畑岡奈紗の学歴・偏差値は?出身中学・高校を確認!部活は野球と陸上?

畑岡奈紗さんといえば、2020年の世界ランクで4位にまで浮上したプロゴルファーですね。

中学や高校時代から、圧倒的な実力を発揮してきた畑岡奈紗さん。どんな学生時代をすごしてきたのでしょうか?

今回は、畑岡奈紗さんの家族構成について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

畑岡奈紗の学歴を確認!出身中学は?

畑岡奈紗さんは、地元にある笠間市立岩間第二小学校出身です。

家族構成は、両親と妹の4人家族だそうです。

幼少期から運動神経万能で、小学生のときには、少年野球チームに入団していました。

母親がゴルフ場に勤務していたことから、小学5年生のときにゴルフをはじめています。

小学校卒業後、笠間市立岩間中学校に進学します。

中学時代には父の影響で陸上部に所属し、200m走の県大会で7位に入賞しています。

中学2年生で、中嶋常幸プロが主宰する「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」に入門し、翌年には世界ジュニアゴルフ選手権で個人・団体の2冠を達成しました。

畑岡奈紗さんの活躍は、すでにこのときから始まっていたのですね。

畑岡奈紗の出身高校と偏差値を確認!エピソードも!

中学卒業後、畑岡奈紗さんは茨城県翔洋学園高校に進学しました。

この高校は、茨城県日立市大みか町にある通信制の高校で、入学には学科試験がありません。

また、通信制高校といえどゴルフ部があり、かなりゴルフに力を入れています。

畑岡奈紗さんは高校生からより一層ゴルフに専念するため、この高校を選びました。

「高校の時はほとんど毎日クラブを握ったり、練習場に行かなくても自宅で素振りをしたりしていました。ラウンドする時は1日がかりでしたし、練習だけの日でもスイングを変えた時は5、6時間ほど練習することもありましたし、逆に1、2時間で終わることもあったり。何時間やらないといけないって決めるのではなくて、その時の状態によって変えていました」
芸能人学歴.comより引用

高校時代もゴルファーとして大きく成長し、高校2年生で出場した日本女子オープンでは、宮里藍選手がの最年少優勝記録(20歳105日)を大幅に更新します。

この優勝がきっかけでプロに転向し、高校3年生からはアメリカを拠点にするため、広域性通信制高校のルネサンス高校に転校しました。

実は、ルネサンス高校は、留学ができる高校なんだそうです。

高校2年生の時に女子オープンで優勝し、その後プロ転向していることを考えても、すでに世界で戦うつもりだったのでしょうね。

そのため、3年生という時期ではありますが、留学ができる学校へ転校したようです。

高校1年生(2015年)のときだけでも、すでにこのような成績をおさめています。

IMGA世界ジュニアゴルフ選手権優勝

関東高等学校ゴルフ選手権夏季大会優勝

関東ジュニアゴルフ選手権優勝

国民体育大会ゴルフ競技優勝

wikipediaより引用

そして、高校3年生でプロ初優勝を飾り、日本女子オープンでも2連覇を達成しました。

高校時代の後半は、ゴルファーとして大きく飛躍した年でもありました。

通信制の学校は練習時間をたくさん取れるので、ゴルフにとってはとても良い環境でした。

しかし、ネットで調べてレポートを書いたり、いつの間にか宿題がすごく溜まってしまったときもあったそうです。

それでもゴルフと学業を両立させ、高校は無事3年間で卒業しています。

高校を卒業した後は大学進学はせずに、すぐにアメリカツアーへ参戦しています。

黄金世代でも頭一つ飛びぬけている畑岡奈紗さんですが、実績を見ると圧倒的過ぎて負け知らずにもほどがあります!

ちなみに高校3年生のときに出場した「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」でも優勝し、ルネサンス高等学校のHPでも紹介されています。

そして畑岡奈紗さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、ゴルフに専念しています。

高校を卒業した年もアメリカツアーを転戦して、念願の初優勝を達成。さらにその後も1勝し、世界レベルのゴルファーになりました。

順調にキャリアを重ね、今後の日本女子ゴルフ界をけん引する存在となっています。

畑岡奈紗の学生時代の部活は野球部と陸上部?エピソードも確認

畑岡奈紗さんは意外にも、中学時代に陸上部に所属していました。

県大会の200m走で7位に入賞していますから、当時から運動神経抜群だったのですね。

その一方でゴルフの成績も上々で、中学時代は世界ジュニアゴルフ選手権で個人、団体2冠達成、IMGA世界ジュニアゴルフ選手権ベスト16、日本アマチュアゴルフ選手権競技ベスト32など・・・輝かしい成績を残しています。

陸上部に入ったのも、ゴルフにいいトレーニングになるという思いからでした。

中学生と言えば、進路に頭を悩ます日々を送る。だが、畑岡にとっては難しくない選択だった。「中学生になって徐々に試合に出始めて、そこからだんだんプロになりたい気持ちが出てきました」。目標が定まると、自ずと進むべき道が見えてきたという。
スポニチより引用

部活が終わって19時前に帰宅し、夕食を済ませてすぐにゴルフの練習に出掛けるという、ハードな学生生活を送っていました。

高校はゴルフ部がある学校を選んだので、陸上は中学生までだったようですね。

後にルネサンス高等学校に転校していますが、とにかくゴルフを優先するために、通信制高校という条件は変わらなかったようです。

「まず、高校はゴルフ部があるところを選びました。あとは、普通の高校には行かず、ゴルフの練習をたくさんできるように通信制にしたこと。ここが一つ、大きな選択だったのかなと思います」
スポニチより引用

そんな“二足のわらじ”生活はかなり過酷に思えますが、本人はゴルフをする楽しさばかりで、あまり疲れを感じなかったそうです。

まとめ

今回は、畑岡奈紗さんの学歴について、紹介しました。

小学校~高校まで地元・茨城県にある学校に通っていたようですね。

ゴルフを優先させるため、通信制の学校を選んでいたようです。部活は意外にも陸上部に入っていたそうですよ。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です