【登戸通り魔事件】岩崎隆一の生い立ち(顔画像)は?性格・動機なども調査!

神奈川県川崎市・登戸通り魔事件

 

5月28日の午前7時45分ころ、神奈川県川崎市多摩区・登戸(のぼりと)にある公園近くの路上で、通り魔事件が発生しました。

この事件は、「私立カリタス小学校のスクールバスが止まるバス停付近」で起こりました。子どもも大人も関係なく犯人に刺されており、合わせて19名の方が重軽傷を負っているようです。

そのうち1名は、小学6年生の女の子ですでに死亡が確認されているという残虐性の極まりない事件だということがわかります。*さらに30代の男性の死亡も確認されたようです。

この事件の犯人について、名前や顔画像などは公表しているのでしょうか? 👈最新情報を元に追記を加えています。

『ぶっ殺してやる!!』と叫んでいたという証言もあるようです。
その他、どういった経緯からこのような事件を引き起こしてしまったのか、動機や性格についても分析してみたいと思います。

 

Sponsored Link

 

【川崎市・登戸通り魔事件】犯人の生い立ちや名前(顔画像)は?

神奈川県川崎市多摩区登戸にある公園近くの路上で起きた通り魔事件

神奈川県川崎市多摩区登戸にある公園近くの路上で起きた通り魔事件

いつも通りのスクールバス乗り場で起こった悲惨な通り魔事件…。

警察によりますと、事件を目撃したカリタス小学校の通学バスの運転手は「小学生を乗せるためにバス停で止まっていたところ、男が前方にあるコンビニエンスストアの辺りから両手に刃物を持って歩いてきた。そして、バスに乗り込もうとしていた小学生たちを次々に切りつけた。『何をやっているんだ』と男に声をかけると、男は数十メートル後方に逃げ、そこで自分を刺した」と話しているということです。
引用:NHKニュースWebより

事件は、平日の通勤・通学時間の真っ只中という、忙しい時間帯に起こったようです。

そして、被害者の方たちはいつも通り通学のために「私立カリタス小学校」のスクールバスの乗り場で待っていた子どもたちや、大人合わせて19名でした。

その後、犯人は警察に取り押さえられたようですが、自らも首を刺して自死してしまうという…。

一見すると、まったく計画性が感じられないと思われる事件は、いったいどのような経緯で発生してしまったのでしょうか?

なお、犯行に使用された刃物2本については、リュックに隠し持っていたということです。さらに、その後の調べによると、犯人は合計で4本の包丁を持っていたようです。

男性は、明らかに殺人目的だったと考えられますが、どう考えても、自己中心的な犯行だと考えられます。

【川崎市・登戸通り魔事件】犯人の名前(顔画像)は?【追記】

岩崎隆一容疑者

岩崎隆一(いわさき りゅういち)容疑者/卒業アルバムの写真

犯人の名前は、岩崎隆一 容疑者で、神奈川県川崎市・麻生区に住んでいたということです。

すでに51歳だったということですが、現時点でもまだ中学生頃の卒業アルバムの写真しか見つかっていないということでしょうか?

そうだとすれば、このスマホ全盛期時代にコレ以外の写真がないという時点で、かなり異常な人物だということがわかります…。

今さらもう遅いのですが、

もしもなんらかの異常があったのだとすれば、『もっと早い段階で何らかの対応ができなかったのだろうか』と、どうしても憤り(いきどおり)を感じてしまいます。

川崎市多摩区登戸

犯人は刃物をリュックの中に隠していた…

犯人の詳細

  • 名前:岩崎隆一(いわさき りゅういち) 容疑者
  • 年齢:51歳
  • 住所:川崎市麻生区(あさおく)
  • 性別:男性
  • 職業:無職(不明)

警察の情報によると、犯人の男性は「神奈川県川崎市・麻生区」に住んでいたということがわかっていますが、なぜ『カリタス小学校のスクールバス停留所』のある登戸(のぼりと)までわざわざ来たのでしょうか?

