【画像】堀米雄斗はイケメンでかっこいい!目とまつげがかわいい?歯列矯正の噂も!

スケートボードの堀米雄斗選手といえば、東京オリンピックにおいて、初代スケートボードチャンピオンに輝きましたね!

22歳という若さで世界のトップに君臨した堀米雄斗さん。イケメンでかっこいい!と話題になっているようなんです。

今回は、堀米雄斗さんがイケメンという話題について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

堀米雄斗はイケメンでかっこいいし肌もきれい!画像

堀米雄斗さんは、東京オリンピックで一躍有名になりましたが、スケートの技術ももちろんのこと、そのイケメンっぷりも話題になっていますね。

イケメン金メダリストの素顔については、スケートボード日本代表・西川隆監督が明かしていました。

「外には見せない闘志がある。人と同じことをするのが好きじゃないタイプで、常に自分がやらないといけないことを考えて、課題に打ち込んでいる。小学生のころから知っているが、その当時から表には出ないストイックさを持っている印象があった。明るくみんなと一緒になってワイワイやるけど、基本的に真面目」
Yahooニュースより引用

イケメンというだけでなく、そのストイックな姿勢も人気の秘密なんですね。堀米雄斗選手の活躍により、スケートボードも一躍、若年層を中心に支持を受けるようになりました。

初の金メダルに本人もびっくりしている様子でしたが、競技中はとてもクールな表情をしており、全集中で挑んでいるのがわかりましたね。

また、堀米雄斗さんの肌艶もきれい!と話題になっていたみたいですね。

これだけイケメンだと彼女がいそうですが、いまのところお付き合いしている女性がいるという情報はありませんでした。

堀米雄斗は歯列矯正した?画像で確認

スケートボードの金メダリストとなった堀米雄斗選手は、歯科医師からみても本当にきれいな歯並びをしているそうです。

歯並びがきれいだと、バランスよく噛むことができますので、筋肉もバランスよく発揮されるそうです。

スケートボードでジャンプするときは、全身の筋肉に力が入りますので、歯並びがきれいだと全身の筋肉がバランスよく機能します。

堀米雄斗さんが歯列矯正したという噂がありましたが、たしかに昔の写真に比べてキレイになっているように思えますね。

アメリカにわたる前に、歯並びを整えたのかもしれません。

堀米雄斗さんはスケートボードを始めたのは、小学1年生のときでした。

もともとは父がスケートボードをしていたそうで、その影響から堀米雄斗さんもハマっていきました。

父はスパルタコーチとなり、最初はバーチカルをしていました。

しかし、競技人口が少なく一人で練習するのがつまらなくなり、ストリートに転向します。

最初はコンテストで恥ずかしい思いをするくらい負けてしまったそうで、そのときの悔しさをバネに練習に励みました。

練習をしていくうちにどんどんレベルアップしていき、良い成績を残すようになります。

2014年、2015年には日本の年間チャンピオンに輝き、2018年にはスケートボードの世界最高峰プロツアーである「ストリート・リーグ」で初優勝となりました。

2019年には、東京オリンピックのスケートボード強化選手として選ばれます。

堀米雄斗さんは小学生時代、徹底的に基礎練習をしていたそうで、2年間は大会に出なかったそうです。

その教育方針は、父・亮太さんのスケボー人生の後悔からだったそうです。

「僕は基礎を無視してどんどん技を覚えていってしまった。運動神経が良かったばかりに乗れちゃったんです」。
Yahooニュースより引用

父は「中途半端な乗り方」で成長が止まってしまい、苦労したそうです。そのため、堀米雄斗さんには同じ思いをさせたくなかったといいます。

小学校卒業までは、半円上の斜面を滑るバーチカルのみをしていました。

目的はストリートに必要な脚力の強化と、エアに対する恐怖心の克服だった。
加えて堀米が通った足立区のパークのバーチカルは表面が古く、横滑りしやすいかった。
「常に良いところに乗っていないとツルンといっちゃう」と亮太さん。どんな技でもぶれない軸は、バーチカルで養われた。
Yahooニュースより引用

その結果、堀米雄斗さんはぶれいない軸を身に着けることができたのですね。

堀米雄斗の眠そうな目やまつげがクルクルでかわいいと話題!画像

東京オリンピックで初めて採用された新競技・スケートボード男子ストリート。

初代王者となった堀米雄斗選手は、連日深夜まで各局の番組に引っ張りだことなっていますね。

さすがに疲労からか、インタビュー中に眠そうに目をシパシパさせ、ネット上では「眠そう」「可愛い」という声があがっていました。

堀米雄斗さんが出場した男子ストリート予選は、25日の午前8時半にスタートし、決勝は午後1時におこなわれました。

東京の最高気温は33度と、かなり厳しい環境の中、堀米雄斗選手は「ベストトリック」で得意技である「ノーリー」を決めます。

競技終了後に、取材や中継、特番などをはしごし、午後11時20分ごろには、NHKのデイリーハイライトにも出演します。

さすがに朝から休みなしの疲れが出たのか、ときどき目をつぶったり、しょぼしょぼさせている様子がうかがえました。

しかし、質問に対して等身大で真摯に答える様子が、ネット上では称賛されていたようですね。

「目がしょぼしょぼしてる」「もう寝させてあげて」というコメントも相次ぎました。

クールな表情をしていますが、まだ22歳という若さ。母性本能をくすぐる可愛さがあふれていますね!

まとめ

今回は、堀米雄斗さんがイケメンという話題について、紹介しました。

堀米雄斗さんは競技中にクールな表情をしていますが、時折見せる笑顔にも注目が集まっているようですね。

金メダルをとって各メディアに引っ張りだことなり、疲労困憊ながらも一生懸命インタビューに答える様子が可愛かったようです。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です