【動画】白石麻衣の演技力を確認!演技下手で棒読み?演技うまいとの声も!

白石麻衣さんといえば、人気アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで、現在は女優・モデルとして活動していますね。

アイドル時代からソロで活動をスタートし、女優として様々な作品に出演しています。

そんな白石麻衣さんですが、演技力について賛否両論あるようなんです。

今回は、白石麻衣さんの演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

白石麻衣は演技下手?棒読みや大根?世間の声と評判を調査

白石麻衣さんは2020年、中心メンバーとして活躍していた乃木坂46を卒業しました。

卒業後も女優として様々な作品に出演しており、バラエティ番組やYouTubeに挑戦したりと、アイドル時代とは異なる分野で幅広く活躍していますよね。

そんな白石麻衣さんですが、その演技力については「下手」という声もあるようです。

個人の主観もあると思いますが、現在放送中の「漂着者」は、「下手」「上手」どちらの意見もあるようです。

斎藤工さんが主演を務める金曜ナイトドラマ『漂着者』。白石麻衣さんは謎の漂着者に翻弄されつつ、不可解な事件を追う新聞記者・新谷詠美役を演じています。

白石麻衣さんが感情を露わにする場面に、ネット上では「上手」「引き込まれた」「美しい」という声があがっていました。

斎藤工さんが白石麻衣さんの涙を拭うシーンは必見です!

この物語は、とある地方の海岸に全裸の男性が漂着したところから始まります。男性は記憶がなく、自分が何者かも分かっていない謎の漂着者・ヘミングウェイ。

そのヘミングウェイが、世間を騒がせている事件を解決する予言をしたことで、だんだん人々から崇められる存在になっていきます。

白石麻衣さんが感情がたかぶって涙するシーンは「受け止めたい」「涙の演技素晴らしい!」との声があがっていました。

業界人でも、白石麻衣さんお演技は評判のようです。

「元乃木坂46のエースで、モデルや女優として活躍する白石麻衣さん。圧倒的な知名度と清楚なビジュアルを生かしてさまざま作品でヒロイン役を務めてきましたが、演技力もなかなかのモノ。今年の夏ドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、金曜午後11時15分~)では、謎の漂着者に翻弄されながらも不可解な事件を追う新聞記者役を務め、芯の通った正義感の強い女性を体当たりで演じており、ひきこまれました。」
Yahooニュースより引用

プロの目からみても、白石麻衣さんの演技は光るものがあるようです。

将来的には、米倉涼子さんや篠原涼子さん、戸田恵梨香さんといtった“強い女性”を演じられる女優になる可能性もあるとか。

ただ、まだ女優になってから経歴が浅く、代表作といえる作品が無いのが悩みどころ。

これから先、当たり役に恵まれるかどうかで、女優としての明暗が分かれるでしょうね。

バラエティ番組やYoutubeチャンネルではトーク力を発揮しているので、ラブコメディなども向いているかもしれません。

白石麻衣は演技うまい?動画で確認

白石麻衣さんは乃木坂46在籍中から、女優として徐々に活動をスタートしています。

その演技力には、「上手」「引き込まれた」という意見も多くあがっています。

大ヒット作の続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』では、映画初となるメインの役を演じ、女優としての可能性を感じさせました。

撮影中には初めて本気で“演技”と向き合い、アイドル卒業を決心したと話していました。

しかし、演技の道に進むためにはかなりハードルが高いのが現状です。白石麻衣よりも先に乃木坂46を卒業した生駒里奈さんや西野七瀬さんも、現在女優として活動しています。

しあし、まだ人気女優とは言えず、半女優半アイドルというポジションですね。

白石麻衣さんも卒業後は、プロの俳優たちと競うことになるため、かなりのスキルとポテンシャルがないと成功するのは難しいでしょう。

ネット上でもそんな白石に対し、「27歳から女優業w」「誰も生き残ってないのに何で抜けるんだろ」などの厳しい声が飛び交った。中には「舐められてんだよ俳優」といった“白石が俳優業を軽く見て挑戦を決めた”と感じるユーザーや、「千葉も成田も演技力について話してないような・・・」と、“演技に対する姿勢・覚悟”は褒めるも、肝心の白石の演技力に触れていないことを指摘する意見も飛び出した。
Yahooニュースより引用

