三浦大知が式典なぜ?その理由と「歌声の響」歌詞の意味,沖縄出身で和製マイケルと噂も!

Sponsored Links

2019年2月24日、「天皇陛下御在位三十年記念式典」が東京・半蔵門にある国立劇場で開催されることが決まっています。

そして、それに伴い歌手の三浦大知さんがこの式典で記念演奏として「歌声の響」を歌唱することも決まりました。
この件について、多くの国民が驚きや戸惑いを感じているようです。

そんな訳で今回は、「三浦大知さんがなぜ選ばれたの?」という疑問について、どんな理由があるのかを考えてみたいと思います!

さらに、三浦大知さんは沖縄出身で、マイケル・ジャクソンが好きなよう(*゚д゚*)✨
その辺りの関係についても詳しく見てみたいと思います🔎

Sponsored Links

 

三浦大知が式典なぜ?

2019年2月24日「天皇陛下御在位30年の記念式典」が行われます。
当日は、東京・国立劇場にて開催が決定しており、三浦大知さんがその式典で歌を披露することも同時に決まっています。

その件に関しては、多くの民衆が戸惑いや驚きを感じているようで、ネットやツイッターなどSNSにも多くの意見が集まっているようです。

三浦大知さんといえば、2年連続で紅白歌合戦にも出場されるなど、いまや老若男女問わず幅広い世代に知られているアーティストです。

そんな三浦大知さんは、歌やダンスなども定評があり、ファンの間では「日本の中で一番優れたエンターテインメントを披露している」とまで評価している人もいるようです。

一体それには、どんな理由があるのでしょう(゚-゚)?

ちなみに式典にて披露される「歌声の響」という歌は、天皇陛下が作詞をされ、皇后さまが作曲された琉歌(沖縄の歌)です。

なぜ?嬉しいなど反応もざまざま

今回の三浦大知さんが選ばれたことに対しては、「なぜ?」という声が多かったようです。

きっと多くの方が、同じように「なぜ?」と疑問を感じたのではないでしょうか?

しかし、三浦大知さんを選ぶことで、今回の式典について多くの人が興味を持たれたということは、ある意味で良かったのかもしれません。

「歌声の響」歌詞の意味とは?

「歌声の響」は、1975年に天皇陛下が沖縄へ初めて行かれた際に出会われた、ハンセン病療養所の人たちが見送りの際に歌った「船出歌」がきっかけとなってできた歌だそう。

ハンセン病療養所に在園している方たちが合唱してくれた、船出歌「だんじょかれよし」の歌声の響きを聴きながら、陛下がこの詩を詠まれたのだそう。

その後、皇后陛下が曲をつけられて誕生したのがこの御歌です。

 

『歌声の響』歌詞全文

だんじよかれよしの 歌声の響

見送る笑顔 目にど残る

だんじょかれよしの 歌や湧うえがたん

ゆうな咲きゆる島 肝に残て

 

意訳

私たちの旅の安全を願うだんじよかれよしの 歌声がひびき,
見送ってくれた人々の笑顔が、いつまでの目に残っています。

私たちが立ち去ろうとすると だんじよかれよしの歌声が湧き上がりました。
ゆうなの花が、美しく咲いている島の人々のことがいつまでも心に残っています。
引用:沖縄復帰の証言より

 

「だんじょかれよし(ダンジュカリユシ)」とは、誠にめでたいという意味で、
この天皇陛下のご訪問に対する喜びをそのように表現したようです。

 

☝こちらに少しだけですが、「歌声の響」がどんな曲なのかがわかる画像が映っています。
(36秒くらいから合唱の映像に映ります)

独特の沖縄民謡の曲調が懐かしい気持ちにさせてくれるような気がします。

「船出歌」だんじょかれよしはどんな歌?

この「歌声の響」をお作りになられたきっかけとなった歌がこちらの画像で視聴できます。

当時の天皇陛下は、ご訪問されるのが初めてだったそうなので、
まだ聞き慣れていなかったこの琉歌(沖縄の歌)の独特の曲調には、たいへん感動されたことでしょうね。

なんとも言えない優しい響きがあります。

沖縄出身で和製マイケルと噂!

