【動画】西野七瀬は演技上手い!棒読みで下手との声も?経歴や演技力の評価を確認!

人気グループ・乃木坂46のセンターだった西野七瀬さん。アイドル卒業後も、女優やモデルとして大活躍中ですよね。

最近ではドラマや映画、CMと、メディアで見る機会も多い西野七瀬さんですが、その演技力には賛否両論あるようなんです。

今回は、西野七瀬さんの演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

【動画】西野七瀬は演技上手い!世間の声や評判も確認

西野七瀬さんは、乃木坂46時代から女優として活躍していました。

2019年に放送されたドラマ「あなたの番です」や、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがW主演を務めたドラマ「ハコヅメ~たたかう! 交番女子~」での演技も、記憶に新しいと思います。

実際、西野七瀬さんの演技が上手い!という意見も多くありました

2021年夏ドラマの「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」は、特に西野七瀬さんの演技が自然で良い!と評判だったようです。

西野七瀬さんは2018年に乃木坂46を卒業し、本格的に女優としてキャリアをスタートさせました。

ドラマ「あなたの番です」は、ストーリーのメインとなる人物を演じ、かなり話題になりましたね。

「ハコヅメ」でもメインキャストを演じ、映画「孤狼の血 LEVEL2」「鳩の撃退法」など、ドラマ以外にも多くの作品に出演しています。

「ハコヅメ」は、2021年7月7日より放送された「水曜ドラマ」で、主演は戸田恵梨香さんと永野芽郁さん。

交番勤務の女性警察官を、コミカルに描いている作品です。デコボココンビの奮闘ぶりが話題となり、西野七瀬さんは捜査一係の女刑事役を演じていました。

巡査長「牧高美和」役という、初の刑事役に挑戦した西野七瀬さん。このドラマでの演技力は、かなり賛否両論あったみたいですね。

演技が自然で好感が持てるという意見もあれば、豪華キャストの中で「西野七瀬だけ浮いてる」という意見もありました。

他の俳優陣が実力派で、コミカルな演技もできるメンバーばかりだったので、西野七瀬さんが悪目立ちしてしまう結果となったようです。

永野芽衣さんや戸田恵梨香さんといった、西野七瀬さんと年が近い女優が主演だったので、より演技力が比較されてしまったのかもしれません。

ただ、2020年7月16日~9月24日に放送された木曜劇場「アンサングシンデレラ」は、演技について「成長している」との声もありました。

このドラマは、石原さとみさん演じる病院薬剤師の主人公が、医療問題に向き合うストーリー。

西野七瀬さんが演じたのは、新人薬剤師・相原くるみ役です。中には「西野七瀬以外は良かった」という辛辣な意見もありましたが、「がんばってる」「あな番よりできている」という高評価もありました。

表情があまり変わらない役だったので、その独特な演技に疑問を持つ人が多かったみたいですね。

「あなたの番です」と比較すると、西野七瀬さんの演技は成長しているという意見がありましたので、着実にステップアップしているのですね。

西野七瀬の演技力を確認!棒読みで下手との声も?

西野七瀬さんといえば、2019年4月14日~2クールに渡って放送されたミステリードラマ「あなたの番です」での演技が注目されていましたよね。

このドラマは、マンション内で「交換殺人ゲーム」が起こり、次々と住民が巻き込まれていくミステリー。

西野七瀬さんが演じたのは、住民の一人である「黒島沙和」役。準主役級のポジションで、この作品で女優・西野七瀬を知ったという方も多いでしょう。

それほど重要な役を演じたため、演技への評価がかなり厳しかったみたいです。

「とにかく下手」「セリフが棒読み」という声も・・・この作品も多くのベテラン俳優が出演していたので、ほかの役者と比べられたのもあると思います。

本格的にドラマ出演するのが初めてだったということもあり、西野七瀬さんの演技だけ浮いてるのは否めませんね。

また、乃木坂46を卒業した西野七瀬さんを、売り出すための作品、という意見もありました。ほぼ新人扱いで準主役ということで、そのように思われるのも無理がないですね。

普通のドラマであればそこまで厳しい意見も出なかったかもしれませんが、「あなたの番です」は2期にまたがる長編でしたし、注目度の高い作品でした。

クライマックスを演じるキーマン役、そして視聴者の期待度がかなり高い、ということが重なって、少し物足りなさを感じた可能性はありますね。

前述した「ハコヅメ」は、西野七瀬さんの演技に賛否両論で、「そこまでヒドくない」「あな番よりうまくなっている」という声もありました。

女優として進化しているという意見もあり、以前より確実に演技力がついたようですね。

「アイドルグループ出身ということで、『演技はどうなの?』と先入観を持って見てしまう人も多いと思いますが、西野自身が持つ魅力を女優業に生かせれば、さらに良くなる可能性もあります。彼女、実はすごくサバサバした魅力があるんです大げさなリアクションでスタッフ受けを狙わないところは、ファンからも好感が持たれているはずです」
livedoorニュースより引用