『スマホを落としただけなのに』シリーズは、もしスマートフォンが悪意ある他人の手に渡ったら、という現代的な恐怖を描いた小説を原作としたサスペンス映画です。

『リング』シリーズで知られる中田秀夫監督がメガホンをとり、北川景子さんが主演を務めた第1作は大ヒットとなりました。

白石麻衣さんが演じた美乃里は、一般人で観客にリアルな恐怖をあたえるという重要な役どころ。

どちらかというとクールビューティーなイメージが強い白石麻衣さんですが、この映画ではリアルな演技をみせていました。

結婚に煮え切らない恋人への不満や、迫りくる恐怖に怯えたり、かなり人間味あふれるキャラクターになっています。

恐怖に怯えるシーンでは小刻みに震えながら顔を歪ませ、襲われるシーンでは体を揺さぶられながら白目を剥いたりと、限界まで振り切った体当たりの演技を見せた。加えて、自らが囮になることも厭わない強さも感じさせるなど、女優として様々な方向から役にアプローチしている。
Yahooニュースより引用

白石麻衣さんの演技にはまだ賛否両論あるようですが、着実に女優としてステップアップしているのがうかがえますね。

白石麻衣の演技力を確認!話題の演技と女優としての経歴は?

白石麻衣さんは群馬県出身の29歳。乃木坂46合同会社所属し、音楽専門学校進学後、アイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバーオーディションに挑戦しました。

モデルとして『LARME』『Ray』で活躍し、女優としても活動をスタートします。

出演作品は、映画『あさひなぐ』、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』、ドラマ『やれたかも委員会』『俺のスカート、どこ行った?』などがあります。

2020年、乃木坂46を卒業し、本格的に女優に専念します。

はじめて演技に挑戦したのは、映画『劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-』でした。

この作品は、2013年4月~6月にかけて放送された同名ドラマの続編で、SexyZoneの中島健人さんが初主演を務めています。

白石麻衣さんは、初めての演技に戸惑うことも多々あったそうですが、とても勉強になったと、今後の女優業に意欲的でした。

2016年9月22日公開の映画『闇金ウシジマくん Part3』では、ヒロインの新人タレント・麻生りな役を演じます。

本郷奏多さん演じる沢村真司とのキスシーンも披露し、ファンからは驚きの声があがっていました。

映画を見たファンからは、がっつりキスシーンがあってショックを受ける声もあがっていました。

白石麻衣さんは今回のキスシーンについては、「お芝居の一つです。」とあっさり。女優業については、「またやってみたい」「今回の演技は成長につながった」とこれまた意欲的でした。

その後、なぎなたを題材にしたエンターテインメント映画『あさひなぐ』に出演します。

この作品は乃木坂46のメンバーがメインキャストを務め、白石麻衣さんも主人公・東島旭(演:西野七瀬)が憧れる先輩の宮路真春役で出演しました。

白石麻衣さんが演じたのは、なぎなたの名人で、あまりにも厳しい指導で、練習の初日からくじけそうになったといいます。

なぎなたをやって出来るようになっていくと、だんだんと楽しくなっていって、最終的には全然苦ではなかったそうです。

また、2017年8月27日放送の『乃木坂工事中』では、「女優魂でダマしきれ!乃木坂46 演技力グランプリ」という企画がおこなわれました。

白石麻衣さんはチーム対抗戦で、番組MCをつとめる設楽統さんが出すお題をもとに、演技していきます。

白石麻衣さんが演じたのは、「激辛ラーメンを食べてるのは誰」というテーマ。

白石麻衣さんは辛いのが苦手だといい、あまりの辛さに「んふー?!」と声をあげ、足をバタつかせ小刻みに震えていました。

これには、相手チームも白石麻衣さんが本当に激辛ラーメンを食べていると判断しましたが、実はそれが演技だったことが明らかになります。

この演技力には一同騒然とし、白石麻衣さんの高い演技力がうかがえました。

このように、白石麻衣さんは乃木坂46の中でもかなり演技力が高く、女優として将来有望なことが分かります。

まとめ

今回は、白石麻衣さんの演技力について、紹介しました。

女優としての経歴は未だ浅いものの、作品ごとに存在感を発揮し、着実にステップアップしていることが分かりました。

演技の上手い・下手は賛否両論ありますが、これから当たり役があれば白石麻衣さんの演技力を世に知らしめることができそうですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です