【画像】斎藤工の中学・高校の卒アルを確認!学生時代の部活はサッカー?

斎藤工さんといえば、映画やドラマ、CMと多くの作品に出演していますよね。

大人の色気を醸し出し、男女問わず人気を集めています。

そんな斎藤工さんですが、卒アルなど学生時代の姿が気になりますよね。

今回は、斎藤工さんの卒アル画像について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

斎藤工の中学の卒アルを確認!画像

斎藤工さんの卒アル画像がとても気になりますが、残念ながら中高ともに公開されていないようです。

高校時代はモデルとして活動していたので、当時の写真はあるようですが、中学時代の写真は無いみたいですね。

斎藤工さんの本名は芸名とおなじく「斎藤工」なのですが、高校生時代には「TAKUMI」名義でモデル活動していました。

俳優に転身するにあたり、本名に戻したようですね。

斎藤工さんは、1994年に世田谷区立世田谷中学校に入学し、1997年に卒業しています。

父の影響で映画漬けの毎日を送っていた斎藤工さんは、中学生のころからシナリオを書いていました。

最初は映画を作ってみたいと思い、中学生のときからシナリオを書いていたそうです。

斎藤工さんの父親は、東北新社という映画関係の会社につとめていたようで、番組の終了時に流れる『エンドクレジット』に、父親の名前があることに感動していました。

映画が好きということもりますが、斎藤工さんは父親にあこがれを抱いていたようですね。

中学時代には俳優業に興味を持ちはじめ、中学3年生のときにプロダクションや大手出版社へ単身で飛び込み営業をかけます。

その結果、モデル事務所に所属することになりました。

【画像】斎藤工の高校の卒アルを確認!エピソードも!

斎藤工さんは1997年に日本学園高等学校普通科へ入学し、2000年に卒業しています。

当時はモデルから俳優に転身する人が多く、斎藤工さんはファッション雑誌に電話をして、雑誌社からモデル事務所を紹介してもらったそうです。

モデルとして活動をした際はまだ高校生だったのですが、10代にしてなかなかの色気をはなっていました。

ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』『POPEYE』などに登場し、『TAKUMI』名義で活躍していました。

どちらかというと中性的で、大人の色気を醸し出していますね。

また、沢木耕太郎氏の『深夜特急』を読んで感銘し、アジアを実際に見たかったため、バックパッカーで旅をします。

タイなど訪れた先でモデル事務所に登録し、旅行費をまかなうという生活をしていました。

ヨーロッパにも訪れ、ロンドンやパリ、ミラノでもモデルに登録し、のちにパリコレに出演しています。

高校生にしてすでにかなりセクシーでしたから、恋愛方面でも同級生ができないような体験をしています。

斎藤工さんの初めての彼女は、なんと10歳年上!高校生の10歳年上ですから、立派な社会人になっている女性だったのでしょうね。

斎藤工さんが『ボクらの時代』に出演した際に、このエピソードを話していました。

「彼女の環境が刺激的でカッコよかった」そうで、高校生では経験できないような大人の魅力あふれる女性だったのでしょう。

斎藤工さんは彼女に依存して、5、6年も付き合ったそうです。色々調教してもらったのかもしれませんね。

高校時代は、レンタルビデオ店でアルバイトをしており、『あ行』から順番に店中のビデオを見尽くしたそうです。

斎藤工さんはあまり勉強が得意ではなかったみたいで、大河ドラマ『八重の桜』の撮影時に、斎藤工さんの演技ノートが話題になりました。


“毎回が本番だと思え”どメモされていたのですが、あまりにも誤字が多すぎて話題になってしまったようです。

“本音”を“本根”と書いたり、10箇所以上誤字があったそうです。

“程度”のことを“定度”としたり、建前の前は“草かんむり”と存在しない漢字を作ったり・・・

海外を放浪して英語も得意な斎藤工さんですが、日本語や感じは少々苦手なのかもしれません。

斎藤工の学生時代の部活はサッカー?画像

斎藤工さんの出身高校は、日本学園高校という男子校です。世田谷区の下北沢近くにある高校だそうです。

幼少期からサッカーをしていた斎藤工さんですが、サッカーをしていたのは中学までで、日本学園高校ではサッカー部に所属していなかったようです。

日本学園高校はサッカーの強豪校だったのですが、高校時代は映画や役者の方に興味がわいたようですね。

斎藤工さんは少年期を振り返り、「中学時代はサッカー部で毎日部活だった」と話していました。

高校は男子校なので、 甘酸っぱい思い出といえば、女の子と一緒に帰るのが最大のイベントでした。

多感な時ということもあり、ひとつひとつの記憶を鮮明に覚えている。
“下駄箱の前で憧れの先輩と話したな”とか、そんな些細なことに敏感になる時期は貴重だなって思います。
ディーウオールより引用

子供の頃からずっとサッカー少年で、特にJリーグの横浜F・マリノスの大ファンだったそうです。

80年代からずっとマリノスのサポーターで、若手俳優時代はレッド吉田さんから「腐るなよ、腐らずに続けていれば絶対どうにかなる」と励まされていました。

中学校はサッカーの強い地元の公立中学校に進学し、現在でも区大会の上位に進出するほどです。 斎藤さんも中学時代はサッカー部に所属して、熱心に部活動に取り組んでいます。

中学校はサッカーの強い地元の公立中学校・世田谷区立世田谷中学校に進学しています。

この中学校は伝統的にサッカー部が強豪で、現在でも区大会の上位に進出しています。

中学時代はひたすらサッカーに明け暮れていた斎藤工さん。

過去にデヴィット・ベッカム氏が来日したパーティーでは、ド世代なのでベッカム氏と会話できたことに感激していました。

まとめ

今回は、斎藤工さんの卒アル画像について、紹介しました。

残念ながら中高ともに卒アル画像は公開されていませんでした。高校のときからすでにモデルとして活動しており、かなり色気を放っていましたね。

中学まではサッカー部でサッカー漬けの毎日を送っていたようです。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です