前澤氏ツイッター休止の原因は月旅行?株価急落の理由や今後の復活は?

ZOZOTOWN社長,前澤友作

Sponsored Links

 

2月7日、ZOZO社長の前澤友作氏が自身のツイッターにて、ツイートをしばらく休止することを発表した。

以前から自身の公式Twitterで女優の剛力彩芽さんとの交際について公表したり、月旅行の計画をしたり…
最近では100万円×100人=1億円のお年玉企画をやってみたりと、さまざまな発言で世間を驚かせてきた前澤氏。

そんな前澤氏のツイートについては、非常にシビアな反応を示すユーザーも多く、以前から物議を醸していたようだ。

前澤友作,Twitter

2019年2月6日のツイート

そんな前澤氏がツイッター休止を発表する、前日6日の問題ツイートがこちら👆

このツイートに対して、「アパレル会社社長の立場として不適切なのでは??」と批判の声が多く集まったことが直接的な原因との見方もあるようだが…

この原因は一体どういったものが背景としてあったのだろうか?

一個人がツイッターをしばらく休むと言うのなら、正直どうでもいい話として済むのだが、以前からツイッターをこよなく愛していた大会社『ZOZO社長の前澤氏』が休止すると言っているのだから、よほどのことがあったのではないか?

前澤友作ツイッター

前澤氏のツイートより

などとついつい詮索してしまう。

ともかく、最近ますます株価が急落していて大変であり「本業に集中します」というか、集中しないとヤバイだろうことは容易に想像がつく。

その他、今後の『ZOZO経営』とか月旅行の計画への影響や、ツイッター復活はあるのか?
などなど、いろいろ勝手に考えてみたいと思う。

Sponsored Links

 

前澤氏ツイッター休止の原因はなに?

ZOZOTOWN社長,前澤友作

【ZOZO社長】前澤友作氏

2月7日のツイートにより、自身の公式ツイッターによる投稿を「しばらくお休みする」と公表した前澤氏。

この前日6日のツイートには、非常に多くの批判的なコメントが寄せられてしまい、ご本人の意図していた方向性とは真逆の方向に話が進んでしまった…

結局この問題となったツイートは削除されることに👇

前澤友作,Twitter

2019年2月6日のツイート

その後のツイートで、このようにコメント。

みんながカッコよく可愛くなれるファッションの未来を作りたい
引用:「前澤友作公式ツイッター」より

このコメントからも分かる通り、本来ならば問題となってしまったツイッターの反応をもとにして、アパレル業界の新たな形を考えたいという意図があったようで。。

まさかこんなにも批判的な反応が集まるとは、微塵も想像していなかったようである…。
という訳で、翌日7日には👇

本業に集中します。チャレンジは続きます。必ず結果を出します。しばらくツイッターはお休みさせてください🙇‍♂️
引用:「前澤友作公式ツイッター」より

となってしまったようだ。

なんと納税額70億円!!

前澤友作,ZOZO社長

前澤氏と言えば、昨年2018年10月のツイッターで納税額が”70億円”になるだろうとのコメントをしたりして、こちらについても様々な反応があったことが笑えた。

こういったシビアな反応からも分かる通り。
前澤さん、あなたは自分が思っている以上に影響力強いんだよ!!!」ということに尽きるのではないだろうか。

そして、それも自分なりに理解した上で、これまでのツイートをしてきたんだろうけれど…

前澤友作ツイッター

前澤氏のツイートより

前澤氏本人にとってみれば、息をするのと同じくらいの軽い感覚でツイートをしているんだろうけれど。
こんなどうでもいいツイートも非常に多いし、笑

しかし今やかなり影響力の強い人物として、世間では認識がされているようだ。
そして、その反応は現在マイナスのイメージが強くなっているような…

とにかく良いときはそっちに流れるし、悪いときは急に手のひらを返してしまう世の中。
それだけ注目が集まっているということを、今後いかにポジティブに変えていけるかが肝になっていくのではないだろうか。

 

Sponsored Links

ZOZO株価急落の理由は月旅行?!

