窪田正孝にハーフの噂!実家は横浜市弘明寺?幼少期や小さい頃の画像を確認!

いま大ブレイク中の実力派俳優・窪田正孝さん。映画やドラマで様々の賞を受賞し、演技の幅がすごいカメレオン俳優としても知られていますね。

クールな目元と整った顔立ちをしていることから、ハーフの噂もあるようです。実家はどこにあるのでしょうか?

今回は、窪田正孝さんの実家について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

窪田正孝にハーフの噂?真相を調査

窪田正孝さんは、結論からいうと純日本人です。両親とも日本人なので、ハーフではありません。

いわゆる爬虫類系の顔をしていて、日本人の素朴な顔とは違うことから、ハーフの噂が流れたようですね。

目が大きくて彫が深く、イケメンですから、ハーフと思う方もいるようです

窪田正孝さんはクールな役や闇を抱えている役を演じることが多いのですが、素顔は優しくて、周囲に気遣いできる素敵な方です。

男3兄弟の末っ子としてうまれ、兄たちと本気の喧嘩をしてぶつかり合っていたそうです。今の温和な窪田正孝さんからは、想像できないですね。

そんな2人のお兄さん方も、かなりのイケメンです。

2014年11月28日に放送された『A-Studio』には、2人の兄がサプライズでビデオ出演していました。

長男は光一さん、次男は哲哉さん。光一さんもクールな目元をしていて、窪田正孝さんに似ています。溶接の仕事をしているためガタイが良いそうです。

次男の哲哉さんはさわやかなイケメンで、親戚からもかなり人気だそうですよ。モデルや俳優もできそうなルックスです。

スポーツ万能で筋肉も凄く、兄弟の中では一番マッチョだそうですよ。

兄弟みんなマッチョなので、窪田正孝さんも子供の頃から身体を鍛えていて、ムキムキな筋肉美なんですね。

小学生のときから、腹筋がシックスパックに割れていたといいますから、驚きです。

筋肉質なのは、建築業で働いているお父さんゆずりみたいですね。

窪田正孝の出身地は横浜市弘明寺?実家住所を確認!

窪田正孝さんの出身地は、神奈川県横浜市神奈川区と言われています。

中学校も横浜市内ですし、高校も神奈川工業高校ですので、ずっと横浜市に住んでいたのですね。

横浜市や神奈川区周辺で、目撃情報も多くありました。窪田正孝さん自身が、「実家は駅から近い」と話していましたので、この学区内に実家があるのですね。

窪田正孝さんはずっと実家暮らしをしていましたが、ブレイク後は都内に引っ越しています。

ですが、窪田正孝さんは地元が大好きだそうで、よく実家に帰っては友人や家族と会っているそうです。横浜でしたら都内からも気軽に帰れますしね!

横浜市は神奈川の中で最も人口が多いですし、交通の便も良いので、一人暮らしを急ぐ必要もなかったのでしょう。

窪田正孝さんの実家について調査していくと、「弘明寺」という横浜市南区にある真言宗のお寺が出てきます

横浜市内最古の寺院だそうで、寺名は駅名や町名などにも使われています。

それほど有名なお寺ですが、実家がこの付近にあるということなのかもしれません。

窪田正孝の小さい頃や幼少期の画像を確認!

窪田正孝さんは幼少期から活発な少年で、運動神経抜群でした。

小学生のときは野球をしていて、当時の将来の夢がプロ野球選手になることでした。

それからバスケットボールやサッカーもしていたそうで、スポーツであればなんでも得意だそうですよ。

優しげな見た目をしていますが、筋肉隆々でスポーツマンというのが意外ですね。

普段はミステリアスな役柄を演じることが多いですが、周りに気配りのできる優しい人柄をしています。

厳しい父親にしつけられたからこそ、今の謙虚な窪田正孝さんに育ったのですね。

2人の兄達に揉まれながらスポーツに打ち込みながらも、父の影響でネジやボルトといった整備品に惹かれて、自動車整備士を志していました。

兄弟仲のよかった3人ですが、「小学6年生のときにほぼ金髪だった」と語っていました。兄弟3人とも金髪に染めていたなんて、意外ですね。

周りからも「金髪の兄弟」とささやかれていました。しかも、父親が髪を染めてくれたそうで、これまた意外ですね。

窪田正孝さんが中学生になるころには、「SLAM DUNK」に憧れてバスケットボール少年になっていました。

高校生になるとバスケを卒業し、HIPHOPダンスにハマっています。ダンスは今でも得意だそうですよ。

窪田正孝さんは建築業をしている父の影響もあり、整備士を目指して工業高校に入学しました。

窪田正孝さんは今でも「ネジ」が好きで、ねじ打ちをする工具「インパクト」の音が大好きなんだそうです。

電動ドリルでネジを打ち込む際の「ドドドドドド」という音が、なんともいえないみたいですね。

そして、ガソリンスタンドでアルバイトしながら整備士を目指していたのですが、母親の勧めでオーディションを受けます。

その後、スターダストプロモーションへ入所し、俳優人生がスタートします。

母は雑誌『Deview』でスターダストプロモーションのオーディションを見つけて、応募を勧めてきたそうです。

その後、2006年に放送されたドラマ『チェケラッチョ!!in TOKYO』で初出演を果たしました。

まだ18歳という若さですが、初出演にして初主演というのは驚きですね。

学生の頃の窪田正孝さんは、芸能界に全く興味がなかったので、母親の勧めがなかったらオーディションを受けていないでしょう。

いきなり主演に抜擢されるということからも、デビュー当時から素質を持っていたのでしょうね。

高校卒業後は俳優業に専念するため、大学には通っていないようです。

ただ、整備士を目指していた理由が「人となるべく話さなくて良さそうだから」という意外なもの。

人見知りの窪田正孝さんからすると、人の前にたつ俳優になるのは、かなり大きな決断だったのでしょうね。

その後、2008年に出演した「ケータイ捜査官7」で、監督に信頼してもらったことで、俳優としての大きな励みになったそうです。

まとめ

今回は、窪田正孝さんの出身地について、紹介しました。

神奈川県横浜市出身の窪田正孝さん。実家は横浜市南区にある弘明寺付近という情報がありましたが、確証は得られませんでした。

幼少期はスポーツが得意な少年で、今の謙虚な性格は厳しい父のしつけにあるようですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です