【画像】桐山漣の腹筋の筋肉がヤバい!太ってたけど痩せた?筋トレ方法を確認!

実力派イケメン俳優として認知されている桐山漣さん。仮面ライダーWで菅田将暉さんとW主演を務めてから、注目を集めるようになりましたね。

線が細くて華奢なイメージですが、意外にも筋肉がすごい!と話題になっているようなんです。

今回は、桐山漣さんの筋肉について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

【画像】桐山漣の腹筋が凄い!筋肉の画像まとめ!

桐山漣さんは実は鍛えぬかれた肉体美で知られており、写真集でその腹筋を披露したことがありました

自身初の本格的な写真集『キリヤマ レン』の発売記念イベントでは、桐山漣さんのゆかりの地・町田だったり、愛犬と海で戯れる姿だったりと、素の桐山漣さんを見ることができます。

浴室で撮影した写真では、その肉体美を惜しげもなく披露しています。

「皆さんにわかりやすい例えとなってしまうと、びんぼっちゃまになってしまうのが残念な部分ではある(笑)」と話しながら、ヒップをあらわにしていることについて「もちろん穿いてないので、『安心してください』とは言えないんですが…(笑)、安心してください、穿いてないです」と今年の流行語にかけて笑いを誘った。
oriconNEWSより引用

桐山漣さんは人気俳優の登竜門である「仮面ライダー」シリーズに出演し、仮面ライダーW役で初主演を果たしました。

それ以降は数々のドラマや映画へ出演し、少年から大人の男性に成長していく様子が、この写真集で見て取れます。

「生み出した感があるといいますか、僕自身30歳になりまして、節目の年に爪痕を残すような写真集ができたなって思います」と自信を覗かせる。
きわどいヌード表現も点在しており、筋肉が盛る肉体美が露わになっている。「美しくないですけど(笑)、僕自身すごく細いイメージがあるとかもしれませんが、着痩やせするというか。一応脱いだら、こんな感じです。自信のあるパーツは胸筋です」と、照れくさそうにほほ笑んだ。
oriconNEWSより引用

桐山漣さんも、周りから見て細いイメージがあることを自覚しているようですね。

写真集を出版するにあたっては、企画から参加し、自分の意見もふんだんに取り入れたそうです。

一番のお気に入りは、タバコを吸っている写真だと言います。

また、自身で「攻めの裸」と評し、表はスーツ姿で、後ろからみると裸という、衝撃的なカットも見ることができます。

【画像】桐山漣が太ってたけど痩せた?世間の評判や画像で比較!

桐山漣さんはそのイケメンっぷりで、昔からモテてきたそうです。

その整った容姿からも女性ファンが多いですが、最近になって容姿が変わったという意見もあるようです。

一部からは口元がもっこりしていてブサイクという意見も・・・しかし、写真を見ても口元は気にならないですし、とても綺麗な顔をしていますよね。

デビュー当時と比べると結構痩せたように思えます。顎や頬がシャープになっていますね。

口元については、見る人によって違うのでしょうね。

決してブサイクというわけではなく、形的に口の中に何か入っているように見えるんですよね。

しかし、画像によって口元の印象もまったく違うので、見る角度に寄るのでしょう。

また、桐山漣さんは目も変わったと言われています。デビュー当時は二重だったものの、現在は奥二重になっているとか。

目頭にも二重線が見えており、当時が1番イケメンだったとも言われています。

桐山漣さんには以前から整形疑惑がありますが、そこまで大きく変化しているようには見えない気もします。

デビュー直後と現在では、15年もたっていますから、体型とともに顔つきも変わっていて当然ではないでしょうか。

中には、『仮面ライダーW』時代と顔が違って、老けたという噂もありました。

当時、イケメンライダーとして有名になりましたし、共演した菅田将暉さんに比べても、顔が整っていると絶賛されていました。

『仮面ライダーW』は2009年放送なので、もう12年も前ですから、老けたように見えるのは当然ではないでしょうか。

桐山漣の筋トレ方法や減量方法を確認!

桐山漣さんは身長175cmで、体重は非公開となっていますが、60kg前後ではないでしょうか。

ナルシストキャラで知られている桐山漣さん。「自分でも、かっこいいと思う?」と質問されるたときは、「まあ、うん! かっこいいかな」と答えていました。

いつもジムで鍛えているそうですが、筋トレの合間に鏡の前で自分を確認するのが日課だとか。かなり自分の体にも自信があるようですね。

鏡の前では筋肉もチェックしますし、顔もチェックするようです(笑)

自信の体のパーツで好きなのは、長い腕だそうで、衣装合わせでも腕が長いので、布を足しておくように言われるそうです。

役づくりでトレーニングは欠かさず、首は太くならないように意識しているそうです。

桐山漣さんは、幼少期から仮面ライダーになるのを夢見ており、その夢をかなえるために俳優養成所に通ってレッスンに励んできました。

俳優デビュー後は、仮面ライダーのオーディションを4回受けますが、すべて落ちてしまいます。

しかし、諦めずやっとつかみ取ったのが、仮面ライダーWだったのですね。

桐山漣さんが選ばれえた理由については、塚田英明プロデューサーが「オーディション参加者で一番仮面ライダーになる!という気持ちが強かった」と話していました。

仮面ライダーへの情熱が伝わって良かったですね。

桐山漣さんは、仮面ライダーブラッグが特に大好きで、Wのメインフォームである左半身にはジョーカーが施されています。

両手を広げるポーズも桐山漣さん自ら考えたそうで、自ら積極的に案をだしたようですね。

仮面ライダーを演じるにあたりアクションシーンも求められるので、かなり鍛えたのではないでしょうか

まとめ

今回は、桐山漣さんの筋肉について、紹介しました。

細身で華奢なイメージがある桐山漣さんですが、実は腹筋も鍛え上げられた肉体美を持っていたのですね。

昔より痩せた、顔が変わったという意見もあるようですが、全体的にシャープになって印象が変わっているようです。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です