【動画】中島美嘉”うたコン”歌唱力劣化?下手になった原因は病気との噂も

Sponsored Links

1月29日夜、音楽番組”うたコン”で中島美嘉さんの代表曲でもある「雪の華」を久しぶりに披露されました。

この歌声について、視聴者からは「歌唱力が落ちた」「声が伸びていない」「喉が潰れたよう」などの反応が多かったようです。

これについては、病気が原因なのではないかと考えられます。
一体それはどのような病気なのでしょうか?

Sponsored Links

 

中島美嘉「雪の華」を歌うも歌唱力が劣化?

2019年1月29日に放送されたうたコンでは、中島美嘉さんの代表曲である「雪の華」が披露されました。

この楽曲は2003年発表の曲ですが、長く愛され続けている事もあって、現在でも多くの人がカラオケなどでも歌われていたりと、人気の高い曲です。

それだけに、視聴者の期待も大きかったのでしょう

久しぶりの中島美嘉さんの歌声に「劣化した」「音痴になった」など厳しい反応が多かったようです。

こういった声は、批判的にも感じ取れますが、同時に発表された当時の「雪の華」がどれだけ人気だったかという事も、わかるような気がします。

デビューしてすぐのこの頃の歌声は、かなり評価が高く、中島美嘉さんのややハスキーな特徴的な歌声と「雪の華」という楽曲のイメージがピッタリと合っていました。

今回の歌声の変化にはなにか原因があるのでしょうか?

下手や音痴といった声多数!

今回のうたコンの出演で久しぶりに中島美嘉さんの歌声を耳にした人の多くは、なかなか厳しい反応を示している方が多いようです。

確かに、発表されてから10年以上も経っているので、普通に考えたら歌声に変化が訪れるのもムリもないような気がしますが・・・

やっぱり、ちょっと歌声が以前よりも伸びていないような気もしてしまいます。。

さまざまな反応がありますが、やはり2010年に発症してしまったあの病気が大いに関係していると考えられますね。

わたしも同世代でずっと「雪の華」は大好きな曲でカラオケでもよく歌う曲ですし、その難病と闘いながらも歌手としても活動をやめない中島美嘉さんはカッコいい女性だなと個人的には思います。

病気が原因との噂も。

中島美嘉さんは2010年に一度、病気によって活動を休止していた事がありました。

中島美嘉さんは、持病を持っていて、それが歌手としては致命的である病気だという噂があります。

この病気は【両側耳管開放症】というもので、その病気がまた悪化している可能性も考えられますね。

耳管開放症とは、耳と鼻・のどをつなぐ管(耳管)が開きっぱなしになるために起こる病気です。耳がふさがった感じがしたり(耳閉感)、自分の声・自分の呼吸音が耳に響いたり(自声強聴・自己呼吸音聴取)する病気です。不快な状態が続くと精神的にイライラしてきます。
引用:「たけむら耳鼻咽喉科クリニック」より

その持病の悪化により一時期活動を休止していた事がありましたが、今回の歌唱力の劣化についてはその辺りも関係していると考えられます。

そもそもこの持病のせいで、自分の歌声を”歌いながら聞き取りづらい”という事については、どれだけ歌手としてダメージが大きいか、中島さんが嫌というほど感じてきているでしょう。

それでも歌手としての活動をやめないという時点で、ある意味では「劣化した」「声が伸びていない」という反応がある事も覚悟の上だと思います。

この覚悟を持って、再びこういったメディアでの登場をしているのだとしたら、相当な勇気が必要だったと考えられます。

 

Sponsored Links

中島美嘉「雪の華」についてまとめ

音楽番組”うたコン”にて、久しぶりに「雪の華」を披露された、中島美嘉さん。

その歌声について、やや批判的な反応も多かったようです。

ただ、2010年に【両側耳管開放症】という病気を発症されている中島美嘉さんは、現在もその持病と闘いながらも歌手としての活動を続けられています。

そういった意味では、歌声について変化があるのも自信でも覚悟があっての上ということが感じ取れる気がします。

今後も中島美嘉さんの歌手としての活動を応援したいと感じました。

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です