三浦大知さんのパフォーマンスについては、国内ではトップクラスとの評価をしている人も少なくないようです。

三浦大知さんは「唯一無二の存在でありたい」という想いから、見たことのないようなパフォーマンスをしたいという意識が高いようです。

そんな彼のパフォーマンスから、こんな風に言われていたりも・・・

三浦大知さんがFolder(フォルダー)というダンス&
ボーカルグループのメインボーカルをやっていた9歳の時に
MISIAさんが三浦大知さんの歌唱力とリズム感を評価して
和製マイケル・ジャクソンと称しました。

それから約20年たった今でも、歌唱力とダンスのレベルの高さから
そう呼ばれています。
作詞作曲、ダンスの振り付けが出来る所も理由だと思います。
引用:「ヤフー知恵袋」より

三浦大知さんが、「和製マイケル」と噂される所以にはこういった経緯があったんですね。

そして、今もなおマイケルのように「唯一無二の存在でありたい」という想いは、ずっと変わらないようです。

 

そんな三浦大知さんは、沖縄県出身ということで今回の琉歌を歌うアーティストとしては、非常に縁が深いと感じられます。

沖縄県出身の歌手って?

それでは、単純に沖縄県出身なら他にも候補はいるんじゃないの?
そんな風に思われる方も多いと思います。

男性で有名な沖縄県出身の歌手は、三浦大知さんの他にもGACKTさんやISSA(DA PUMP)さんもいらっしゃいますよね。

ただISSAさんの場合だと、高いパフォーマンスには定評がありますが、コレまでにもさまざまなスキャンダルがあったりと、どうしても少しチャラいイメージがあったりします。。

そして、GACKTさんは言わずと知れたビジュアル系。。
と言ってはダメなんだっけ(^0^;)?

というか、歌唱スタイルが違いすぎて想像できない感じがありますよね。

その辺りの要素から考えると、一番ニュートラルな存在と言えるのが三浦大知さんという存在ではないでしょうか。

そして、この2月の式典において、記念演奏をするもう一人の方が女性ということから、
こちらを男性アーティストで沖縄県出身というふうに選択したのではないのかなと推測されます。

琉歌(沖縄の歌)の独特の歌い方や曲調は、やはり県外のアーティストには難しいということもあるんでしょうか。。

三浦大知のパフォーマンスってスゴイの?

そして、2年連続で紅白歌合戦に出場するなど、その実力は徐々に多くの人々に知られていきます。

中でもとくに有名なのが、「無音ダンス」ですよね。

これ、言うなればずっとダッシュしながら大きな声で歌を歌っているのとおんなじなんです(*゚д゚*)!

そう考えると、このクオリティの高さにビックリしちゃいますよね。

三浦大知さんは、マイケル・ジャクソンのことをとてもリスペクトしています。
しかしそれは、単純にマイケル・ジャクソンそのものを真似てパフォーマンスを近付けるということではないようです。

マイケル・ジャクソンがずっと目指してきた、誰も見たこともないような「エンターテインメント」をするということにこだわり続けているのです。

そのため、三浦大知さんのパフォーマンスはいつも新鮮な感動や驚きがあるとファンの間では有名のようです。

 

Sponsored Links

三浦大知が式典なぜ?についてまとめ

今回は、天皇陛下、皇后陛下合作の「歌声の響」が作られた経緯などを歌詞の意味なども交えながら、探っていきました。

そしてさらには、沖縄県出身のアーティスト三浦大知さんが、この歌を式典で披露するということに至った経緯についても詳しく調べて行きました。

多くの人々がこの意外なコラボレーションに驚きましたが、
ある意味では、たくさんの人々にこの「歌声の響」という素晴らしい御歌を知ってもらえるキッカケとなったのではないでしょうか。

当日は、一体どんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうね。

今後の三浦大知さんのご活躍にも期待が高まります。

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です