【くびかくご動画】すき家のバイト店員は業務妨害で損害賠償はいくら?

Sponsored Links

 

2019年1月29日「肉の日」。

あの大手、牛丼チェーン店である「すき家」のアルバイト店員による不祥事で謝罪をしたのである。

問題となっている動画には、「くびかくご」とひらがなでコメントを入れてアルバイト店員がふざけている場面が撮影されているのです。

これに伴って、多くの「すき家ユーザー」からは批判の声とともに、「もう行きたくない」「これは酷すぎる」「店長はいなかったのか」などバッシングの声が増加しているようです。

この問題について、このアルバイト店員ら3人は業務妨害ということで損害賠償を請求されるのでしょうか?
そして、もしそうなったときには一体どのくらいの金額になるのでしょう?

Sponsored Links

 

問題の【くびかくご動画】とは?

問題となっている動画は、店員の一人が撮影しインスタグラムのストーリー機能を利用して、動画をアップしたようです。

この機能は24時間で自動的に動画が消えるという特徴があり、ここまで問題になるとは考えていなかったようですが、それを別の誰かがツイッターにアップしてしまったために、拡散したようです。

動画の内容では、アルバイト店員が氷のようなものを投げていたり、もう一人の店員は衛生上に見ても不快に感じ取れらるような行為をしているのが確認できます。

もしかしたらこんなことが、日常的に行われているのかもしれない・・・
「すき家」のイメージをかなり悪くしてしまった事は、言うまでもありません。

こういった動画が拡散されてしまった事で、「すき家」は謝罪をせざる終えなくなり、大手牛丼チェーン店としてのブランドにも傷がついてしまったようです。

外食大手ゼンショーホールディングス傘下の牛丼チェーン「すき家」は29日、関東地方の店舗でアルバイト店員が不適切な動画を撮影したとして「心より深くおわび申し上げる」と謝罪するコメントを発表した。インスタグラムに投稿し24時間後に動画が消える機能を利用していたが、別の人がツイッターに転載し拡散した。

 ゼンショーによると、動画は「くびかくご」という文字を表示した約9秒にわたるもので、アルバイト店員2人が店内で氷のようなものを投げたり、「やばい、絶対クビ」などと言ったりしている。別のアルバイト店員が撮影した。

 撮影時は営業時間中だったが、客はいなかったという。
引用:「msnニュース」より

この件では、いくらアルバイト店員しかいなかった状況だったとしても「ありえ無い、酷すぎる。」
と厳しい意見が多く集まっています。

その中には、今回の件では社員が不在でアルバイト店員に営業を任せっきりの会社の体制が悪いという意見もあるようです。

しかし、その一方で「会社側に落ち度はない、アルバイト店員に損害賠償を求めるべきだ」といった厳しい意見も出ているようです。

すき家のバイト店員は業務妨害で訴えられるのか?!

この場合は、いくらまだ学生だったり若い年代で責任感が薄かったと言っても、アルバイト店員だからといって許されてもいいのか・・・
という疑問が残ります。

もし被害が大きくなってしまえば、今回の問題を起こした「すき家」のアルバイト店員は業務妨害で訴えられてしまったりするのでしょうか。。

業務妨害で損害賠償はいくら?

今回の件では、関東地方の一店舗のみがアルバイト店員のおふざけによってこのような動画を配信し、会社のイメージダウンに繋がってしまいました。

さらに、これ以上この問題によって「すき家」が損害を被る事になれば損害賠償もあり得るのかもしれませんね。。

損害賠償(そんがいばいしょう)とは、不法行為により損害を受けた者(将来受けるはずだった利益を失った場合を含む)に対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをすること。適法な行為による損害の埋め合わせをする損失補償とは区別される。または埋め合わせとして交付される金銭または物品そのものを指すこともある。

損害賠償制度の目的としては損害の補填と将来の不法行為の抑止などが挙げられる。
引用:「ウィキペディア」より

損害賠償とは、「損害の補賃」と「将来の不法行為の抑圧」が一番の目的とされるようです。

ちなみに今回の例で言うと、この動画によって今後の「すき家」の売り上げが大幅に落ちてしまったりするのであれば、こういった可能性もあると言えそうです。

そういった場合の損害賠償はいったいいくらくらいになるのでしょうか?