また、西野七瀬さんの演技力については、滑舌の問題もありそうです。

以前司会をつとめた番組でも、西野七瀬さんがボソボソと話している、と批判を集めたことがありました。

「抑揚に乏しく、滑舌も今ひとつ。まだまだ下手と言わざるを得ない。『ハコヅメ』での永野芽郁の弾むような演技と比べると差が際立つ。同性支持が高かった白石に対し、熱烈な男性ファンに支えられてきた西野だけに男性視聴者の吸引力にはなっているが……」
Yahooニュースより引用

まあ滑舌は持って生まれたものもありますが、トレーニング次第で改善もされます。

たしかに西野七瀬さんは、もともと声が小さくて、あまり抑揚がないですよね。

滑舌の悪さは女優にとって致命的なので、トレーニングをしたほうが良いかもしれません。

西野七瀬さんも本格的に女優として活動し、セリフ回しをマスターすることで、滑舌の問題は解消されそうですね。

また、西野七瀬さんはセリフ回しに抑揚がなく、役になりきれていないという意見もありました。

自分の性格に近ければ、自然に演じることもできるでしょうが・・・西野七瀬さんはもともと大人しく、はっちゃけるタイプではないので、静かで表情があまり変わらない役が合いそうですけどね。

セリフについては「抑揚がないので棒読み」という、辛辣な意見もありました。

ただ、「あなたの番です」で演じた役は、闇を抱えていて、あまり喜怒哀楽を出さないような人物でした。

そのため、余計にセリフに抑揚がなく、表情の演技ができていないように感じたかもしれませんね。

西野七瀬さんははにかむような笑顔が魅力なので、意外とラブコメだったり明るい役が合うかもしれません。

「実際、評判の良い役もあります。auの『意識高すぎ!高杉くん』シリーズのCMでは、神木隆之介演じる高校生をかわいさでメロメロにさせる『貯杉先生』を演じていますが、SNS上では『西野七瀬というよりも貯杉先生が好き』『貯杉先生が出てきてからのシリーズが面白い』など、好意的な声が多いんです。今後もこの良さが発揮できれば、演技ももっと評価もされると思います」
Yahooニュースより引用

西野七瀬さんは、これまで実力派の役者陣と共演してきているので、実力差を感じてしまうのは無理もないと思います。

中には子役からキャリアを積み、本格的な演技レッスンを受けている人もいます。経験不足から、演技が下手に見えてしまうのでしょうね。

西野七瀬さんが本格的に女優として活動を始めてから、まだ数年しかたっていませんから、これからどんどん自然な演技になっていくでしょう。

反対に、短期間で演技ができるようになっているのは、すごいことだと思います。

また、西野七瀬さんは度胸があって、向上心も高いので、失敗を恐れないチャレンジ精神が、女優として成功するように思えます。

実際、「20代のうちにたくさん経験して苦労しておきたい」と話していますので、今はただ数をこなすのも大事ですね。

西野七瀬さんは、いまだアイドル扱いされることも多いようで、年齢的にも脱・アイドル&女優としての実力をつけるのが、今後の芸能活動において重要になってきそうですね。

西野七瀬の経歴まとめ!

大阪府大阪市平野区出身の西野七瀬さんは、両親と兄の4人家族のもと、生まれ育ちました。

西野七瀬さんの母親が、乃木坂46のオーディションに応募したことがきっかけで、芸能界入りを果たしました。

当時、西野七瀬さんは看護コースがある高校に通っていたのですが、乃木坂46に合格したことで、看護師になるのをあきらめています。

合格してから3ヶ月ほどは、平日は大阪の高校へ通い、週末は東京で仕事をする、というハードな生活をこなしていました。

そんな生活もだんだんきつくなったため、上京して日出高校に転校することになります。

しばらくは、乃木坂46のメンバーと一緒に寮生活をしていたそうですよ。上京してからますます忙しくなり、日出高校の卒業式にも出席できませんでした。

西野七瀬さんは大学に進学せず、芸能活動に専念しています。

高校卒業後、5作品のドラマに出演していますから、大学に通う余裕はなかったでしょうね。

2015年には、ファッション雑誌『non-no』の専属モデルにも抜擢され、女性からの支持も集めています。

また、2016年9月27日に発売されたた写真集『風を着替えて』は、オリコン写真集部門で年間1位を獲得しました。

その後、2018年12月に放送された「NHK紅白歌合戦」にて、乃木坂46を卒業することを発表しました。

西野七瀬さんは、女優について、自身の考えを話しています。

「自分の中での理想像がきっと高くて。だけど、卒業してひとりになって、役者というお仕事をし始めたら、それを崩さなきゃいけないし、もっといろんな表情のバリエーションを見せられるようになんなきゃと思って、今も進行形で『もっとできるようにならないとな』って思っています」
Yahooニュースより引用

自身の演技力について、表情のバリエーションに課題を感じているようですね。

「もっとできるようにならないと」と感じているようですから、今後の成長に期待したいですね!

まとめ

今回は、西野七瀬さんの演技力について、紹介しました。

まだ女優としてのキャリアが短いということもあり、その演技力には賛否両論あるようです。

ただ、最初のころ出演した「あなたの番です」と比較すると、演技力に成長がみられるということで、伸びしろは十分にありそうです。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です