木嶋真優のヴァイオリンの値段は10億円?高嶋ちさ子のストラディバリウスと比較も!

木嶋真優,しゃべくり007

Sponsored Links

 

最近「しゃべくり007」などのテレビ出演が増え、持ち前のど天然キャラが炸裂している天才ヴァイオリニストの木嶋真優さん。

そんな木嶋真優さんの使用楽器とは、世界に約520挺(ちょう)しか現存していないという名器ストラディバリウス(ヴァイオリン)です。

なんと、相場が数億円~高額なものでは10億円とも言われているお高い楽器です。
当然、世界でも限られた人しか操ることの許されない楽器ということになります、、

そして正直ちょとやらしい話ですが、高嶋ちさ子さんの使用楽器とはどんな違いがあるのでしょうか?☺(笑)

というわけで、いろいろ調査をしてみたいと思います!

 

Sponsored Links

 

木嶋真優のストラディバリウス(ヴァイオリン)が10億円?

木嶋真優,しゃべくり007

「しゃべくり007」出演での木嶋真優さん、番組内でストラディバリウスを披露してくれる

木嶋真優/プロフィール

本名:木嶋真優(きしままゆ)

ストラディバリウス:1699年製 Petri(ペトリ)

出身地:兵庫県神戸市

生年月日:1986年12月13日

星座:射手座

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

 

さて、それでは木嶋真優さんのバイオリンの値段とは、いったいどのくらいするものなんでしょうか?

木嶋さん:だいたい相場は10億円くらい・・・
 

なんでも、以前「しゃべくり007」に出演されていたときには、「相場は10億円くらい」とおっしゃってました・・・。

めっちゃ高いやん・・・💦笑

とは言え、もちろんコレは木嶋さん個人で所有されているわけではなく、CoCo壱番屋(ココイチ)の創業者である『宗次德二(むねつぐ とくじ)さん』という方から貸してもらってるそう・・・!

そして、じつは木嶋真優さんのストラディバリウスは、10億円ではないかも知れないというウワサもあるようです。。

あくまでも相場ですからね。

*そのあたりの詳しい調査結果はあとの方に書いています。

 

Sponsored Links

高嶋ちさ子のヴァイオリン(ストラディバリウス)は2億円?!

高嶋ちさ子,ヴァイオリニスト

高嶋ちさ子/ヴァイオリニスト

高嶋ちさ子/プロフィール

本名:高嶋 知佐子(たかしまちさこ)

ストラディバリウス:年代不明 Lucy(ルーシー)

出身地:東京都

生年月日:1968年8月24日

星座:乙女座

所属事務所:株式会社 ジェイ・ツー

 

しかしなんと、さらに詳しく調べてみると、その一つ一つの値段は大きく違っていて、例えば高嶋ちさ子さんが使っている楽器は、2億円だという噂があります!

このうわさは以前、コンサート中にご本人が話していたということですから、おおかた正しいと考えられます。

ちなみに、高嶋さんは2億円の楽器を自腹切って購入されていますから、ヤバい・・・💦

 

【合わせて読みたい】
【木嶋真優】天才で美人なのに性格はド天然!スタイル良くて身長は低いってホント?

Sponsored Links

ストラディバリウスが”値段と音色は反比例”とは??

ストラディバリウス

ストラディバリウスって、なんでそんなに高いの?

さて、それでは、ここでちょっと気になるストラディバリウス(バイオリン)のお話を、、、

じつは、その”音色の良さと価格が反比例している”というマニアックすぎる豆知識をおさらいしていきたいと思います!

値段=美品

要するに、音が良ければ値段が高くなるわけではなくて、逆に値段が下がるという理不尽な話しがあります・・・(゜o゜;💦

それには、楽器特有のこんなわけがあって・・・👇

  • 使い込めば使い込むほどに、状態が良くなりさらに音色が良くなっていく
  • 楽器として演奏される機会が少なかったものは、美術品としての価値が高まり高額で取引される

そんな理由から、必ずしも値段が高ければいい音色が出るというわけではないようです。

つまり、木嶋真優さんが使用しているストラディバリウスの値段は、じつは10億円ではなくもっと安い可能性があります(いい意味で・・・💦)

 

Sponsored Links

ストラディバリウスのいろいろ値段例を調べてみた!

