【動画】目黒蓮は演技下手?経歴や演技力の評価を確認!

アクロバットなダンスパフォーマンスが魅力のジャニーズアイドルグループ・SnowMan。

中心メンバーとして活躍している目黒蓮さんは、歌もダンスももちろんのこと、その演技力も注目を集めていますよね。

世間では、目黒蓮さんの演技力について、どのような評価になっているのでしょうか?

今回は、目黒蓮の演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

目黒蓮の演技力を確認!世間の声や評判も調査

目黒蓮さんは、「演技が上手い若手ジャニーズランキング」にも選ばれるほど、その演技力に注目が集まっています。

最近ですと、ドラマ「教場Ⅱ」の出演で、大きな注目を集めましたね。

とてもクールで知的な役柄がハマっており、表情の演技がとても自然で上手でした。

世間でも、目黒蓮さんの演技力に注目が集まっているようです。

目黒蓮さんは目の動きや表情で、見るものを引き込む力がありますから、今後は俳優としての活動が増えていくでしょう。

目黒蓮さんの演技力については、『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』のときも称賛の声があがっていました。

目黒蓮さんは人気演目の「鼠小僧次郎吉」において、百人斬りを目指す盗賊・半兵衛を演じています。

目黒蓮さんは、スクリーン用に細かな表情や目つき、セリフの抑揚など、残虐な盗賊を見事に演じていました。

Snow Manは向井康二や宮舘涼太をはじめとして演技力に定評のあるメンバーが多いが、目黒の成長は際立って目を引いた。
またSnow Manに加入したばかりの頃、『滝沢歌舞伎2019』の練習でも、当時は別のユニットにも所属し、嵐のツアーのバックを務めていたため皆と稽古に参加することができなかった。しかし目黒はツアーから戻り、そのまま朝まで動画を見て振付をマスターした努力家である。
CINEMANEWSより引用

目黒蓮さんは、グループ内でも1、2位を争う努力家だそうです。

デビューが決定したときも、ハードスケジュールをこなしながら、「めちゃめちゃ楽しい」と笑顔で語っていました。

「教場Ⅱ」で共演した木村拓哉さんも、目黒蓮さんについて「真面目だし、もっと色んな役をやってほしい」と話していました。

アイドルとしての活動がメインではありますが、俳優として、今後の活動が期待されますね。

目黒蓮さんが「教場Ⅱ」で演じた役は、とても真面目で、堅物な杣役。問題児だらけの警察学校の中で、杣は特に何を考えているのか分からない役でした。

しかし、杣は実はとても熱い男で、内に秘めた優しさがありました。目黒蓮さんは杣を演じるにあたり、相当研究したのでしょうね。

また、演じるにあたり、キリッと背筋を伸ばして姿勢を正すことを心がけたそうです。中には、ジャニーズと知って驚いた!という意見もありました。

また、目黒蓮さんが所属している「SnowMan」は、ジャニーズの中でも歌唱力とダンスが平均以上のスキルがある、と言われています。

つまり目黒蓮さんは、歌もダンスも上手で、さらに演技力もある・・・そしてスタイル抜群でモデルもこなすという、完璧すぎる方なのですね。

【動画】目黒蓮は演技下手?世間の声や評判も調査!

目黒蓮さんは歌やダンスよりも、演技の評価が高いというのが実情のようです。

やはり、「滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie」で見せた演技と、「教場Ⅱ」で注目を集めたのが大きかったようですね。

“Snow Manは向井康二や宮舘涼太をはじめとして演技力に定評のあるメンバーが多いが、目黒の成長は際立って目を引いた。滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movieでは他のメンバーも映像を意識した演技であったのだが、目黒のそれは群を抜いていた。細かな表情や目つきに加え、セリフのトーンにハッキリと抑揚をつけることで、冷酷な盗賊の凄みを表現していた。”
リアルサウンドより引用

そんな中でも、目黒蓮さんの演技が「下手」という意見があるようです。

ただ、具体的にどういうシーンを見て下手と言っているのが判断できないですね。圧倒的に「上手」という声が多いので、見る人の主観によるのでしょうか。

また、目黒蓮さんは現場での評判もかなり良いそうです。

イケメンですらりと背が高く、チャラチャラしているように見られがちですが、滝沢秀明さんいわく「困ったときの目黒」とのこと。

「滝沢歌舞伎2017」で、目黒蓮さんがケガをしたジュニアの代わりに出演したのですが、一晩で振り付けを覚えて、完璧に覚えてきたそうです。

木村拓哉さんも、「現場に俺より先に入るのは目黒だけ」と話していました。とても真面目で、仕事熱心なんですね。

若くて努力家ということなので、今後俳優として一流になれるポテンシャルを持っていますね!

目黒連の経歴まとめ!

東京都出身の目黒蓮さんは、東京都目黒区立大森第四中学校時代は、サッカーチームで主力選手だったそうです。

ポジションはフォワードで、学校内にファンクラブができるほどモテモテだったそうですよ。

そして、中学校2年生のときにオーディションに合格し、ジャニーズ事務所に入所します。

いとこのお姉さんが事務所に履歴書を送ったそうで、同期には佐藤勝利さんや、神宮寺勇太さん、岩橋玄樹さんらがいました。

佐藤勝利さんのように有望メンバーが多く、目黒蓮さんは「自分はなかなかデビューできないのでは・・・」と感じたそうです。

入所してからすぐに「ジャPAニーズHi!School」に参加し、バックダンサーとして活動を始めました。

目黒蓮さんは当初から滝沢秀明さんに憧れていたそうで、「お前は熱すぎて面倒くさい」と言われるほどだったそうです。

ただ、滝沢秀明さんからの信頼が厚く、滝沢歌舞伎の代役に指名されるほどでした。

目黒蓮さんは、当初から裏方の仕事を率先しておこなっていたので、周りからの評価も高かったようですね。

「Snow Man」へ電撃加入したのも、滝沢秀明さんのプッシュがあったからと言われています。

中学卒業後、高校では引き続き「ジャPAニーズHi!School」に所属し、よく「KIS-My-FT2」のバックダンサーをしていました。

ただ、選抜メンバーから外れることもあり、ジャニーズ事務所を辞めようと考えたこともありました。

高校3年生のときには、岸優太さん主演のドラマ「お兄ちゃん、ガチャ」にて、俳優デビューも果たしています。

高校卒業後は、城西国際大学に進学し、主に「嵐」のバックダンサーとして活動しました。

大学2年生のときには、山本亮太さんや江田剛さん、松本幸大さん、原嘉孝さんと「宇宙Six」を結成します。

「宇宙Six」はメジャーデビューも噂されたのですが、もろもろの事情で2020年10月に解散しました。

大学卒業直前に「宇宙Six」を脱退し、「Snow Man」へ電撃加入が発表されます。

ほかにも、男性ファッション誌「FINEBOYS」でモデル活動しており、俳優・モデルとマルチに活動しています。

まとめ

今回は、目黒蓮さんの演技力について、紹介しました。

目黒蓮さんはまだ出演した作品が少ないですが、「教場Ⅱ」など話題作への出演で注目を集めていますね。

その徹底した役作りや、表情の演技が魅力的なので、今後ますます俳優として活躍していきそうです。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です