そして、もしそうなってしまった場合には、この動画を撮影した店員と動画に映っている店員2人の合計3人についてどういった責任追及がなされるのかについても注目が集まりそうです。

「すき家」は牛丼チェーン店1位のブランド

ちなみに、大手牛丼チェーン店「すき家」は一体どのくらいの売り上げを年間出だしているのかを調べてみました。

引用:「牛丼チェーン売り上げランキング」より

調べてみると、なんと業界では「すき家」が堂々の第1位という結果になっていました。
これは最新の結果のようですが、パッと見でも2位の吉野家との差が倍近くもある事がわかります。

やはり「うまい、安い、早い」というクオリティーの高さが、ハッキリとしたデータとなって見て取れるわけですね。

そして、単純に「牛丼事業のみの売り上げデータ」の金額もハンパないです。

売上:1,701億円
店舗数:1,933店舗

牛丼ランキング第1位は「すき家」です。
すごい勢いで店舗数を伸ばしています。
国内だけではなく海外でもすき家を展開しています。

最近おいしくなったともっぱらの噂ですね。
すき家は「ゼンショー」という会社の牛丼事業です。

ゼンショーグループ全体としては売上高は「5,791億円」となります。
そのうちの「2,036億円」が牛丼の売上で、「なか卯」も含まれるのでそこから335億円を引いています。

決算説明資料を見ると牛丼の売上が好調なようです。
引用:「牛丼チェーン売り上げランキング」より

確かに、「すき家」は台湾などに旅行に行ってもよく見かけますし、マクドナルドくらいの勢いで、世界を股にかけている勢いがあります。

そういった意味では、急激に成長してきた店舗数の多さから社員を育成する時間も無かったのかもしれません。

結果、今回のような問題にも繋がるという・・・

 

この迷惑動画の拡散により営業妨害がどこまで拡がってしまうのか・・・
というところが、今後問題になっていきそうですね。。

この売り上げが、今回の件で例えば10%減額してしまったとしても、単純に計算してもその額は「1,701万円」もの損害です

となると、これは大きな損失だと考えられます。。
今後の売り上げ次第という事でしょうか。

動画を拡散した人の責任は・・・?

ただ、そうなった場合に、動画をツイッターで拡散した人もどうなるのだろうとも感じてしまいますが・・・

この辺りも、どうなっていくのか注目が集まりそうです。

どちらにせよ、動画をアップしている時点で意識の低さはあからさまなわけで、ちょっと言い訳のしようがありませんね。。

それにしても、こういった場合にはやはり会社に多くの被害が出てしまうわけで、お客さんがゼロで暇だったんでしょうが、勤務中にこんな動画を撮影するというのはあまりにも責任感がなさ過ぎると言われても仕方ないですね。

とは言えツイッターで拡散すれば、今の時代すぐに世界中に広まってしまうのは当たり前です。

そういったことも見越して拡散したのだとすれば、拡散してしまった人も少し悪意があるような気もしますが・・・

 

Sponsored Links

「くびかくご」動画についてまとめ

今回、業界最大手の牛丼チェーン店「すき家」のアルバイト店員による不祥事。

この迷惑動画の配信によって、いったいどのくらいの損失が出てしまうのでしょうか?
これについて、世間の反応としては「すき家」側には責任はなく、このアルバイト店員たちの意識の低さが原因という見方が強まっているようです。

確かに、この問題の動画を見れば「すき家」のイメージが悪くなるのはあからさまです。
今後どのようになっていくのかについても、注目が集まりそうです。

SNS社会においてのこのような問題は、数年前に一時期多く見られていました。
しかし、そういった問題について、最近また目立つようになってきたように感じられます。

また改めて、深く考え直すべきときに来ているのかもしれませんね。

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です