ロード,ストラディバリウス,Stradivarius

推定20億円と言われている名器「1722年製:ロード」

2018年に開催された、世界中のストラディバリウスを集めた企画展では、なんと推定20億円という破格の値段が付けられた名器も展示されていました。

この東京・六本木ヒルズで開催された展示品のなかでは最高額だったと言われています。

さてさて、木嶋真優さんいわく相場は10億円ということでしたが、おそらくこの値段は平均価格ということではないかな?と思います。

2億円だったり、4億円だったり、、20億円だったり・・・。

そもそも単位がおかしいので、よくわかりません(笑)

ストラディバリウスのいろいろ値段例

ちなみに、ストラディバリウスの黄金期と呼ばれているのが1700年~1725年製のもの。

  • 1722年製 ロード:20億円
  • 1721年製 レディ・ブラント:12億7500万円
  • 1699年製 (愛称??):2億1700万円 👈年代的には、木嶋真優さんの使用楽器と同じ!!
  • 年代不明 ルーシー(高嶋ちさ子さん所有):2億円
  • 1717年製 ハンマ(前澤友作ZOZO社長所有):価格非公開
  • 黄金期製 愛称不明:3億9000万円(2006年オークション落札価格)

調べてみると、同じ黄金期に作られたものでも状態などによって値段がかなり違うということです。

じつに奥が深いですね。。。
それにしても、値段の幅がありすぎてビビります・・・💦

 

【合わせて読みたい】
【木嶋真優】天才で美人なのに性格はド天然!スタイル良くて身長は低いってホント?

Sponsored Links

前澤友作(ZOZO社長)もストラディヴァリウスを購入!

ストラディバリウス,前澤友作

購入したストラディバリウスを披露する前澤友作氏(ZOZOTOWN社長)

そしてなんと、大手アパレル通販会社ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の社長として有名な、前澤友作氏もストラディバリウスを所有しています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I purchased Stradivari 1717 Violin “Hamma”. Like Basquiat painting, I would like to make it travel around the world to send its strong and delicate sound to children in every region and country it visits under cooperation from local musicians. #stradivarius #stradivari Sorry for my terrible first violin playing… — ‪1717年製のストラディヴァリウス「Hamma(ハンマ)」を買いました(8月12日の投稿のType 3がそれです)。バスキアと同じように、世界中を旅させ、現地音楽家の協力のもと、その地域や国々の子供たちの耳にその力強くも繊細な奇跡の音色を届けたいと思います。 #ストラディバリウス 初めてのヴァイオリン演奏に挑戦してみました笑。

Yusaku Maezawa (MZ)さん(@yusaku2020)がシェアした投稿 –

世界中を旅させ、現地音楽家の協力のもと、その地域や国々の子供たちの耳にその力強くも繊細な奇跡の音色を届けたいと思います。

👆こんな風にコメントされています。

さすがは、アートや音楽などの芸術全般について意識が高いですね!
ちなみにこの1717年製(黄金期)の「Hamma(ハンマ)」の値段については、公表さていません。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

My friend @davidaaroncarpenter used my #Stradivarius ‘Hamma’ to play ‘Clair de Lune’ with his brother @seancarpenter13 @lcarpent17 . That was so amazing!!! #dearMoon

Yusaku Maezawa (MZ)さん(@yusaku2020)がシェアした投稿 –

そして、この前澤社長のように「ストラディバリウスをより多くの人に聞かせたい!」という想いを持って購入した人によって才能ある若いアーティストたちが演奏する機会を得ることができるという仕組みのようです。

木嶋真優さんも、そのお一人というわけですね!

 

Sponsored Links

木嶋真優のヴァイオリン(ストラディバリウス)についてまとめ

木嶋真優,ヴァイオリニスト

木嶋真優:天才ヴァイオリニスト

今回は、日本を代表する天才バイオリニスト・木嶋真優さんの使用楽器であるストラディヴァリウス(ヴァイオリン)の値段について、詳しく調べてみました!

それにしても、だいたいの相場は10億円という高額な楽器ということですが、その価格と音色が比例しないと言われていたりと、マニアックすぎる楽器だということがわかりました。。

ちなみに、基本的になんでこんなに高いのかというと、製作者であるストラディバリとその息子2人以外に制作過程などを継承しなかったことで、そのあと誰も作ることができ無くなってしまったためなんだとか・・・(゜o゜;💦

調べれば調べるほど、スゴイ楽器です。笑

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です