窪田正孝の爬虫類顔が苦手?笑顔が怖い!喉仏や八重歯も気になる?

窪田正孝さんといえば、若手実力派俳優として多数の作品に出演していますよね。

その見た目が爬虫類顔に分類されるようで、ミステリアスな雰囲気でかっこいい!と人気があります。

その一方で、その特徴的な顔が苦手という意見もあるようです。

今回は、窪田正孝さんの爬虫類顔について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

窪田正孝は爬虫類顔で苦手?世間の声や評判を調査

○○系イケメンという造語は、いつの時代も世間の話題にになりますが、ミステリアスなヘビ顔系のイケメンが注目を集めています。

爬虫類顔が特徴の俳優は、目がぎょろっとしていたり、鼻筋が通っていたりと色々な特徴があります。

爬虫類系の男性は、塩顔イケメンと言われることもあります。窪田正孝さんは塩顔よりやや濃い顔をしていますね。

犬顔や猫顔など、動物になぞらえることが多い男性の顔立ちは、爬虫類顔やカエル顔もだんだん馴染み深くなりました。

爬虫類顔の特徴は、ツリ目がちで鋭い眼差し」「大きな口」「逆三角のシャープな輪郭」「スーっと通った鼻筋」などがあげられます。

窪田正孝さん以外にも、綾野剛さんや菅田将暉さんら、個性的な雰囲気をもつイケメンが多いことで知られています。

大きい目、離れ目、上り眉以外にも、窪田正孝さんの場合は眼球の動きが爬虫類っぽいですね。

顔の各パーツは一般的に美しいという印象はないのですが、顔全体で見ると絶妙なバランスでかっこいいんですよね。

でもこうやって調査してみると、イケメンじゃない派の意見がイケメン派の意見と比べて、圧倒的に少ない事に気付きました(笑)

ただ、そんな爬虫類顔が苦手という意見も、少なからずあるようです。

俗に言う、「しょうゆ顔」や「ソース顔」と同じく「爬虫類顔」も分類されるのですが、あくまで人の好みですからね。

好きな人は大好きですし、嫌いな人は苦手というだけでしょう。

窪田正孝さんの顔立ちについて、「イケメンじゃない」という人はごくわずかです。

ということはやはり、窪田正孝さんのような爬虫類顔がタイプ、という人は多いのでしょうね。

お顔立ちはもちろんイケメンなのですが、幅広い役柄をこなすのも、窪田正孝さんがイケメンと言われている要員の一つでしょう。

窪田正孝さんは昔からキリッとした顔立ちをしていますが、笑うと少年のように顔がくしゃっとなりますよね。

顔もかなりの小顔で、スタイルも抜群ですし、「国宝級のイケメン」という声もあがるほどです。

一方、あまりかっこいいと思わない人は、「爬虫類系の顔が苦手」ということでした。いわゆる正統派イケメンが好きな人からすると、爬虫類顔は苦手のようですね。

窪田正孝の小顔だけど笑顔が怖い?えくぼの画像も確認!

窪田正孝さんはかなりの小顔としても知られているのです。

窪田正孝さんは最近前髪をオールバックにしていますが、あまりにも顔が小さすぎて話題になりました。

妻の水川あさみさんも、シャープな輪郭で綺麗な小顔ですが、奥さんより小さいのでは?と言われているほどです。

どちらかと言うと窪田正孝さんの輪郭は横幅が狭く、頭周りの男性平均約57~59cmなのに対し、約54cmしかないと推測されます。

また、小顔だとあごが小さくなるので、八重歯になる原因にもなります。たしかに窪田正孝さんは、印象的な八重歯を持っていますね。

これまでにも窪田正孝の“規格外の小顔”はたびたび話題になっていた。2016年にモデルのすみれ(28)が窪田正孝とのツーショット写真を披露したときは、窪田正孝の顔の方が一回りも小さいかのように写っている。ちなみにすみれはハリウッドセレブのミランダ・カー(35)と並んでも、顔の大きさを含めほぼ同じプロポーションであるほどスタイル抜群。そんなすみれと比べても窪田正孝の顔が小さく見えるというのは、もう驚くより他ない。
Yahooニュースより引用

また、窪田正孝さんがドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』で共演した唐沢寿明さん。

唐沢寿明さんは、頭周り54センチと言われていますので、窪田正孝さんとほぼ同じくらいとなりますね。

俳優界の中でも小顔といえば唐沢寿明さん、と言われていますので、そんな唐沢寿明さんとおなじかそれ以上に小顔の窪田正孝さんは、もはや異次元レベルですね!

