駒場東邦の理科室不倫スキャンダル発覚で今後の受験倍率どうなる?

大手進学校の「駒場東邦中学・高校」がいまスキャンダルなどがあったとして、話題になっています。

そもそも教師同士のイザコザから発展した問題が、校長先生の対応に発展し最終的に校長先生が更迭処分になるという・・・不思議な話なんですが。。

こういった「理科室不倫」などのスキャンダルが、今後の受験倍率などのにも影響が出るのではないかと心配されているようです。

それでは、詳しく調べてみたいと思います。

Sponsored Link

 

進学校大手の駒場東邦の「理科室不倫スキャンダル」発覚!

進学校大手の『駒場東邦中学・高校』で、昨年に起きた同校による「セクハラ問題」や「パワハラ」。。

ただ、この「セクハラ」については、もともと不倫関係にあった教師2人による問題から発展したようで。。

どうやら女性職員が関係のもつれから「セクハラ」と訴えただけのような雰囲気も否めないようなので、その場合であれば男性職員のみを謹慎処分にするのもどうなのか・・・

などとも、世間から話題になっているのです。

そしていま、非常に問題となっているのがその後の校長の不可解な対応・・・

さらには、校長が更迭処分になるなどと、いろいろと問題の多い学校ということで今後の倍率なども不安視されていたりと風評被害にも似た事態になっているという問題です。

毎年50名前後を東大に送り込み、「開成・麻布・武蔵」の御三家につぐ新・御三家の一つとして知られる進学校の駒場東邦中学校・高校。同校で、パワハラ、セクハラ問題が発生し、平野勲校長が退任することが「週刊文春」の取材でわかった。複数の教職員によれば、1月8日の職員会議で平野校長は「理事長の命令により、今年度いっぱいで校長を辞めることになりました」と説明し、事実上の更迭であることを明かした。

 スキャンダルが発覚したのは昨春のことだった。

「男性教諭のA氏からセクハラを受けたという女性職員の申し立てがあり、3月20日付でAさんは出勤停止1カ月の処分となりました。被害者と加害者の2人は飲み友達から不倫関係に発展。校内の理科準備室で逢瀬を重ねていたようで、“痴情のもつれ”の側面もあったようです」(職員)

 同時期にパワハラ疑惑も起きていた。

「前年度の入試に関する会議で『東大の合格者数が減ったのは指導に問題があったのでは』と発言した男性教諭B氏に対し、『私の指導が悪かったというんですか!』とある女性教諭がパワハラだと訴えたのです。内部調査でパワハラでは“シロ”と認定されましたが、B氏が生徒に対し、『いわれなき嫌疑をかけられた!』と暴露し、校長らの対応を批判したのです」(同前)

結局、処分理由は不明のまま、B氏は出勤停止処分に。それ以降、A氏、B氏の自宅謹慎が続いているという。

 ある学校関係者は、校長の対応に疑問の声を上げる。

「校内では、『A、Bに非はあるものの、1年近い謹慎はいくらなんでも重い』という意見が大半です。法人本部も校長に対し、『早く復職の計画を作るように』と指示しましたが、校長は何ら動くことはなかった。その不可解な対応を問題視し、理事長が校長更迭に踏み切ったのです」

「週刊文春」が平野校長に取材を申し込むと、一度は応じる姿勢を見せたものの、取材当日になり「そんなアポイントメントはありません」(応対した別の職員)とドタキャンした。その後、書面で質問状を送ったが、学校側が期日までに回答することはなかった。1月24日(木)発売の「週刊文春」では、職員会議での様子など校内の混乱も含め、詳報している。
引用:「msnニュース」より

 

それにしても、女性職員の言葉をそのまま受け取って男性職員は1年近く自宅謹慎というのも、不思議な話ではないでしょうか?

