変わったと話していました。

鈴木李茄さんはエリートアカデミー⇒青森山田高校に進み、インターハイでは優勝経験もあります。

大学では個人、団体で日本一を獲得し、現在はTリーグと実業団という二足のわらじでプレーしています。

鈴木李茄さんは日本リーグで石川佳純さんと同じチームとなり、一緒に練習するうちに考えが変わっていったそうです。

石川佳純さんは、他所属から、レンタルのゴールド選手で昭和電工マテリアルズでもプレーしており、その出会いが鈴木李茄さんを変化させたといいます。

「自分より年上で強いのに練習の質も練習時間も常に上を目指して頑張ってる姿勢も全然比べ物にならない」と舌を巻く。
「社会人1、2年目は試合で一緒に行動させてもらって、私の試合を見てアドバイスも貰えた。トップ選手がアドバイスしてくれることはなかなかない。昔は回転で点数を取っていても、今は回転がそんなにかからなくなってきた、などそういう話をする中で卓球をちゃんと考えないとなと思いました」。
suportsTverより引用

自分のみならず、他者へも影響を与えている石川佳純さん。東京オリンピックでの活躍も期待されますね

まとめ

今回は、石川佳純さんの卒アル画像について、紹介しました。

中・高ともに、卒アル画像は公開されていませんでした。当時の写真をみると、まだあか抜けずに素朴な雰囲気をしていますね。

学生時代は部活動に所属せず、クラブに入って世界を舞台に活躍していたようですね。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です