この児童らに対して、以前より何らかの恨みがあったのかどうかはさだかではありませんが、もしもこの付近に長いあいだ暮らしていたのだとすれば、犯人の男性にとって恨みや何かしらの動機となるような原因があったのかも知れません…。

👆この考察については、近所の方の証言から、急に激怒することが判明していますので、あとの方にまとめていきたいと思います。

*翌29日に情報が公開され追記しています。

岩崎隆一容疑者は幼少時代から性格に問題があった??【追記】

岩崎隆一容疑者の自宅

神奈川県川崎市・麻生区の岩崎隆一容疑者(51)の自宅

犯人の男性は、親族関係(叔父夫妻)にあたる老夫婦(80代)の家族と3人で暮らしていたということです。
幼い頃に、両親が離婚しているとかで(亡くしており?)、この叔父夫妻に引き取られたという情報があります。

もともと、幼い頃から大人しい性格だったようですが、近所の方とモメることもしばしばあったようです。

一方、激高する場面を目の当たりにした住民もいる。70歳代の主婦は、少年時代の岩崎容疑者に、「(飼い犬の鳴き声が)うるせえんだよ。ぶっ殺してやろうか」と激怒された恐怖を今でも覚えている。40歳代の女性は1年ほど前の早朝、インターホンを何度も押され、「庭の木が道にはみ出していて、目に当たった」と約30分間、どなられたという。
引用:読売新聞より

このエピソードからわかる人物像としては、非常に自己中心的であり、謙虚さに欠けるといったところでしょうか。

その他、子どもの頃から「急に暴れて教師に怒られていた」「同級生の手にえんぴつを刺した」など、凶暴性を感じる場面がいくつかあったという証言もあるようです。

今回の犯行についても、同様に凶暴性があり自己中心的な性格から、悪い方向にいってしまったのではないかと思います。

「神奈川県川崎市・麻生区」から犯行現場までは、あえて離れた場所から犯行現場へ向かい、最終的に自死するのではなく、逃げるためだったのでしょうか?

その後の調べで、岩崎容疑者は電車に乗って犯行現場へと移動していたことがわかっています。

電車でも30分近くかかるようです。

 

【こちらの記事も読まれています!】

Sponsored Link

【川崎市・登戸通り魔事件】犯人の生い立ちとは?

男性

犯人は神奈川県・川崎市に住む50代の男性…

さて、それでは岩崎隆一容疑者の幼い頃からの生い立ちとは、いったいどのようなものだったのでしょうか?

このような残虐性のある事件を引き起こしてしまう性格や生い立ち…。
神奈川県川崎市・登戸というごく一般的なある意味ふつうの住宅街で起こってしまった悲惨な事件ですが、どのような経緯から、起こってしまったのか理解に苦しみます。

通学途中の児童らが狙われた川崎市多摩区の無差別殺傷事件で、神奈川県警は29日午前10時ごろ、児童らを襲った岩崎隆一容疑者(51)の川崎市麻生区の自宅に、殺人容疑で家宅捜索に入った。岩崎容疑者は現場で自らの首を刺して死亡。県警は捜索で動機につながる手がかりなどを捜索するとみられる。
引用:産経新聞より

👆ちなみに、現在は警察によって詳しく動機などを調査しています。

とは言え。

できれば理解したくはありませんが、犯人はすでに死んでしまったため、動機や性格なども推測するより他はありません。

なぜ、最終的に自死するならば自分ひとりだけでできなかったのか…。

まったく関係のない子どもらを、なぜ巻き込む必要があったのか…。

きっと多くの人が、このように感じてしまったのではないかと思います。

一般的に、不可解な通り魔事件や残虐性の高い事件などの場合には、「生い立ち」が大きく関係しているといったデータなどもあるようですが、今回の場合はどのような幼少時代だったり生い立ちだったのでしょうか?

またネットなどの意見では、このような、なんの計画性もなく自らも命を断ってしまうような、投げやりでパニック状態になっている人のコトを『無敵の人』とよんでいるようです。

*補足*

「計画性」という点について、

  • 包丁を4本も準備していたこと。
  • 特に子どもをターゲットにしていたコト。

この2点について、ある程度の計画性があったようにも考えられますが、あくまでも物質的な計画性のみで、このような最悪な事件を起こしてしまったらどうなるか…。

そういった意味での計画性のなさ、というより想像力はなかったのでしょうか?
まぁ、大抵の人はそういう事まで考えることができる人たちなので、このような事件を起こしたりはしないのでしょうが。

たくさんの罪のない人たちが、傷つき悲しむ、そして取り残された家族たちにとっても、一生消えることのない悲しみとなります。

そして、まだ大怪我を負って治療中の子どもや、運良く助かった子どもたち、これからまだまだ長い人生を送るわけですから、ずっと現在進行系で彼らの人生に関わっていく問題だと考えられます。

 

Sponsored Link

【川崎市・登戸通り魔事件】犯人は『無敵の人』だった…

犯人の生い立ちや性格

犯人の生い立ちとは?本当に『無敵の人』だったのか?

