【池江璃花子】年齢まだ若いのになぜ?白血病かわいそうの声が多数!骨髄バンク登録者も。

池江璃花子,ジャカルタ・アジア大会

12日、自身のツイッターにて、白血病であることを報告した水泳の池江璃花子選手(18)。

1月の合宿2週目には、少し症状と思われるような異変も出ていたと語られた会見では、白血病の病状などの詳細まではわからなかったですが、池江選手はとにかく白血病を早く治したいと語っているというようなコメントもありました。

そしてもちろん、今後の2020年東京オリンピックも視野に入れているという強い意志が感じられた会見でした。

水泳連盟の記者会見

水泳連盟の記者会見(2月12日)

そして、今回の突然の白血病の報告を受けて多くの方々がショックを受けているようです。

まだ若いのにかわいそう。」「代わってあげられるものなら、代わりたいぐらい」さらには「骨髄バンクに登録する」という人も出てきているようです。

池江選手がどれだけ多くの人たちに愛されているのかがわかりますね。

 

Sponsored Link

 

【池江璃花子】年齢まだ若いのになぜ!?

池江璃花子選手は2000年7月4日生まれで、現在はまだ18歳と選手としてもまだまだ若い。

池江璃花子,ジャカルタ・アジア大会

ジャカルタ・アジア大会での池江選手(2018年)

今回、急遽日本へ帰国し精密検査によって診断された”白血病”という重い病

当初は、1月18日から2月10日の予定でスケジュールが考えられていたが、会見でコメントされていたように「オーストラリアでの合宿中に何度か体調不良を訴えた」ということを伝えていました。

池江璃花子選手は、まだまだ若くこれからの水泳選手としての期待も非常に高まっていた時期だけに、非常に残念で、なぜ??!

というショックな気持ちになりました。

池江璃花子

池江璃花子選手

いつも明るく元気で前向きな姿勢が、多くのファンや日本国民に元気をくれたことと思います。
2016年に行われたリオオリンピックでは、実に7種目もの出場を果たしており、本当に素晴らしい泳ぎを見せてくれました。

そしてその余韻もいまだ残っている中、今回2月12日に行われた緊急会見。

その内容によると、1月頃に練習をしていてもなかなか成果が上がらなかったりなどの症状や、普段の練習量では考えられないような時にも”肩で呼吸していて、非常に苦しそうにしていた”などのコメントがありました。

ただ、今回の白血病については非常に早期発見ができているとのコメントもされていました。
これがもし仮に、スポーツ選手ではなく普通の生活をしていたら、ココまではっきりとした症状が出ずに発見が遅れていた可能性もあったようです。

そう考えると、なんだか非常にやるせないですが…
池江選手が”トップアスリートだったことが、逆に良かったのかも”と前向きに感じたりもします。。

👆2月12日の緊急会見の動画はこちらです。

池江選手は2020年の東京オリンピックへの出場も十分視野に入れているというコメントがありました。

白血病かわいそうの声が多数

それにしても、このタイミングで白血病というのは信じられないですね…

本当にかわいそうで仕方ないというか、何もしてあげられないですが、もどかしい想いとともに応援したいます。

この他にも、沢山の方々が「かわいそう」とコメントしていました。

”かわいそうとか言ってもどうしようも無い”という意見が一部でありましたが…
やはり純粋にかわいそうと思ってしまいますし、どうにか代われるものなら代わってあげたいという気持ちにもなります。

こうしたコメントが多く寄せられる背景には、なぜこの(オリンピックが近い)タイミングで??
きっと、そんな意味も込められていると思います。

骨髄バンク登録者も。

その他にも、骨髄バンクに登録したいと新たに希望する人も増えているようです。

とにかくなにか力になりたい!””どうにかして池江選手を東京オリンピックに出場させてあげたい
やはり、そんな想いが強いのかもしれません。

白血病という病気の治療方法は、その種類や病状によってもさまざまらしく、必ずしも骨髄バンクをしなければ治らないというわけでも無いようですが…
医者ではないので、その辺りについては詳細はわかりませんが。

ただ、こういった方が自発的に増えることは医療の現場においてとても意義があるように感じました。

詳しい病状や、今後の白血病の治療法については現段階では不明とされていますが、可能性としては大きな貢献に繋がるのではないでしょうか?

 

Sponsored Link

【池江璃花子・白血病】まとめ

池江璃花子

池江璃花子選手

本日、ご自身のツイッターやインスタグラムより白血病の報告をされた池江璃花子選手

2020年の東京オリンピックにも期待がかかっていた選手なだけに、ご本人も「まだ信じられない」と驚かれているようです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

* 応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。 日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。 この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。 私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。 ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。 今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。 池江璃花子

Ikee.Rikakoさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –

そして、もちろん多くの人々がこの報告に戸惑いショックを感じたようです。

かわいそう”というツイートも非常に多く、さらには「代わってあげたい」という声や「骨髄バンクに登録する」といった動きも強まっているようで、池江選手がどれだけ応援されているのか、そして愛されているのかがわかります。

なんだか、とても努力している人や、活躍されている方々の病気や悲しいニュースが続いていて…
またも池江璃花子選手の白血病と、本当に胸が痛い想いです。

とにかくオリンピックも出場は楽しみですが、一旦は治療に専念され完治されることを願っています

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です