桐山漣の家族構成を確認!桐山照史とは兄弟?出身は横浜で実家の両親は?

映画やドラマに引っ張りだこの桐山漣さん。イケメン俳優として、仮面ライダーシリーズから排出された実力派ですね。

現在35歳と意外にも芸歴は長く、15年目でデザイナーとしての才能も開花させています。

そんな桐山漣さんですが、家族構成が気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、桐山漣さんの家族構成について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

桐山漣の家族構成を確認!

桐山漣さんは、母と弟の3人家族のもと育ちました。母子家庭だったようですね。

父については情報がまったくといっていいほどなく、離婚したのか、何か他の事情があるのかは不明でした。

ただ、幼少期から父はおらず、母が女手一つで桐山漣さんと弟を育てていたようです。

家計は苦しく、桐山漣さんも俳優を志しながら、アルバイトをして家族を支えてきました。

俳優になってからも、すぐにブレイクとはいかずに、苦労して過ごしたようです。

桐山漣さんの過去の画像をみると、長髪で髪もあかるく、なんとなくチャラそうなイメージがありますよね。

しかし実際のところは、とてもストイックで、芝居に対しても真面目に打ち込むタイプだそうです。

スタッフや共演者からも評判が良く、15年以上にわたって俳優として活躍しているのは、そういった人柄も関係しているのでしょうね。

母子家庭ということで金銭面での援助は見込めず、自力で養成所に通いながらレッスン料を稼いでいたのでしょうね。

桐山漣はジャニーズWESTの桐山照史と兄弟って本当?真相を確認!

桐山漣さんの弟さんも、これといって情報がみつかりませんでした。

おそらく芸能関係の仕事にはついておらず、一般人として生活しているのでしょう。桐山漣さんに似て、さぞかしイケメンなんでしょうね。

弟さんは一般の方だと思いますが、ジャニーズWESTの桐山照史さんと兄弟なのでは?という噂が浮上しています。

桐山漣さんは仕事とプライベートをはっきりと分けているようですから、トーク番組などで家族について話すことも無いようです。

そんな中、ジャニーズと共演が多いことや、ジャニーズのメンバーに似ている顔の人が多いことから、ジャニーズ出身だと勘違いしている人が多いみたいです。

『家政婦のミタゾノ』では松岡昌弘さんと、『俺のスカートどこ行った?』では長尾謙杜さんや、道枝駿佑さん(なにわ男子)といったように、ジャニーズとの共演歴もあります。

また、「桐山」という珍しい苗字から、ジャニーズWESTの桐山照史(きりやま あきと)さんと兄弟疑惑が浮上したのでしょうね。

しかし、桐山照人さんは大阪府東大阪市出身で、「関西Jr.」として下積みを重ねてきました。桐山漣さんは神奈川県出身ですから、つじつまが合いませんね。

桐山照人さんは、2008年にドラマ「ごくせん」に出演し、注目を集めるようになります。

ジャンニーズWESTの中でも明るくムードメーカー的な存在で、周りのみなさんに慕われていますね。

年齢的には1989年8月31日生まれの31歳なので、桐山漣さんの弟でも違和感はないです。

しかし、2人は何も関係なく、ただ苗字が同じだけのようですね。


桐山漣さんはもともとミュージシャン志望で、女性にモテたいからという理由で、バンド活動をしていました。

なんとも不純な理由でしたが、ベースをにはまってプロになることを決意します。

その後、21歳で音楽で飯を食うのは難しいということに気づき、挫折したものの、人に注目される高揚感などが忘れられずに、俳優を目指します。

アルバイトは多岐にわたり、とんかつ屋やカフェ、ティッシュ配りといった日雇いのアルバイトも経験していました。

最大で3つのアルバイトを掛け持ちしながら、俳優養成所で演技指導を受けます。

その後、2006年に「ミュージカル テニスの王子様」に出演し、2009年には「仮面ライダーW」でドラマ初主演を務めました。

この作品では、菅田将暉さんとW主演を務めていましたね。

その後は、多くのドラマや映画、舞台と活躍の幅を広げていきました。

桐山漣の実家は横浜市?実家の両親はどんな人?エピソードも確認!

桐山漣さんは神奈川県出身なのですが、具体的にどこのエリア出身なのかは明かしていないようです。

前述したように、母と弟の3人家族のもと育ち、桐山漣さんは長男だったようですね。

本来ならば安定した職業に就いて家庭を助けるところですが、俳優の道に進むことを決めます。

家族に迷惑をかけないために、自力でお金を工面し、養成所のレッスンを受け、長い下積み生活を過ごしました。

父親がいれば、もしかしたら資金面で援助を受けることができたかもしれませんね。

俳優という危ない橋を渡るために、家族には迷惑をかけずに自力でやり遂げるという決意があったのでしょう。

神奈川県出身の桐山漣さんは中学、高校は神奈川県横浜市の桐蔭学園に通学していた、という噂があります。

そのため、横浜市青葉区付近に実家がある可能性が高そうですね。

桐蔭学園は私立の中学・高校一貫校で、中学受験が必要ですから、それなりに裕福な家庭だったのかもしれません。

もしくは、家計が厳しくても、母が苦労して良い学校に入れたいと思ったのかもしれませんね。

桐山漣さんは、子供のころからヤンチャな性格をしていたそうで、大人になった今でも子どものようなイタズラをしてしまうとか。

そうだ。そのひとつが“カンチョウ”で、相手の後ろから近づきお尻を指で突くのである。「小学生の頃に覚えて、今でもやめられない」という彼は、「僕はおじさんになっても“カンチョウ”をやめません!」と周囲に宣言したというから本物だ。
exciteより引用

桐山蓮さんはとてもクールなイメージがあるので、なんだか意外ですね。

桐山漣さんは芸歴15年目のベテランですから、インタビューも多く受けてきていますが、あまりにも家族に関する情報が少ないのが印象的です。

これほど少ないとなると、桐山漣さんが、家族に関する質問はNGにしているのかもしれませんね。

桐山漣さんは、幼いころ仮面ライダーになるのが夢だったそうで、大人になって本当に実現しているからすごいことですよね。

仮面ライダーのオーディションは何度も受けてきたそうですが、ことごとく落選してしまいます。

しかし、2009年の「仮面ライダーW」では、やっと2000人の中から主演に選ばれました。

20代前半は俳優を目指し養成所でレッスンを受けながら、ひたすらバイトをする日々だったようで、「その頃はバイトを3つ掛け持ちしていました。とんかつ屋、カフェ、100円ショップ、ティッシュ配り、マネキン運んだり、日雇いもやりましたね」と感慨深げに下積み時代を回顧。「オーディションに行っても簡単な世界ではないので受からない。銀行の残高が二桁になることもありました」と、まさにどん底を味わい続けた。
ORICONNewsより引用

長男で父がいないとなると、高校卒業してから就職するという選択肢もあったでしょう。

しかし、自分がやりたいことを貫き通し、家族も受け入れてくれたとすると、絆の深さがうかがえますね。

まとめ

今回は、桐山漣さんの家族構成について、紹介しました。

母と弟の3人家族で育っているようで、父は離婚したのか、幼少期からいなかったようです。

弟がジャニーズWESTの桐山照人さんという噂がありましたが、まったくの赤の他人のようですね。

これからの活躍も期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です