【松倉悦郎が車に傷】理由は病気?善教寺や夫婦関係が原因?画像あり

松倉悦郎

Sponsored Links

 

元フジテレビナウンサーの松倉悦郎容疑者が、自宅近所に停まっていた車に持っていた鍵で傷を付けたとして、11日兵庫県警姫路署によって現行犯逮捕されました。

松倉悦郎

松倉悦郎容疑者(元フジテレビアナウンサー)

現在は、妻の実家の善教寺(同県姫路市西大寿台)にて住職を努めており、名前も結城思聞(ゆうきしもん)容疑者(73)と名乗っていたようです。

近くの姫路独協大学から同寺までの約500メートルのエリアでは今月8日以降、約50台の車に同様の傷がつけられる器物損壊事件が相次ぎ、同署が警戒していたという。今後、同容疑者との関連を調べる。
 同容疑者は「松倉悦郎」の名で約34年間、フジテレビにアナウンサーとして勤務した後、妻の実家の同寺で住職を務めている。
引用:「神戸新聞next」より

今回の事件の他にも、余罪がある可能性が高いとみて現在も取り調べをしているようです。

それにしても、寺の住職という立場でありながら、一体なぜこのような愉快犯のような行動を取ってしまったのでしょうか?

何か精神的な病気だったのか、それとも夫婦間の問題などがあったのでしょうか?

 

Sponsored Links

 

【松倉悦郎が車に傷】理由は病気?

松倉悦郎,元フジテレビアナウンサー

松倉悦郎(まつくらえつろう)

車に傷をつけるという行為は、どう考えても幼稚だし、現在73歳の高齢者がまさかするはずのない行為だと感じてビックリしました。

もしかしたら、認知症や精神的な病気などが考えられなくもないが、もしそういった病気だとしても、このような行動を取る可能性はあるのでしょうか?

 

一般的に【車に傷を付けるような行為】のことを愉快犯、と言ったりもしますが、これにはどんな定義があるのでしょうか?

 

愉快犯(ゆかいはん)とは、人(社会)を恐慌におとしめて、その醜態や慌てふためく様子を陰から観察する・あるいは想像して喜ぶ行為を指す。その行為が法に抵触するか否か、するとすればどの法に抵触するかは、実行した行為による。

多数の愉快犯は、精神病質を患っており、それが犯行に寄与している可能性がある。また、愉快犯は反省の色や、謝罪の言葉はないことが多い。子供時代、大人による体罰、虐待を経験しており、家庭が不安定で幼い時に両親を亡くした出身者も多い。また、少年・青年時代に頻繁にいじめに遭い、また、会社、仕事、社会に対する憎しみで実行した行為もある。
引用:「ウィキペディア」より

 

調べてみると、このような内容ということがわかります👆

確かに、他人の車に傷を付けているわけですから、「恐怖におとしめる」とは違うにしろ、その後の「慌てふためく姿を影から観察する」や「慌てふためく姿を想像して喜ぶ行為」は、当てはまりそうな気がします。

しかも、余罪が50件近くもあるかもしれない…
となると、かなり病的にこうした行為が癖になっていたのではないか?と想像してしまいます。

やはり、何らかの精神的な病気が関係していた可能性もありそうですね。

善教寺の場所や地図、事件現場(画像)

善教寺付近

善教寺付近(Googleマップより)

善教寺の付近はこんな感じで、緑が多く特に日中は人通りは少なそうに見えますね。

どのような経緯でこのような行為に至ってしまったのかはわかりませんが、かつてはフジテレビアナウンサーとしても活躍されるなど、素晴らしい経歴をお持ちだというのになぜ??と残念な気持ちになってしまいました。

 

かれこれ34年間もアナウンサーとしてご活躍されていて、同期入社アナウンサーだった故逸見政孝さんの葬儀で弔事を読んだりと、その功績は非常に大きなものだったはず…

松倉悦郎,結城思聞

故逸見政孝さんの葬儀で弔事を読む松倉さん

きっとご近所の方も、意外な方が犯人だったとわかりショックだったのでは無いでしょうか?

どうしてこんな行動を取てしまったのか…
この辺りについての動機について、今後も詳しく調べていただきたいものですね。

善教寺や夫婦関係が原因?

結城思聞

結城思聞(ゆうきしもん)ツイッターページ

現在は73歳の結城思聞(ゆうきしもん)容疑者(松倉悦郎氏)は、現在も住職としての仕事を中心にしっかりと活動をしている様子が伺えます。

こうしたツイートも日常的に行っているようで、善教寺の住職としての仕事として近所の活性化を目的とした活動も積極的に行っていたようです。

👇善教寺ホームページには、このようなお寺のコンセプトが記載されていました。

現在全国で一二〇〇〇余りが無住寺となっており、葬儀では直葬、一日葬が公然と行われるなど、お寺をめぐる状況は大変厳しい。
そんな逆風の中で、善教寺は「楽しくなければお寺じゃない!」をキャッチコピーに、法事や葬儀だけでなく、親鸞聖人お誕生を記念しての「ソフトボール大会」や、小規模作業所の人達や小さなお子さんと一緒に聴ける「福祉コンサート」、そして一般の方々への「サロンコンサート」を開催

