【大麻チョコ荒川区東日暮里】原因は密輸?ホテルラングウッド画像も。

大麻チョコレート

 

東京荒川区東日暮里のホテル内の施設で、ダンスイベントに参加していた50代から80代の男女7人から違法薬物の”大麻”が検出されました。

なお、このとき出されたチョコレート菓子に大麻成分が入っていた可能性が高いとみて捜査を進めているようです。

 

Sponsored Link

 

【大麻チョコ/荒川区東日暮里】ダンス同好会で7人が体調不良

大麻成分を含む洋菓子を米国から密輸

「大麻成分を含む洋菓子を米国から密輸」2018年10月の事件  「産経新聞」より

事件があったのは、3月10日午後3時過ぎだったようです。
ダンスイベントに参加していた、50代から80代の男女7人から違法薬物の”大麻”が検出されました。

今回の事件のように「大麻成分を含む洋菓子」をアメリカなどから持ち帰るケースが増加しているようですが、知らずに密輸してしまったとでも言うのでしょうか?

それにしても、いったい誰がどのような目的で”大麻”が混入しているチョコレートを提供したのか疑問が残ります。

このとき提供された”大麻チョコレート”は、果たして違法だと知っていたのでしょうか?

もしわかっていたのだとすれば、やはり違法な販売目的の密輸だったのでしょうか?

【大麻チョコ/荒川区東日暮里】原因は密輸?

大麻チョコレート,マリファナチョコレート

海外では合法になっている場所も多くあるよう(大麻チョコレート画像)

海外では大麻チョコレートの販売を合法としている場所も少なくないようです。

このような背景から、間違って大麻成分の入ったチョコレートを提供してしまった可能性もあります

それにしても一体、原因はなんだったのでしょうか?
現在もこの”大麻チョコレート”が提供された経緯や、入手経路などについても詳しく捜査しているものと考えられます。

【大麻チョコ】場所はホテルラングウッド

ホテルラングウッド

ホテルラングウッド、事件があったのはこのホテル内の施設

なお、今回の事件では、東京・荒川区東日暮里のホテル内の施設で起こった事件との報道がありましたが、ニュースでは「ホテルラングウッド」の入り口が映されているためこのホテル内の施設だと考えられます。

このダンス同好会の主催者側はいったいどのような人物なのでしょうか?

それにしても、7人の男女が同時に体調不良になってしまうというのは異常ですし、大麻成分の恐ろしさがよくわかります。

海外では、このような危険なお菓子が簡単に手に入るというのは、怖いですね。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です