窪田正孝さんが分類される爬虫類顔は、男女共に目が離れているのが特徴です。

どちらかというと、切れ長でクールな目元の人が多いようですね。

窪田正孝さんは若干おっとりとした雰囲気があり、とても優しそうですよね。

精神的に安定している眼差しなので、人相学的には、謙虚さがあって人から好かれやすい性格と言われています。

そして、男女共に爬虫類顔は鼻筋が通っているといわれています。

団子っ鼻になると、両生類系の顔になるようですね。

鼻が高くなくても鼻筋が通っていることで、顔がスッキリとシャープに見えます。男性の場合、横顔がかなり魅力的に映ります。

また、口が大きめという特徴もあり、笑った顔が豪快さと男らしさを漂わせます。

男性の場合、あまり口が大きすぎると怖い印象になってしまうので、窪田正孝さんの場合も「笑顔が怖い」という意見があるようです。

そして、爬虫類顔の男性は丸顔ではなく、あごがシャープで輪郭が逆三角形です。

あごが小さくエラが張っていないため、小顔に見えます。

窪田正孝さんは「恐竜系男子」と言われることもあるようで、中性的な雰囲気があるのも、人気のポイントです。

普段はクールな爬虫類系ですが、クシャとした笑顔がまたギャップを感じさせますね。

一部では、笑顔が怖いと言われていましたが、この笑顔が大好き!という人も多くいます。

「くしゃくしゃ笑顔」は、愛嬌がありますし、個性的で魅力的ですよね。

窪田正孝の喉仏や八重歯が気になる!画像

窪田正孝さんといえば八重歯と言えるほど、とても印象的な歯並びをしていますよね。

歯並びは芸能人の中ではかなり悪いほうで、前歯が前後ガタガタに生えています。

八重歯が特徴的なのですが、前歯以外の歯も個性的な形をしています。

下の歯は上の歯に比べるとそこまで悪くありませんが、やはりガタガタしているように見えます。

海外では、ドラキュラや魔女などのイメージで嫌われている「八重歯」ですが、日本では萌え要素の一つでもあります。

窪田正孝さんも、左右に八重歯があるのが「可愛い」と言われています。世間ではかなり好印象のようです。

ただし歯並びが悪いことに変わりはないので、「窪田正孝だから」OKなのかもしれませんね。

一般的な八重歯は犬歯がずれて、牙のようになるのですが、左の八重歯は犬歯ではなく1つ奥の歯のようです。

左側の犬歯は内側に引っ込み、奥の歯が前に出ているので、八重歯っぽく見えるようですね。

「芸能人は歯が命」なんて言われていますし、窪田正孝さんも売れっ子になる前に矯正する機会があったかもしれません。

しかし、窪田正孝さんについては「矯正しないで!」という声が目立つので、個性ということでそのままにしているのかもしれません。

たしかに、窪田正孝さんが歯列矯正をしたら、とても印象が変わりそうですね。

そんな窪田正孝さんは、その喉ぼとけも魅力的!と言われているようです。

全体的に骨ばった輪郭をしているので、喉ぼとけもくっきりと出ていますよね。男性的で、とてもかっこいいと思います。

まとめ

今回は、窪田正孝さんの爬虫類顔について、紹介しました。

クールで男性的な顔立ちをしており、爬虫類顔の男性はとても人気があることが分かりました。

少数派ではありますが、苦手という意見があるようで、好みが分かれる顔立ちということですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です