毎月第三土曜日に開いている「サロン・ド・アミダ」では、住職の法話と広く各界で活躍されている講師をお招きして講演を行っている。
また二〇一四年に「NPOはりま子どもの未来を守る会」を設立して、夢前町産業廃棄物最終処分場建設反対運動を初め、元プロ野球選手を招いて地域のこどもたちの野球教室を開催したり、現役スポーツ選手による小児病棟の慰問で入院中の子供達を激励するなどの活動をしている。 仏教に、浄土真宗にご縁のない皆様もどうぞお気軽にご参加下さい。

「楽しくなければお寺じゃない! 楽しいだけでもお寺じゃない!」
引用:「善教寺HP」より

 

お寺の住職としては、尊敬されるべき慈善的な活動をしていた筈の結城思聞容疑者。

どういった理由から、このような行動をとってしまったのでしょうか?

車に傷は、夫婦関係が原因?

結城思聞容疑者

結城思聞容疑者(Facebookページより)

それでは、この行動に出てしまった原因は夫婦間でのトラブルやストレスなど、何らかの問題があったのでしょうか?

松倉悦郎容疑者は、大学を卒業後にフジテレビに入社し、34年間もの長い間フジテレビアナウンサーとして活躍していました。

そして2002年1月末にフジを退社後に、不動山善教寺(浄土真宗本願寺派)の僧侶となって活動をしていたようです。

その後も奥さんの実家で僧侶として働き、名前も結城思聞と変えて現在は住職だったわけだから延べ17年間はお寺に携わっていたと考えられます。

👆さまざまな活動を積極的にしていたと考えられますが、最近の主な活動は2017年に行っていた「サロン・ド・アミダ」というイベント?のようです。

その他、自身のFACEBOOKページやツイッターでは、主に愛犬クーちゃんの投稿や食べ物のことが中心だったようで、奥様との関係については今のところまだ調査中となります。

犬,クーちゃん,松倉悦郎

愛犬クーちゃん

結城思聞

結城思聞Facebookページより

👆どうやら11日の現行犯逮捕の当日にも、このような投稿をしていたようです。

雪が降ったのは今年二度目です。
引用:「結城思聞Facebook」より

といった内容の投稿でした。
事件当日も、いつもと変わらない日常だったようです。。

医師から認知症との診断も…(追記)

新聞記事,結城思聞

認知症の疑いを指摘されていた…

★最近の容疑者、医者から「認知症では」

 松倉容疑者の妻は11日夜、サンケイスポーツの電話取材に「事情が全く分からない」と困惑した様子で語った。逮捕は報道各社からの問い合わせで知ったといい、最近の様子について「長らくうつ病を患い、回復と悪化を繰り返していた。認知症ではないかとも医者から言われていた」と明かした。
引用:「サンスポ」より

 

11日夜の結城容疑者(松倉さん)の奥様のコメントによると、以前から”うつ病”を患っていたようです。
うつ病と言えば、その状態によっては家族でも症状が重いかどうか見抜けない厄介な病気でもあるようです👇

ゆううつで落ち込んだ気分となり、涙もろさや寂しさを引き起こします。
 さらに、今まで興味を持って取り組めた事柄に興味がなくなり、楽しくなくなります。しかも、自分を「だめな人間だ」と強く思い込んでしまうこともあり、その結果、「自分などこの世にいらない」と自殺を考え出してしまうことがあります。
 いずれの症状も、自分や周囲の環境を実際以上に否定的にとらえてしまうということが、根本にあります
 これらの症状は、朝に症状が強く、夕方になると少し楽になるということもよく起こるため、家族の方は帰宅後の様子を見て、「たいしたことない」と誤解してしまうこともあります。
引用:「うつ病ってなあに…?」より

もともと几帳面だったり、真面目な方に”うつ病”を患ってしまう場合が多いようです。

さらに医師からも、認知症ではないか?との診断も出ていたようで、ご本人も家族にもわかりにくいレベルで、少しずつ症状が悪化していたのかもしれませんね。。

 

Sponsored Links

【松倉悦郎が車に傷】まとめ

2月11日、兵庫県にも今年2度めの雪が降った日だったようです。

元フジテレビアナウンサーの松倉悦郎(現在は結城思聞”ゆうきしもん”という名前で活動中)さんが車に傷を付けたということで、現行犯逮捕されました。

結城容疑者は、11日午後0時55分頃、自宅近所の姫路市内の民家駐車場に停まっていた乗用車のボンネットに、持っていた鍵で傷を付けたところを兵庫県警姫路署の署員によって目撃されたようです。

一体なにが原因だったのか謎が多いですが、非常に幼稚で子供のイタズラのようにも感じてしまうため、精神的な病気なども関係していたのかもしれません。

今後も追って、その辺りの関連についても調べていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です