神奈川県川崎市・登戸で発生した通り魔事件の犯人は『無敵の人』だった…という意見なども多いようです。

つまりは、「コレは誰にでも起こり得る可能性がある」という危険信号と考えるべきであり、社会そのものの仕組みを見直すべきではないかと言うことを暗に訴えていると考えられます。

川崎市登戸の事件、ノーフューチャーノーマネーの「無敵の人」対策として、人は「守るもの」がないから無敵化するという分析と共に、だから「結婚させて」「金や仕事を与える」べきという論調が怖い。結婚や家族が問題ではない。弱い人が弱いままで生きて行けない社会が「無敵の人」を産んでいる

— 📌少年ブレンダ📌 (@hibari_to_sora) 2019年5月28日

社会的に、弱者であったり金銭的な意味でも未来に希望の持てない人、という「守るものがなにもない人」=『無敵の人』と言っているようです。

たとえば、家族も子どもも持たず、金銭的にも決して恵まれているわけでもないし・・・、この先の将来のことなんて考えただけで、嫌気がさす。。

こんな感じの人物像?

そう考えると、なんとなく同情してしまいそうになりますが、ニンゲンとしてやってはいけないこと、その判断もできないということでしょうか?

しかし、この犯人はすでに51歳だったということですが、家庭も子どもも持たず、経済的に不安定な人物だったと言うことでしょうか?

その辺りについても、事実が気になるところです・・・。

 

【こちらの記事も読まれています!】

Sponsored Link

【川崎市・登戸通り魔事件】犯人の性格・動機なども調査!

神奈川県川崎市の登戸駅近くの現場

神奈川県川崎市の登戸駅近くの現場

犯人の性格や動機などの情報についても、現在詳しく調査中だと考えられます。

もしも家族などがいた場合についても、本名を公開してしまうと人権侵害になってしまうということでしょうか?

なお犯人の男は、私立カリタス小学校に通う生徒が乗るスクールバスを狙ったとの情報が入っており、「ぶっ殺してやる」と叫び声をあげてから犯行に及んだという目撃情報がある。
引用:Yahoo!ニュースより

『ぶっ殺してやる』

もし本当に、こう叫んでから、犯行に及んだとすれば、非常に恨みや憎しみが強いと考えられますから、犯人にとっては大きな動機となるようなできごとがあったのかも知れません。

もしくは、『無敵の人』などと言われているように、言い知れようのないや悩みなどを抱えていたのかも知れません…。

ちょっとした「鬱(うつ」)や、パニック状態であった可能性もあるかも知れませんね。

【追記】👆この情報については、誤報の可能性もあります。新たな情報によれば、犯人はまったく無音で、なにも気配を感じさせなかったという情報があります。

どういう心理状態だったのか、よほど理解に苦しむという感じです…。

 

【こちらの記事も読まれています!】

Sponsored Link

【登戸通り魔事件】犯人の生い立ちについてまとめ

神奈川県川崎市多摩区登戸にある公園近くの路上で起きた通り魔事件

神奈川県川崎市多摩区登戸にある公園近くの路上で起きた通り魔事件

5月28日午前7時45分頃に神奈川県川崎市・登戸で発生した「通り魔事件」について、犯人の名前や生い立ち、顔画像なども調査しました。

現時点では、犯人の顔や名前などは公表されていない模様です。

名前は、岩崎隆一(いわさき りゅういち)容疑者で、年齢は51歳でした。
顔画像についても、現在は卒業アルバムの写真しか押さえられていないようです。

そして、犯人がすでに自死してしまっているため、生い立ちなどから犯行動機や性格についても分析しました。

犯人は、幼い頃に両親が離婚していた(亡くしていた?)ということ、その後は叔父夫妻に引き取られて、3人暮らしをしていたことが判明しました。

この生い立ちについて、多少なりとも不運な生い立ちであったということは言えるかも知れません。
だからと言って、自分の不幸を人のせいにしていいかと言えば、また話しは変わってきますし、もっともっとヒドイ家庭環境で育っていても立派に大人になって、社会に貢献している人もたくさんいます。

その他、性格についても考えてみました。
たしかに、社会的に見て弱者であり、何らかのハンデがあったのかも知れません…。

そして、精神的な病気だったり、なんらかの原因があったのかも知れません。
それらについて、結局は推測する以外の方法はありません。

しかし、、性格についてひとつ言えることは、非常に自己中心的な性格だったのではないか?

という事です。

たとえ、『無敵の人』と呼ばれるように、もしも社会的に弱者であったり金銭面での不満や職場でのストレスがあったにせよ人としてやってはいけないことという判断さえもできなかったということでしょうか?

この辺りについても今後また、さらに物議を醸していくこととなるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です