その対応については、校長が批判をされるのもわからなくもないです。

 

スキャンダルが発覚したのは昨春のことだった。

「男性教諭のA氏からセクハラを受けたという女性職員の申し立てがあり、3月20日付でAさんは出勤停止1カ月の処分となりました。被害者と加害者の2人は飲み友達から不倫関係に発展。校内の理科準備室で逢瀬を重ねていたようで、“痴情のもつれ”の側面もあったようです」(職員)

 

ただ、こういった恋愛のイザコザ(不倫関係ではあるけれど・・・)ならば、いっその事「喧嘩両成敗」でこの2人ともの責任ではないのかとも考えてしまうんですが・・・

「理科室不倫」についてのネット民の反応は?

それにしても、この理科室不倫って・・・(*゚д゚*)!

ドラマみたいですね。。
ちょっとどうしても良くない妄想に走ってしまうんですが・・・・笑🌸

つまり、話しを整理すると理科を専門に教えていた職員のところへ、女性職員がわざわざ会いに行ってイチャイチャしていたということになるんですよね。。笑

 

いやはや、それにしても「理科室不倫」はヤバいですね。。😊

そりゃ話題にもなるよねって話しなんですが、、今回の問題はなぜかそこから校長が対応がおかしいとして更迭処分を下されるというところなんです。

その上なぜか、話しが間違って解釈され「校長がパワハラ&セクハラした」みたいなことに一部ではなっているようで・・・

さらには、こういった問題が多い学校であるということが知られてしまったこと・・・

今後の流れや次期校長はいったいどんな方になるのか・・・

などなどについても、在校生はもちろんですがこれから入学を視野に動いていた受験生や、その親たちにとっては非常に気になるところではありますよね、、

まあ「男子校で中高一貫の駒場東邦」のブランドに傷がついたことは揺るがない事実なわけですが。。

日本全国いろんな学校があって校風や規則も多種多様ななかで、毎年東大合格者50名前後を排出する学校ですから、その規律は厳しそうですよね。

駒場東邦の今後の受験倍率どうなる?

ちなみに今までの倍率はこんな感じです☟

こんな感じで、ちょっとずつ受験倍率が落ちていますね、、
少子化問題だから??

ちょっと詳しいことはわかりませんが、現在の受験倍率については「2.1倍」あるようです。

今回の件で、やはり今後の人気に影響は出てくるのでしょうか?

更迭になった校長先生とは?

ちなみに更迭処分の下ってしまった問題の校長先生はというと、、

☝平野勲(ひらのいさお)先生

1956年東京都生まれ。早稲田大学教育学部理学科数学専修を卒業後、都内私立高校の数学科教諭として教鞭を執り、91年駒場東邦中学校・高等学校教諭に着任。進学指導係主任、教務部長などを歴任後、2011年中学校教頭を経て、13年第8代校長に就任。
引用:「有名中学校校長先生ロングインタビュー」より

プロフィールからすると、2013年から校長先生になられたようです。
そこから考えるとわずか6年だけ校長だったんですね・・・(゚o゚;)💦

受験倍率の表を見てみても2016年くらいから、いきなりドーンと倍率が落ちているような気がしますが、平野校長先生とも関係があるのでしょうか?

やはり、今回の件で校長が更迭処分になるのもよくわからないんですが、どうしてもこの「理科室不倫」というワードがパワー強すぎて・・・😨💦💦

そして一部では、校長先生はセクハラした訳じゃないのに、セクハラしたのが校長先生だったみたいに勘違いされてる感が強まってしまっています。

ちょっと文春やりやがった感ありますよね。。

どうしてもマスコミ側がいろいろと混乱させるような感じで、話しを掻き立てようとするところもあるので、風評被害チックになってしまわぬように。

その辺りが気になってしまうところではあります。
そりゃあ「理科室不倫」は格好のネタですが、笑

現在も通っていて必死で勉強している生徒もいてるわけで。。

 

Sponsored Link

駒場東邦のスキャンダルについてまとめ

今回のスキャンダルについて、処分は受けているとは言えこの当事者たちについては今後普通に職場復帰となるのでしょうか?

その辺りについても、やや疑問が残るニュースだったような・・・
ちょっとモヤモヤした内容に感じましたが、いかがだったでしょうか?

そして、今後の「駒場東邦中学・高校」はどのように展開していくのでしょう。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です