本田翼の学歴まとめ!高校時代は元ヤンで偏差値は?大学受験失敗で浪人!

本田翼さんといえば、モデルや女優、Youtuberとマルチに活躍していますよね。

たくさんのCMにも出演しており、テレビで見ない日はないほどの売れっ子となっています。

そんな本田翼さんですが、どのような学生時代を過ごしてきたのか、気になる人も多いと思います。

今回は、本田翼さんの学歴について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

本田翼の学歴を確認!出身中学は三鷹二中?

本田翼さんは、東京都三鷹市出身で、三鷹市立井口小学校に通っていました。

家族構成は両親と兄の4人で、幼少期はバイオリンを習ったり、当時からゲームが大好きだったそうです。

当時の夢はファッションモデルや女優ではなく、テレビゲームのデザイナーでした。今やその夢が現実になっていますから、すごいことですよね。

「小さい頃はお兄ちゃんの影響でゲームがすごく好きで、ゲームのキャラクターのデザインとか考える人になりたかったですね」
モデルプレスより引用

女優業の傍ら2018年から、YOUTUBEでゲーム実況チャンネルを開設しており、本田翼さんのゲーム好きはかなりのものです。

本田翼さんは昔からインドアで、運動やスポーツは苦手だったみたいですね。

小学校卒業後、本田翼さんは地元の三鷹公立第二中学校に進学しました。ちなみに、三鷹市立第二中学は、嵐の大野智さんの母校でもあります。

この中学校は、三鷹市立井口小学校と連携し、都内初の小中一貫教育をスタートさせています。そのため、現在は「にしみたか学園三鷹市立第二中学校」に改名されています。

中学時代は美術部に所属し、基本的にインドアだった本田翼さん。

スカウトがきっかけで、中学2年生のときに芸能界入りを果たしています。

母と渋谷・原宿を歩いていると、なんと1日に7人ものスカウトマンに声をかけられたそうです。

あまりにも熱心な7人目のスカウトマンで、芸能活動に興味が沸いたそうです。

1日に7人のスカウトマンに声をかけられるというのは、当時からひときわ目立った可愛さだったのでしょうね。

その後、中学2年生のときに、ファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルとしてデビューしました。

当時は榮倉奈々さんや北川景子さんらも、専属モデルを務めていました。そして、同じ年にファッション誌「ラブベリー」の専属モデルに移籍しました。

「その頃は大勢の人がわたしを見にきて、美術部だったから部室に逃げていました。それがいじめに変わるとコワいんだけど、陰湿な方向には行かなかったのでよかったです」と明るく語りながらも、「ただ、自分のリコーダーが紛失したことがあったので、持ち物は取っていかれないように、私物は学校に置いておかないようにしていました。わたしは自己防衛が強いので(笑)」
マイナビニュースより引用

あまりにも人気者だったので、苦労した中学生時代だったようですね。

本田翼の出身高校や偏差値は?学生時代は元ヤンってホント?

本田翼さんは、東京都新宿山吹高校(偏差値53)出身です。

この高校は単位制導入のモデルとなった高校で、学年もないという珍しい学校です。

全日制のコースはなく、定時制と通信制のみのコースなんだそうです。普通科が偏差値50、情報科が偏差値46となっています。

単位制の高校としては、なかなかの難関校です。自由主義、個人主義を重んじているため、校則や制服もありません。

あまりにも自由を重んじるあまり、昔は校内に託児所、喫煙所もあったといいますから驚きです。

さすがに2005年頃には廃止されたそうですが、昔はヤンキーも結構在籍していたみたいですよ。そのことから、本田翼さんも元ヤン説が流れていたみたいですね。

校風も自由なため、芸能活動も可能です。難関校に進学する生徒も結構いるそうで、早稲田大学や慶応大学にも合格者を出しているそうです。

本田翼さんは中学時代に芸能活動をスタートしていたので、仕事と両立できるように、この高校を選んだようですね。

大学に進学する予定でいたので、堀越高校や日出高校といった芸能人御用達の学校には行かなかったみたいです。

この学校は、とにかく「卒業までに74単位以上を取得すれば良い」というルールだそうで、最低でも3年間在籍することが必要なのですが、元不登校の人も多く通っているそうです。

