五十嵐カノアの年収が凄い!スポンサー契約料が巨額?自宅と愛車の画像を探してみた!

五十嵐カノアさんといえば、アメリカで生まれ育ち、日本人プロサーファーとして海外で活躍していますね。

プロサーファーとしての活躍のみならず、ハワイの七代目観光大使を務めたりと、その活躍は多岐にわたります。

そんな五十嵐カノアさんの年収が、とんでもないことになっていると話題なのです。

今回は、五十嵐カノアさんの年収について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

五十嵐カノアの年収が話題!スポンサー契約料がすごいって本当?

五十嵐カノアさんは、1997年10月1日生まれで、2021年現在でまだ23歳という若さです。

カリフォルニア州のサンタモニカで生まれ、ずっとアメリカで生活しています。

6歳でサーフィンの聖地であるハンティントンビーチへ移住し、そこから本格的にサーフィンを始めました。

学校に行く前に父とサーフィンをしていたそうで、かなりハードな練習をこなしていました。

そして、6歳で「Kids For Clean Waves」で優勝に輝き、9歳のときに史上最年少でUSAチームに所属します。

このときに、世界的サーフィンブランド「オニール(O’NEILL)」など、多数のスポンサーがつくようになります。

その後は数々の大会で優勝を獲得し、2019年には世界最高峰の「チャンピオンシップツアー(CT)」で優勝を果たしました。

そんな五十嵐カノアさんの年収については、2018年で$1,857,950(約2億円)となっています!

サーファーのランキングで7位ということで、まだまだ上には上がいるんですね。

五十嵐カノアさんのスポンサーは、以下のとおりです。

  • Quiksilver
  • Red Bull
  • Oakley
  • Audi
  • Sharp Eye
  • Visaカード
  • Dior
  • 木下グループ
  • 資生堂
  • Ocean & Earth
  • Sharpeye Surfboards
  • G-Shock
  • Beats by Dre

どれも世界的に有名な一流企業ばかりですね!2019年には、GQ MEN OF THE YEARを獲得していました。

2018年時点でこれだけの年収を稼いでいますから、2019年では2百万ドル(約2億2000万円)に達しているのでは?と言われています。

サーフィン/スノーボードブランドとして世界的に有名な「Quiksilver」や、サングラスの「Oakley」など、多くが有名な企業ばかりですね。

中でもQuicksilverは、五十嵐カノアさんがまだ12歳の頃から、長年スポンサー契約を結んでいます。

Quiksilverはカリフォルニアのハンティントンビーチが本社になっていますが、まだ12歳の子供とスポンサー契約を結ぶなんて、さすがアメリカといったところですね。

そして、車は「Audi」と契約していますから、愛車も提供されていることでしょう。

サーフィン日本代表として、東京オリンピック出場が決まってからは、さらに「資生堂」などとも契約しています。

年収の大半がスポンサーからの広告収入によるものですが、残りの獲得賞金は、レースによってバラバラです。

優勝すれば、数百万円~5000万円以上を手にすることができます。

世界プロサーフィン連盟(WSL)が開催している選手権ツアーや、予選シリーズ(QS)で稼いでいます。

五十嵐カノアさんの賞金総額25万8千ドル(約2千8百万円)という数字は、テニスやゴルフと比べると少なく感じますね。

しかし、今後サーフィンは競技として発展していくでしょうし、どんどん賞金がアップしていくことでしょう。

東京オリンピックで初めてサーフィンが正式種目となっていますので、五十嵐カノアさんがメダルを獲得すれば、さらにスポンサーがつくのではないでしょうか。

なんと、あの大手衣料品メーカーのユニクロが契約するかも、と言われているので、本当に実現したら何十億という契約金になりそうです。

まだ20代前半ですので、今後、さらに五十嵐カノアさんの年収が伸びることでしょう。

【画像】五十嵐カノアの自宅を確認!

五十嵐カノアさんはアメリカのカリフォルニアに自宅を1軒、ポルトガルに別荘を2軒、計3軒の家を持っています。

カリフォルニアの自宅は大きなガレージをかまえ、愛車や多数のサーフボードが格納されています。

この自宅は両親のために購入したそうで、五十嵐カノアさんは、ほとんどポルトガルの別荘で過ごしているそうです。

ポルトガルはサーフィンのメッカで、最高の波があるといわれています。

五十嵐カノアさんの父は、東京都出身の勉さん。元プロサーファーで、五十嵐カノアさんのコーチでもあります。

母は東京都出身の美佐子さん。母も元プロサーファーで、現在は五十嵐カノアさんのツアーに同行することもあるそうです。

弟の五十嵐キヌアさんも、サーフィンのジュニア選手として活躍しています。

両親のために買った豪邸ですが、なんとまだ五十嵐カノアさんが17歳のときに購入したそうです。

アメリカで家を買うのは「夢のまた夢」と思っていたそうですが、10代のときに夢をかなえるなんてすごいですね。若いのにとても親孝行です。

毎年、日本には帰国して、可愛がってくれた祖父母のお墓参りに訪れるといいます。

カリフォルニアにある自宅は、閑静な住宅街にあります。

大きなガレージには、五十嵐カノアさんが3歳のときに初めて着たウェットスーツが閉まっており、いつも思い出にふけっているそうです。

五十嵐カノアの愛車はアウディ?画像で確認!

五十嵐カノアさんの愛車は、アウディの電気自動車のSUVモデル「Audi e-tron」です。

グレードやオプションで価格は大きく変わりますが、最低でも¥9,000,000以上!かなりの高級車ですね。

五十嵐カノアさんはAudiもスポンサーについてますから、今後買い替えるときもAudiから支給されるのではないでしょうか。

Audiの初めてのEV、Audi e-tronが実現したのは、スタートした時点から途切れのないリニアな加速性能。そして上質な走行性能と静粛性がもたらすドライビングコンフォート。フロントとリヤに1基ずつ、計2基搭載された電気モーターが、Audi e-tronを驚くほどパワフルに、そして静かにしなやかに加速させます。
SarfNewsより引用

これからは、ガソリン⇒電気自動車へ移り変わっていくことと思いますが、五十嵐カノアさんは時代に先駆けて電気自動車を取り入れているのですね。

以前に乗っていたのは、高級電気自動車テスラでした。カリフォルニアのシリコンバレーで人気の車種だそうです。

五十嵐カノアさんが最初に乗ったのも、Audi。Audi Q7という車種で、地元にあるハンティントンビーチのAudiディーラーからサポートされたそうですよ。

まとめ

今回は、五十嵐カノアさんの年収について、紹介しました。

多数の大手企業がスポンサーにつき、獲得賞金も合わせると2億円以上の年収を稼いでいることが分かりました。

自宅は別荘も含め3軒所有し、愛車はアウディというセレブっぷり。さすが世界的なプロサーファーですね。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です