阿部詩の家族構成は?次男は一二三で長男もイケメン!両親はどんな人?

阿部詩さんといえば、2021年開催の東京オリンピックに出場し、女子柔道52kg級で金メダルを獲得しましたね。

男子柔道66kg級に出場する兄・阿部一二三(あべ ひふみ)選手とともに、兄妹で金メダルを獲得し話題になりました。

そんな阿部詩さんですが、どのような家庭環境で育ったのでしょうか。

今回は、阿部詩さんの家族構成について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

阿部詩の家族構成や兄弟を確認!次男は一二三選手!

阿部詩さんは、両親と兄2人の5人家族のもと、生まれ育ちました。

5歳の時に、先に柔道をはじめていた兄2人の影響で、柔道を始めます。

父(浩二さん)、母(愛さん)、長男(勇一朗さん)、次男(一二三さん)、そして阿部詩さんという家族構成です。

阿部詩選手は兄の阿部一二三選手とともに有名選手となったので、もう1人お兄さんがいるというのは驚きですね。

阿部詩さんが5歳のときに、地元にある兵庫少年こだま会で柔道を始めました。

最初は兄の付き添いで見学していたのですが、練習している様子がとても楽しそうに見えたので、始めるようになります。

阿部詩選手の父親は、『女の子だからピアノを習った方がいい』と考えていたのですが、阿部詩さんは父の反対を押し切って柔道を始めます。

ほかにも水泳やピアノを習っていたのですが、柔道に打ち込むようになりました。

ただ、小学生時代はそこまで本格的に練習に打ち込んでいなかったようです。

練習場で車から出てこなかったり、道場の入り口にへばり付いて駄々をこねたり、練習を嫌がっていました。

しかし、周りの大人たちは、阿部詩さんの柔道のセンスに気づきます。

なんと兄よりもセンスがあり、天才肌とまで言われていたそうです。

兄の阿部一二三さんによると、柔道関係者も妹の方が強くなる!と期待していたそうです。

阿部詩の兄もイケメン?長男の画像を確認!

阿部詩さんには、2人の兄がいて、3人兄妹の末っ子として生まれ育ちました。

長男は勇一郎さん。阿部詩さんの5歳年上で、現在は26歳です。

次男は一二三さん。男子柔道選手として有名ですね。阿部詩さんの3歳年上で、現在24歳です。

長男は一般人のためほとんど情報がないのですが、小学生までは「兵庫少年こだま会」で、一緒に柔道をしていました。

2歳下の一二三とは、公園やテレビゲームで遊ぶ時もいつも一緒だった。柔道も小学校時代、同じ道場で始めた。ただ、その理由は1人で稽古に行く一二三を心配した母に「勇もやってくれへん?」と頼まれたから。hochi.newsより引用

そのため、勇一朗さんは「強くなりたい」という意識がなく、練習後に居残りをしてまで高学年の選手と試合をする弟・一二三さんを感心しながら見ていました。

そして、中学生からは柔道から離れます。

柔道をやめたからも、小学生の弟・一二三さんが出稽古に行くときは、付き添いで送り届けたそうです。

弟の一二三さんが柔道で活躍すればするほど、勇一朗さんは「一二三のお兄ちゃん」と呼ばれるようになります

最初はなかなか受け入れられませんでしたが、努力する弟と妹の姿を見て、自分もしっかりしなければ!と思うようになります。

そして、国家公務員になるという夢を、見事実現させたのです。

現在は東京で、兄弟3人で暮らしているそうです。長男の勇一朗さんが、普段の生活も弟と妹を支えてくれているといいます。

次男の阿部一二三選手は、阿部詩さんが現在通っている日本体育大学を卒業し、「パーク24」の所属となりました。

東京オリンピックの66キロ級では、見事金メダルを獲得しています。

阿部詩さんいわく、兄の一二三さんは『ナルシスト』だそうです(笑)

阿部詩選手の父親も、一二三さんについて『鏡を見て何回も髪の毛をいじっている』と暴露していました。

阿部一二三さんは、消防士の父・浩二さんが考えたオリジナルメニューをもとに、二人三脚で練習していました。

父は一二三さんのオリンピック出演について、19歳では難しいけれど、23歳ならいける!とイメージしていたそうです。

詩もそうやけど、一二三は『思い込み』が激しい。信じたことを貫くのは、アスリートに一番大事なこと。その力は他の人の10倍はあるな。
毎日newsより引用

一二三さんは中学2年生のときに、見事全国優勝を果たします。阿部詩さんはそんな兄・一二三さんをずっとお手本にしてきたそうです。

阿部詩の両親は?父親は消防士で母親が美人?エピソードや画像を確認

阿部詩選手の父親・浩二さんは、2021年現在50歳です。

とってもイケメンで、お子さんたちはみんな父の遺伝子を受け継いでいるのですね。

浩二さんは、小学生のときに競泳のバタフライで全国大会に出場し、入賞しています。運動神経抜群だったものの、意外にも柔道の経験がなかったようです。

職業は消防士だそうで、柔道経験がない浩二さんは、子供たちに意外なサポートをしています。

消防士仲間たちと一緒に、子供たちのトレーニングメニューを考え、オリジナルの教育をしていました。

体力勝負の消防士が考えたトレーニングメニューであれば、効率よく鍛えることができそうですね。

阿部詩さんと浩二さんは今でも仲良しで、一緒に手をつないだり、腕を組んで歩くほどです。

そして、阿部詩選手の母・愛さんも、とても可愛らしい方です。なんだか、ご夫婦で顔つきが似ているような印象を受けますね。

ご両親とも、目がくりっとしていて大きいので、子供たちも美男美女に生まれたのでしょうね。

阿部詩さんの母は、実家で喫茶店を経営しています。

阿部家のおふくろの味は『ラタトゥイユ』だそうで、なんだかおしゃれですね。

色々な種類の野菜をトマトで煮込み、栄養満点のスープです。

喫茶店ということで、母の得意料理h洋食なのかもしれません。

喫茶店は座席数5~6席程度で、こじんまりとしたお店だそうです。

このお店は、もともと愛さんのご両親が経営されていたお店で、そこを受け継いだようです。

まとめ

今回は、阿部詩さんの家族構成について、紹介しました。

両親と兄2人の5人家族で生まれ育ち、兄の影響で柔道を始めた阿部詩さん。

父は消防士で母は喫茶店経営をしていました。両親ともに美形で、子供たちもみんな美男美女ということが分かりました。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です