五十嵐カノアの国籍はアメリカでハーフ?家族構成や兄弟が話題!両親はどんな人?

世界のトップサーファーとして活躍している五十嵐カノアさん。

サーフィンが東京オリンピックから正式種目に追加となり、最初の金メダリストとなることが期待されています。

そんな五十嵐カノアさんですが、国籍や家族構成が気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、五十嵐カノアさんの国籍や家族構成について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

五十嵐カノアの国籍はアメリカ?ハーフとの噂を確認!

五十嵐カノアさんはアメリカで誕生し、幼いころからずっとアメリカで育ってきました。

そんな生い立ちや、「カノア」という名前から、よくハーフに思われるそうですが、純粋な日本人なんです。

「カノア」というのは、ハワイ語で「自由」を意味しています。両親は、五十嵐カノアさんに自由に育ってほしいと願い、名付けたのでしょう。

五十嵐カノア選手の両親は、どちらもプロサーファーで、日本で活躍していました。

父親は、いずれサーフィンがスポーツ競技になると信じ、生まれてくる我が子にもサーフィンをさせたいと考え、1995年にアメリカのカリフォルア州へ移住しました。

アメリカでは永住権を取得しており、1997年には五十嵐カノアさんが産まれています。

五十嵐カノアさんは3歳からサーフィンを始めたそうで、いまや世界のトップサーファーとなっています。

カリフォルニア州サンタモニカで産まれた五十嵐カノアさん。家族構成は両親と弟の4人になります

世界をまたにかけるプロサーファーという事で、英語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語と日本語の5か国語を話すことができます。

日本語は4番目に得意だそうで、もう少し頑張りたいと話していました。

実家で家族と話す際は、主に日本語を話していると言います。

ボルトガルは4年ほど前に住んでいたことがあって、その際にスペイン語とポルトガル語を話せるようになりました。

五十嵐カノアさんはアメリカで生まれたので、日米の二重国籍を持っています。

東京オリンピックへ日本代表として出場するためには、日本の国籍を選ぶ必要があります。

2018年には、日本代表派遣選手に認定され、大会史上初となるメダル獲得に貢献しています。

2019年には東京オリンピックの出場権獲得が発表され、日本代表として戦う準備が整っています。

ワールドツアーのときはアメリカを選んだ五十嵐カノアさんですが、今回日本を選んだのはどのような心境の変化があったのでしょうか?

いくつか理由があって、まず僕はカリフォルニアに大勢の友達やサポーターがいて、僕自身もアメリカ人として誇りを持ってる。
その一方、家族や親戚からは、僕がサーフィンを始めた頃から日本代表としての活動を望まれ続けてたんだ。
僕は100%日本人で常日頃からその意識もあるだけに、国籍について正式な決断を下すことは、ある意味避けようとしてた。だって、僕はサーフィンしたいだけなんだから。
スポーツ報知より引用

しかし、だんだん祖父母が高齢になっていき、オリンピックを見るのが今回で最後になる可能性もあり、ラストチャンスだと思ったそうです。

五十嵐カノアさんがワールドツアーで初のアジア人サーファーとなったことで、サーフィン界に大きな意味をもたらしたようですね。

五十嵐カノアの両親はどんな人?家族構成が話題に!

五十嵐カノアさんは、両親と弟の4人家族のもと育ちました。

現在の住まいはアメリカのカリフォルニアにあるハンティントンビーチで、家族みんなで暮らしています。

五十嵐カノアさんの父は、五十嵐勉(いがらし つとむ)さん。1964年生まれの57歳です。

勉さんは、高校卒業後にトレーナーとして就職しますが、プロサーファーも続けていました。

その後、五十嵐カノアさんの母と結婚し、1995年、26歳のときにアメリカ移住を決めます。

現在は経営者となって、アメリカにあるスポーツトレーナーの会社を任されているそうです。

また、フォトグラファーやポップアーティストとしても活動し、サーフィンをもっと幅広く知ってもらう活動をしています。

勉さんは、サーフィンが世界的なスポーツ競技になることを見越して、アメリカ移住を決意しています。

その予想通り、サーフィンは世界的なスポーツとなっており、オリンピックの正式種目にもなりました。

さらに、息子の五十嵐カノアさんが金メダリスト候補となっていますから、勉さんの先を読む力はすごいですよね。

五十嵐カノアさんの母は、美佐子(みさこ)さん。年齢は非公表ですが、勉さんより若いように見えますね。

美佐子さんも、もともとプロサーファーとして活躍していました。

現在は引退していますが、五十嵐カノアさんの世界ツアーに同行し、サポートしています。

インタビューでは、いまだにアジア人がアメリカ人から差別的な目で見られていることを嘆いていました。

しかし、五十嵐カノアさんがサーファーとして有名になり、結果を残すことで家族を守ってくれていると話しています。

五十嵐カノアさんは、常にインタビューで家族を大切に思っていることを話しており、固い絆で結ばれた家族ということが分かりますね。

五十嵐カノアの兄弟を確認!エピソードも!

五十嵐カノアさんには弟が一人おり、五十嵐キアヌさんといいます。

兄弟はとてもよく似ていて、2人ともかなりのイケメンです。

キアヌさんの年齢は不明ですが、幼少期の写真を見ると、かなり年齢が離れているように見えます。

キアヌさんも、五十嵐カノアさんと同様、サーファーとして活躍しています。一家全員サーファーというのは、驚きですね。

キヌアさんは、2018年に開催された「SOUTHWEST CONFERENCE」にて、ジュニアクラスで2連勝しています。

2019年には、日本を訪れ、兄弟でセッションもしていました。

五十嵐カノアの実弟であり、NSSA全米チャンピオンという輝かしい戦績を残し、すでに未来の五十嵐カノアとして世界の注目を浴びている五十嵐キアヌが、5月末に密かに千葉を訪れた。
H.L.N.Aより引用

近い将来、五十嵐カノアさんのように金メダリスト候補になるのでは?と期待されています。

五十嵐カノアさんは、弟であるキアヌさんのことを、大変可愛いがっているそうです。

サーフィンのアドバイスもしているそうで、キアヌさんも熱心に五十嵐カノアさんの話を聞いてるといいます。

まとめ

今回は、五十嵐カノアさんの国籍や家族構成について、紹介しました。

アメリカで生まれ育った五十嵐カノアさんは、日米二重国籍を持っていたようです。東京オリンピック日本代表になるべく、日本の国籍を選択したようですね。

両親、弟ともにプロサーファーで、家族は大変深い絆で結ばれていることが分かりました。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です