堀米雄斗の家族構成や兄弟は?父親の職業はタクシー運転手!弟もスケーター!画像

堀米雄斗さんといえば、東京オリンピック・スケートボード競技のストリートで金メダルを獲得し、一躍時の人となりましたね。

今回のオリンピックから新種目となったスケートボード競技で注目を集めていますが、家族構成が気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、堀米雄斗さんの家族構成について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

堀米雄斗の家族構成や兄弟を調査!

堀米雄斗さんの家族構成は、父親、母親、弟2人の5人家族です。

東京都江東区で生まれ、5人家族の長男として育ちました。

父の堀米亮太さん指導のもと、次男と三男も含めて幼い頃に兄弟3人で一緒にスケートをしていました。

堀米雄斗さんがまだ小さいころ、毎週日曜に次男と三男も連れスケートボードに行っていたそうですよ。

堀米雄斗の両親はどんな人?父親の職業はタクシー運転手?

堀米雄斗さんの父・堀米亮太さんは、元スケートボード選手です。

最初は父が気兼ねなくスケートボードをやりたいがために、堀米雄斗さんをダシに使い、あえて始めさせたといいます。

しかし、すぐに堀米雄斗さんの才能を見ぬき、徹底的に英才教育と基礎を叩き込みました。

東京オリンピックでメダルがかかった一戦。父・亮太さんの姿は、会場にはありませんでした。
なんと、自宅近くの河川敷をサイクリングしていたのだとか。
心臓に悪いし、性に合わないと言うのが理由です。
結局、同僚からの電話で朗報を聞いた亮太さんは、再放送を見ながら、良くやった。もう別世界の人間みたいだよと、喜んでいました。
スポーツ報知より引用

父親の亮太さんは配送業関係で運転手をしているそうで、スケートボードで食べていくことは難しく、運転手をしながら洗車のバイトも請け負っていたそうです。

3人の息子の学費と、堀米雄斗さんの遠征費を稼ぐためだったそうですよ。

冬場はあかぎれがひどくて、よく『いてえ、いてえ』ってこぼしてた。だけど雄斗の話になると途端に顔をほころばせてね。『あいつは9歳でマックツイストを決めたんだよ。史上最年少なんじゃないか』なんて自分が滑るのではなく、息子に教えることに夢中になっていったんだとか!
「最初の頃はユウトもその辺をプッシュするなりしてフラフラ遊んでたんだけどさ、ある時突然ね、アレ!?子供ってスゲーんじゃないか!?って思ったんだよね。
才能の塊なんじゃないか?って。それからかな、自分が滑ることよりもユウト優先になってったんだよね。」
スポーツ報知より引用

堀米雄斗選手の父・亮太さんは若いころからスケートボードをしており、堀米雄斗さんが小学2年生のころに、父に連れられてスケートボードパークへ行きました。

もともと父が奥様への口実として堀米雄斗選手を連れて行ったのですが、そのときに堀米雄斗さんの才能に気づいたため、スパルタレッスンが始まります。

堀米雄斗さんはトリックを教えるよりも、基礎をしっかりと教えることに重きを置きました。

そのうえでスケボーを嫌いになるくらいなら、辞めればいいと思っていたそうです。

基礎を重点的に叩き込まれた堀米雄斗さんは、同世代のスケーターたちより技術は劣っていたのですが、のちにこの基礎練習がタメになったといいます。

すぐに技術をつけるよりも、基礎をしっかり固めたことによって、安定したトリックを披露することができたのでしょう。。

そして、堀米雄斗さんの母についてはほとんど情報がないのですが、母はスケボーをやっていないそうです。

父いわく、「嫁がスポンサー」ということで、かなり理解のあるお母さまみたいですね。

堀米雄斗さんは、スケボーを始めて6年ほど、バランス感覚・基礎を磨くため、バーチカル(パーク)で練習していました。

堀米雄斗さんの芯の強さは、父の男らしい教えがあるようですね。

父のモットーは、「くよくよしない」「自分より上手な子の前でも堂々とする」「カッコつけない」「自然に滑る」だったそうです。

父はスパルタ教育だったそうですが、「怖いときは無理してやることはない」「考えながら滑るように」と、ところどころ優しい言葉もかけていたみたいです。

「結婚をするとき、妻にはスケボーはやめる、と約束したんだけど、どうしても我慢できなくて。長男の雄斗が生まれてからは、子守名目で連れ出しては自分で滑ってた」
毎日スポーツより引用

スケートボードはかなりお金のかかるスポーツですので、奥さんは最初は辞めてほしかったのかもしれませんね。

堀米雄斗の弟もスケーター?画像を確認

堀米雄斗選手には、弟が2人います。

父の亮太さんは、弟2人もスケートパークに連れて行きましたが、選手として続けているのは堀米雄斗さんだけのようですね。

次男は堀米雄斗さんの一つ下なので、現在21歳、三男は年齢は分かりませんが、2人とも大学生という情報がありました。

父がインタビューに対し、次男が大学受験を控えていたり、仕事もおろそかに出来ない、と話していたとか

堀米雄斗さんは高校卒業と同時に、アメリカのロサンゼルス州に移住していますので、日本の大学には進学していないようですね。

競技としてスケボーはしていないようですが、遊びでスケボーを楽しむくらいはしているかもしれませんね。

父は堀米雄斗さんについて、「ロクなヤツにならなそうだから何かさせた方が良い」と思い、スケートボードを教えます。

結果として、金メダリストになったので、スケボーをやらせて本当に良かったですね。

まとめ

今回は、堀米雄斗さんの家族構成について、紹介しました。

堀米雄斗さんは両親と2人の弟という、5人家族のもと育ったようです。

父は元スケートボード選手で、そのスパルタ教育のもと、現在の堀米雄斗さんが産まれたというわけですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です