柳楽優弥の学歴まとめ!出身中学校はどこ?出身高校は堀越高校!

柳楽優弥さんといえば、実力派俳優として知られており、子役時代からその演技力と圧倒的な存在感を発揮していましたよね。

そんな柳楽優弥さんですが、どのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか。

そこには私たちが想像もつかないような、苦悩の日々があったようです。

今回は、柳楽優弥さんの学歴について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

柳楽優弥の学歴を確認!出身中学校はどこ?

東京都出身の柳楽優弥さんは、地元にある東大和市立第二小学校出身です。

家族構成は両親と妹の4人だそうです。

柳楽優弥さんの家族については、ほとんど情報が無いのですが、インタビューで、「エヴァンゲリオンは俺の妹も大好き」と話していたそうです。

また、映画「銀魂」の土方十四郎役に決まった際は、「(妹から)今までで一番尊敬する」と言われたというエピソードを話していました。

柳楽優弥さんは、小学生のときからサッカーをしていて、東京都の大会に出場した経験もあります。

小学校6年生の時にはジャニーズ事務所に履歴書を送付し、書類選考は通過したのですが、返答があったのが1年後だったそうで、既に芸能事務所へ所属していました。

もしタイミングが合えば、柳楽優弥さんがジャニーズ事務所に入っていたかもしれませんね。

当時はTOKIOの長瀬智也さんに憧れて、自分で履歴書を送付したそうですよ。

小学校卒業後、柳楽優弥さんは東大和市立校第二中学校に進学しました。

中学時代はサッカー部に所属し、プロサッカー選手になることを夢見ていました。

中学時代は、どちらかというと目立ちたがり屋な性格だったそうですよ。

柳楽優弥さんは中学1年生とのきに、芸能事務所のオーディションに応募して芸能界入りを果たしています。

芸能事務所に応募したきっかけは、同級生が芸能事務所に所属してドラマ出演していたことだったそうです。

「休みの日に友達みんなで観ていて、すごく盛り上がったことがあって、『これだ!』と思ってしまったんです。勢いで母親に相談してオーディションを受けて、僕も事務所に入ったのですが、映画デビュー作がシリアステイストの作品だったので…」
芸能人学歴.comより引用

そして、中学2年生で出演した押尾学さん主演のドラマ「クニミツの政」が、俳優デビュー作となりました。

中学3年生の2004年には、映画「誰も知らない」で主役に抜擢されます。この作品で、第57回カンヌ国際映画祭の主演男優賞受賞をしました。

柳楽優弥さんは当時14歳で、史上最年少での受賞かつ、日本人では初受賞でした。

「僕としては当時すばらしい賞をいただいたという実感よりも、『何かすごいことが起こってしまった』という感じだったのを覚えています。幼いながらも、俳優やエンターテイメントの仕事にあこがれて自分からこの世界に入ったので、本当はとてもうれしいはずではあったのですが……。」
女性自身より引用

柳楽優弥さんのキャパを超える出来事だったので、世間の評価と自分の気持ちのギャップに、戸惑っていたようです。

柳楽優弥の出身高校は堀越高校!高校時代の画像を確認!

柳楽優弥さんは中学卒業後、堀越高校に進学しました。

小学生のときから芸能活動をしていたため、学業と両立しやすいように、堀越高校トレイトコースに進学しました。

この高校では、ジャニーズの薮宏太さんや、黒川智花さん、垣内彩未さんと同級生だったそうです。

「誰も知らない」出演後も、「星になった少年」「ジーニアス・パーティー」「シュガースパイス」などの主演映画に立て続けに出演していました。

高校1年生のときに、1学年先輩だった豊田エリーさんと出会い、一目惚れをしています。

堀越高校は恋愛禁止なのですが、極秘交際をしていたそうです。校内では一切話さず、一緒にいるときも別々に歩いたりしていたそうですよ。

そのため、柳楽優弥さんと豊田エリーさんの交際は、卒業するまで誰にもバレませんでした。

柳楽優弥さんは中学3年生で世界的に注目されたことで、天狗になってしまったそうです。

「だからもう、天狗(てんぐ)なんてもんじゃない。わがままで生意気でした。ガキのくせして『やる意味がない』とか言って偉そうに仕事を断ったりして。それによって周りに迷惑をかけていることにもまったく気づいていませんでした。」
女性自身より引用

しかし、高校生活は決して順風満帆ではなく、カンヌ受賞からのプレッシャーから、だんだん引きこもりになってしまいます。

また、役者として理想の自分とはかけ離れていることから、日々ストレスを感じ、過食で82kgまで激太りしてしまいます。

この後2年間ほどスランプに陥って、メディアへの露出が減り、高校も中退してしまいます。

そんな柳楽優弥さんを支えたのが、豊田エリーさんでした。

豊田エリーさんの支えがあったからこそ、一念発起してダイエットにも成功し、仕事も徐々に増えていきます。

柳楽優弥の最終学歴は?大学には進学した?

高校中退後、柳楽優弥さんは通信制の高校に編入し、卒業資格を取得しています。

その後、19歳で豊田エリーさんと結婚し、一児のパパになりました。

しかし、復帰してすぐはほとんど仕事がなく、豊田エリーさんと子供を支えるため、カーディーラーと居酒屋でアルバイトをしていました。

そのため、大学などには進学していないようですね。

柳楽優弥さんは、20歳のときに出演した映画「すべては海になる」の主演に抜擢され、本格的に役者復帰しています。

ドラマでは2014年の「アオイホノオ」で連続ドラマ初主演を果たし、「闇金ウシジマくん」「HK変態仮面」「銀魂」といった話題作に出演します。

2015年に朝ドラ「まれ」で出演シーンは少ないものの、イケメンに成長した姿に世の女子が大騒ぎになりました。

また、2017年に出演した「ゆとりですがなにか」に出演し、癖のある役も上手に演じ切る俳優というのを見せつけましたね。

まとめ

今回は、柳楽優弥さんの学歴について、紹介しました。

地元にある東大和の学校に通い、高校からは堀越高校に進学したものの、中退して通信制の高校に通っていました。

10代はかなり波乱万丈だったようですが、見事復帰して再び俳優としてブレイクしていますね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です