校則もゆるくて男女交際も認められていたことから、当時本田翼さんに彼氏がいたという情報があります。

しかし、本田翼さんは自身の高校時代について、一匹狼だったと話していました。

クラスの女子とはそりが合わず、一人行動をしていたそうですよ。

「友達の輪から少し距離を置いて、漫画を読んだり、ゲームをしたり。一人でやりたいことをすると、時間の流れがゆっくりと感じられて、疲れや悩みが吹き飛びました」
ただし少ないながら親友がおり、本田さんの性格を理解して支えてくれたとインタビューで語っています。
モデルプレスより引用

高校時代の本田翼さんは、「ラブベリー」の専属モデルとしての活動が中心でした。

高校3年生の時に、人気ファッション誌「non-no」の専属モデルに起用されています。同時期には佐々木希さんや佐藤栞里さんら、豪華なメンバーが勢ぞろいしていました。

特に佐々木希さんとは仲が良く、インスタグラムでツーショットを公開したこともあります。

本田翼さんの高校時代は決して順風満帆ではなく、CMやドラマのオーディションには軒並み落ちてしまいます。おそらく100回くらいは落ちていると話していました。

また、当時はオーディション会場へいくにも交通費が自腹だったため、アルバイトも始めたそうです。

「完全に交通費の無駄だなって思いました」と当時を振り返った本田。「1週間に何回も受けると、月に結構(交通費が)かさむじゃないですか。ちょっとやってられないなと思いまして、途中からバイト優先するようになりましたね」
モデルプレスより引用

そのため、実家近くの寿司屋やカフェでのアルバイトをしていたそうで、モデルの仕事より時間を費やしていたそうです。

本田翼は大学受験失敗して浪人した?真相を調査!

本田翼さんは高校卒業後、大学に進学していません。

中学生の頃から芸能活動をしていたのですが、当初は大学に進学するつもりだったそうです。

モデルのお仕事の傍ら、受験勉強を自力で頑張ったのですが、大学受験に失敗してしまいます。

母親から「もう1回受験する」か、「モデルの仕事を続ける」か、「自衛隊に入る」かという選択肢を迫られたそうです。

そのため、大学に進学しないで仕事を続けることを決めたそうです。

「自衛隊」は、入隊した時から給料が出るので、母が勧めてきたそうです。本田翼さんが受験した大学は桜美林大学という情報がありますが、こちらは定かではないようです。

また、「人生をやり直せるなら、どのタイミング?」という質問には、「高校3年生」と答えています。

大学に落ちてしまったことを悔やんでいるそうで、「もう一度受験したいです」と話していました。

大学生になって、サークルに入って青春をおう歌するのが夢みたいですね。通学していた高校のレベルを考えると、大学進学にしては未練もあるようですね。

ネット上には、本田翼さんが放送大学卒との情報もありますが、これは確証がないようです。

放送大学はBS放送などの講座を通じて学習する大学で、高校さえ卒業していれば誰でも入学できます。

しかし、卒業するのはかなり大変で、4年間で卒業できるのは5%程度だそうです。

仕事の傍らで大卒の資格も取得できるので、放送大学に入学する芸能人も多くいます。

しかし、卒業できたのは滝藤賢一さんや志村けんさんといったわずかな芸能人です。

高校を卒業した年には「シマシマ」「セレブパーティーに行こう」といったドラマに出演していますし、大学には進学していないでしょう。

まとめ

今回は、本田翼さんの学歴について、紹介しました。

地元にある三鷹公立第二中学校卒業後、東京都新宿山吹高校に進学していました。

大学には卒業せずに、芸能活動に専念しているようですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です