前澤友作,Twitter

前澤友作氏「公式Twitter」

さて、話を戻すと。
前澤氏が不人気となってしまった要因の一つに、月旅行計画の件が挙げられるのではないだろうか。

実は、ZOZOの株価が下落していたのは昨年8月~9月の辺りだと考えられる。
7月に4875円だった株価は、10月には3215円にまで下がってしまったのである。

株価下落の直接的な引き金となったのは、ZOZOが発表した18年4-6月期決算
「本業の儲け」を示す営業利益が26%もの大幅減益(前年同期比)であることが判明。これまでZOZOの成長を信じてきた機関投資家たちが、突然のネガティブサプライズに慌てて、一斉に「ZOZO売り」を加速させたのだ。
引用:「カリスマ・前澤社長に最大危機のワケ」より

そして、この会社の一大事とも言える時期と丸かぶりな、9月18日午前10時「月旅行のチケットを購入した」という衝撃的なニュースが飛び込んできたのだ。

それは、会社としてではなく前澤氏の個人のお金で購入しているものであり、誰に文句を言われようが関係ないというのも理解できなくはないが。。

なんだか、会社が傾き始めているというコトに対して、無関心にも感じてしまう。

「前澤氏の月旅行は、2023年に決行予定です。前澤氏は私財を使って“6~8人のアーティストを一緒に連れて行く”と発表しました。宇宙から地球や月を眺めることで、何らかの芸術的なインスピレーションが得られるのではないかと考えているそうです」(前出・記者)
引用:「Newポストセブン」より

この計画については、お金の問題ではなく「アートや夢や感動のため」を目的としていて、月が昔から好きだった前澤氏は、この巨額のチケット代を「本気で感動をするため」に買ったようである。

👇”SpaceX”のイーロン・マスク氏も自身のツイートで、日本人との契約をしたことを表明している。

しかしこの、世間離れしすぎている『月旅行チケット』という大きな買い物が、ただの自慢だとか「お金が有り余ってるからって使い道おかしい…」とまた批判的な反応を仰ぐことに繋がったような。。

月旅行の費用はいくら?

そんな大注目の『月旅行チケット』のお値段はいくら?
ということで調べてみたら、またまたびっくり。

前澤氏と同乗メンバーを合わせて、費用は700億~1000億円かかると言われています。チケット1枚あたり、100億円というところでしょう。SpaceX社としては、宇宙旅行のチケット販売を商業化して収益を上げ、さらなる開発事業の資金にする考えのようです」(前出・記者)
引用:「Newポストセブン」より

ついていけなさ過ぎて、もはや笑っちゃう。

ちょっとスケールがデカすぎる、というよりは調子に乗りすぎ??
と思われても仕方ないのかもしれない。

しかしある意味では、『ZOZO』がここまで大きくなったのも前澤氏の、この前向きで子ども心を忘れないというポジティブ過ぎる精神力があったからこそ。

いろいろ叩かれて大変な時期ではあるが、ぜひ今後もそのポジティブマインドで前進していって欲しいと、個人的には密かに応援している。

 

Sponsored Links

前澤氏ツイッターの今後の復活はある?

前澤友作,ZOZO社長

前澤友作氏

さまざまなツイートが物議を醸していて、もはや収拾がつかない自体にまで発展してしまった【ZOZO社長】前澤氏。

7日にはツイッターを休止してしまったが、今後の復活はあるのだろうか?

👆なにげにインスタグラムもやっている前澤氏。
こちらの方では、あまり叩かれていない印象を受けるのだが、ツイッターはダメみたいですね…

 

ただの一個人としてのツイッターだった筈が、【ZOZO社長】という立場ともなると…
さまざまな反応があって大変そう。

ただ、新年の前澤氏の100万円×100人というお年玉企画に乗っかった人も多いことも事実である。
なんとそのリツイート数は、日本記録にもなるほどだったのだから、笑

ちなみに、このリツイート数は約470万件のものぼった。
つまり、ツイッター復活は少なくとも来年2020年の初めにはしておかなければいけないという事である、笑

そんなツイッター復活への期待にプレッシャーを感じながらも、「本業に集中する」ことを決めた前澤氏。

とにかく何がなんでも、一刻も早く汚名返上で業績を回復させたいところだろう。

 

Sponsored Links

前澤氏ツイッター休止についてまとめ

前澤友作

【ZOZO社長】前澤友作氏

2019年2月7日自身の公式ツイッターで『ツイートをしばらくお休みする』と発表した【ZOZO社長】の前澤友作氏。

この突然のツイッター休止については、どういった判断があったのだろう。
その理由としては”本業に集中します”といったコメントで締めくくっているが、真意の程は一体どのようなものがあったのだろうか?

そして、その風当たりが強くなった要因としては、2018年の『月旅行』騒動が思い当たる。

この『月旅行』についての契約を結んだという2018年9月辺りから、どうも世間の反応が以前にも増して手厳しくなっていったように感じられるのだ。

とにかく、ZOZOの業績が悪化している現状をなんとしても阻止しなければ、この『月旅行』もツイッター復活もあり得ないということは、確かなのでは無いだろうか。。

そんなわけで、今後の回復を応援しつつ、前澤氏の活動に注目していきたい。

 

Sponsored Links

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です