斎藤工の家族構成や兄弟を確認!姉は歌手で両親は臼杵でカフェを経営?画像

大人の色気たっぷりのオーラで、女性を中心に人気を集めている斎藤工さん。

俳優としてはもちろん、映画監督やモデル、デザイナーなどマルチに活躍していますね。

そんな斎藤工さんですが、家族構成が気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、斎藤工さんの家族構成について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

斎藤工の家族構成を確認!

斎藤工さんは、1981年8月22日に東京都港区で誕生しました。

家族構成は、両親と2歳年上の姉の4人です。

ちなみに斎藤工は本名なのですが、漢字は『齊藤工』だそうです。

父はもともと『東北新社』といって、映像制作・配給する会社に勤めていました。退職後には、ご両親で世田谷区三軒茶屋でレストランを開業しています。

現在は、大分県臼杵市に移転しているようですね。

幼少期の斎藤工さんは、映画に触れる機会が多く、おさないころから映画を観ることが日課になっていました

頻繁に映画館にも通っており、中学生になるころには、役者を職業にしようと考え始めます。

父が映像会社に勤めていたのも、影響が大きそうですね。

斎藤工の両親はどんな人?臼杵でカフェを経営との噂も!画像

斎藤工さんの父親は、「東北新社」に勤めるサラリーマンでした

斎藤工さんは実家について、「「衣食住」のように映画が生活の中に溶け込んでいた」と話しています。

ひんぱんに映画館に通い、家ではひたすら映画のビデオを見て育ったそうです。

そんな斎藤工さんの両親は、放浪癖があるとか。

「両親は放浪癖があり、メキシコに行っていた」「グアテマラに住んでいた」という衝撃的な発言もしていました。

父親についていって母親も行っていたそうですから、すごい行動力ですよね。

父はある日会社を辞めて、三軒茶屋で「食堂デリカッテ」というアジア・エスニック料理のお店をオープンさせます。

放浪した先で食べた料理を再現し、お店で振る舞っていたそうです。ご両親の明るい人柄も人気で、繁盛店となりました。

斎藤工さんの父親は元俳優という噂もあったのですが、映像制作会社に勤めていたことから噂につながったみたいですね。

映画製作や映画の配給を手掛ける会社で、『ひつじのショーン』や『サンダーバード』などの映画も手掛けています。

東北新社は東京の赤坂に本社ビルがあり、年商600億円の大手企業です。

このような映画製作・配給を手掛けている大手会社に勤めていたということで、かなりの年収を稼いでいたのではないでしょうか。

退職後オープンさせた『食堂デリカッテ』は、イスラエル料理がメインで、ほかにも中近東の料理を多く取り扱っていました。

ケバブライスやビーフブルギニヨンといった、日本ではあまり馴染みのない料理が多いですね。

以前、川村ひかるさんが「某有名俳優のご両親がオーナー」とこのレストランを紹介し、そこから斎藤工さんのご両親という事が発覚しました。

三軒茶屋の『食堂デリカッテ』に訪れたお客さんが、斎藤工さんのご両親であることをSNSで拡散し、一気に有名になったみたいですね。

食べログにも掲載されており、口コミの評価はかなり良いようです。

中近東の料理やケバブは羊肉を使用していますが、臭みが強いため日本人向けに豚肉を使ったりと、アレンジをしています。

ケバブはトルコ料理で、トルコではイスラム教にそって豚肉は食べませんが、日本人には豚肉はなじみ深いですね。

『食堂デリカッテ』は当初小田急線の豪徳寺駅近くにあったようですが、リニューアルオープンして三軒茶屋に移転しました。

斎藤工さんは港区生まれですが、三軒茶屋付近にも住んでいたかもしれません。

そして、『食堂デリカッテ』は、2016年2月26日をもって閉店しています。

現在は、大分県臼杵市大字二王座131にある『古民家カフェCafe Delicatte(カフェ・デリカッテ)』を経営しています。

三軒茶屋時代は近くい実家もあり、斎藤工さんが有名になったことで、迷惑行為も起きていたそうです。

実際に両親と会ったことがある笑福亭鶴瓶さんは、「大分に住み着いて、そこでお店しようかって言っていたで」と裏話をすると、斎藤も「そうなんですよ、たまに土地を探していたりして。僕も大分に通えないかな、なんて思っているんです」と返す一幕も。
どうやら今回の移転は、数年越しの夢が叶ったということでもあるらしい。
週刊女性PRIMEより引用

実家は一時期表札を変えたりして、迷惑行為に悩んでいたようです。大分に引っ越す予定があったので、良い機会にお店をたたんだようです。

斎藤工さんの実家に『ピンポンダッシュ』をしたり、写真を許可なく撮っていく人が続出したため、表札も母方のものに変えざるを得なくなります。

そのようなこともあり、斎藤工さんの姉が嫁いだ大分県臼杵市内へ引っ越したようですね。

新しくオープンした『Cafe デリカッテ』は、和モダンなオシャレなお店。こちらでも多国籍料理を提供しており、連日お客さんで満員だそうです。

ちなみに、斎藤工さんの母親は昔指圧師をしていました。現在は、父親と一緒にカフェを経営しています。

両親はともに放浪癖があるようで、いきなりフラっとメキシコに行ったり、グァテマラに住んでいたこともあります。

そんな両親に影響を受けたからか、斎藤工さん自身も学生時代にバックパッカーをしたり、世界12~13か国を回ったそうです。

斎藤工の兄弟を確認!姉は歌手?名前も確認!画像

斎藤工さんには、2歳年上のお姉さんがいらっしゃいます。

姉は歌手という噂がありましたが、こちらはガセネタのようですね。

姉はバリバリの体育会系で、日本体育大学出身です。職業はなんとライフセーバー!日焼けした小麦肌に、マッチョな体型を想像してしまいますね。

大学にあった「ライフセービング部」に所属していたそうですよ。

「ライフセービング」は、水難事故防止や救命処置をおこなう社会活動で、その訓練や技術を部活を通じて学んだようです。

斎藤工さんのお姉さんが所属していた日本体育大学のライフセービング部は、全日本大会で優勝するほどかなりの強豪チームです。

お姉さんはかなり体育会系井出、スポーティーな女性なんでしょうね。

ハキハキした感じの美人だという噂もあり、斎藤工さんとは正反対の性格のようです。

学生時代は姉弟喧嘩もしょっちゅうしていたそうで、強きな姉が斎藤工さんに馬乗りになり、往復ビンタをしてきたとか。

そのため、いつも斎藤工さんは戦意喪失をして、失神していたそうです。

かなり恐いお姉さんですが、現在は結婚して、嫁ぎ先の大分で幸せに暮らしています。

お相手の旦那さんは、同じ日本大学出身の男性だそうです。お相手が斎藤工さんと同じ年齢だそうですから、姉さん女房なのですね。

結婚する前は、旦那さんと斎藤工さんが一緒に引越のバイトをしていたそうです。

引越のバイトはかなりきつかったそうですが、旦那さんが斎藤工さんをさりげなくサポートしてくれたといいます。

そのようなエピソードがあったため、斎藤工さんは姉の旦那さんをかなり信頼しているそうです。

まとめ

今回は、斎藤工さんの家族構成について、紹介しました。

両親と2歳年上の姉のもと、生まれ育った斎藤工さん。両親はレストランを経営しており、現在は大分県でカフェを経営いしているようですね。

姉はライフセーバーという体育会系で、小さいころは喧嘩でいつも負けていたようです。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です