本田翼ってハーフなの?幼少期や子供時代の画像を確認!実家は東京都三鷹市?

本田翼さんといえば、10代のころから数々の作品に出演しており、モデル、女優と幅広く活躍していますよね。

最近では、趣味のゲーム配信をメインにしたYouTubeチャンネルを開設し、次々に活躍の場を広げています。

そんな本田翼さんですが、ハーフという噂が浮上しているようなんです。

今回は、本田翼さんのハーフ説について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

本田翼ってハーフなの?真相を調査!

本田翼さんは、よく周囲やファンから「ハーフ」「クォーター」なのでは?と質問されることがあるそうです。

本田翼さん自身のブログで否定しており、純日本人であることが分かっています。

たしかに、透き通るような白い肌と、目鼻立ちが整っているので、ハーフと思われるのも納得ですね。

よくきかれるのですが日本の東京生まれ、東京育ちです。
肌の色が白いと言われますが日焼けどめを多い時は一時間に二回塗り直したりして必死に日光対策してます。
本田翼公式ブログより引用

本田翼さんの実家は、両親と兄、本田翼さんの4人家族です。ご両親ともに純日本人で、生まれも育ちも東京のようですね。

本田翼さんは、今でも年末年始を実家で過ごしているそうですよ。

本田翼さんのお父さんは、本田翼さんが小学生のときにこの世を去ってしまいました。

大好きなバイク「HONDAウイング」から、本田翼さんの名前を付けたそうです。

父が亡くなってからは、本田翼さんの母がずっとシングルマザーとして、兄と本田翼さんを育ててきました。

母は少女マンガ好きで、本田翼さんとは親友のような感じのお母さんだそうです。

27歳で本田翼さんを産み、幼いころはしつけに厳しくて、よく怒られたそうです。

本田翼さんが小学生の頃は、ちゃんとお片付けをしなかったことで激怒され、「この机の分家賃を払いなさい。畳3畳分くらいだからおおよその家賃はこれくらい」と詰め寄ってきたそうです。

そのため、本田翼さんはもう母親には逆らえない、とトラウマになったそうですよ。

また、母はB’zの大ファンで、その影響で本田翼さんもB’zファンになりました。

就寝前には必ずB’zのライブDVDを見て、毎日曲を流すほど大好きなんだとそうです。

本田翼さんが高校生のときに、クリスマスにB’zのライブが開催され、母と参戦したそうです。

そのライブで『いつかのメリークリスマス』をきいたことが、今でも忘れられないそうですよ。

本田翼の幼少期や子供時代の画像を確認!

本田翼さんは、父が好きなバイク「HONDAウィング」と、「世界に羽ばたくように」という願いを込めて、「翼」という名を付けられました。

中学生のときに、名前の由来を聞かされたそうですよ。

幼少期からオテンバ少女だった本田翼さんは、よく母親に叱られていたそうです。

本田翼さんが小学4年生のときに、芸能事務所にスカウトされましたが、当時は断っています。

母に、「次にもう1度スカウトされたらやってみよう」と言われたそうですよ。

それから2年後、本田翼さんがお母さんと原宿・渋谷でショッピングしていると、1日で同じ事務所の違うスカウトマンから7回もスカウトをされます。

名刺を渡されるたびに、「またここかぁ~」と思っていたそうです。

本田翼さんは、幼少期からかなりの美少女でしたから、スカウトマンの目に留まるのも納得ですね。

本田翼さんは、7人目のスカウトマンがかなり熱心だったそうで、芸能界入りを決意します。

中学生のときから、ファッション雑誌『セブンティーン』の専属モデルデビューします。

そんな本田翼さんを一目見ようと、学校中の生徒がクラスに身にきたそうです。本田翼さんは美術部の部室に、よく逃げ込んでいたそうですよ。

熱心なファンが本田翼さんのリコーダーを盗んだこともあり、その後は持ち物を盗まれないように、私物は学校に置かないようにしたそうです。

高校時代はアルバイトに明け暮れ、寿司屋「長久鮨」と、カフェを掛け持ちしていたそうです。

寿司屋「長久鮨」は、2年間働いていたそうですが、無断欠勤をしてしまい、クビになってしまったそうです。

バイトをしたのは、オーディションに行くための交通費を稼ぐ目的がありました。

本田翼さんは何度もオーディションを受けますが、まったく受からない日々が続き、合計100回は落ちていたといいます。

オーディション会場に行くのは自腹だったので、片道360円を1週間に何度も繰り返すと、高校生にとっては痛い出費でしたね。

モデルになってからずっとロングヘアだったのですが、髪の毛をバッサリ切って、ショートヘアにイメチェンしたところ、オーディションに受かるようになったそうです。

その後、大学受験を試みるも惨敗してしまいます。当時は塾に通うお金がなく、自力で頑張って勉強したのですが、結果は残せずでした。

そんなとき、お母さんは「浪人して大学再受験」「モデルの仕事を続ける」「自衛隊に入る」という三択を提示します。

本田翼さんはもう勉強したくないと思っていましたし、自衛隊は運動音痴なので無理ということで、モデルしか選択肢がありませんでした。

所属事務所からも、「もう1年頑張ってみませんか?」と言われ、モデルの道を選びます。

それからは『non-no』の専属モデルを経て、ドラマ『シマシマ』で女優デビューを果たします。

本田翼の実家や出身地は東京都三鷹市?生い立ちを調査!


本田翼さんは生まれも育ちも東京ですが、実家は東京都三鷹市にあるようです。

今の自宅は渋谷にあるそうですが、スカウトされたのも渋谷で、本田翼さんにとって思いで深い場所なのですね。

三鷹市は西東京にあたりますが、隣の吉祥寺駅から渋谷まで、京王井の頭線で20分というアクセス良好な場所にあります。

本田翼さんは、三鷹市立第二中学校出身で、この中学は三鷹市野崎3丁目にあります。そのため、この学区内に本田翼さんの実家があるのですね。

ちなみに、この三鷹市立第二中学校は、嵐の大野智さんの母校でもあります。


三鷹市野崎は、大野智さんの実家がある三鷹市井口の近くなので、本田翼さんの実家ももしかしたらこの近辺にあるかもしれませんね。

本田翼さんは、小学生のときからゲーム・アニメ好きで、「ポケットモンスター」や「ドラゴンクエスト」を兄の影響でプレイしていました。

漫画やアニメは、「鋼の錬金術師」が1番好きだったそうです。これもお兄さんの影響だそうですよ。

自宅には、漫画が1000冊以上あるそうで、写真本「ほんだらけ(本田本)」を出版するほどです。

YouTubeでのゲーム実況はもちろん、インスタグラムでも、ドラクエやポケモンの話題が出ます。

また、YouTubeのチャンネル開設のきっかけは、「ゲームの実況をしたかったんです。コンシューマー(家庭用ゲーム機)が売れなくなってきてた時期だったんです。」
「ゲーム好きとしては、やっぱりゲーム機でやるゲームが好きだったので、それを救いたいというのが一番の理由で、ゲーム機でできるゲームの実況をしたかった。それができる場所がYouTubeだったんです」
サンスポより引用

と、明かしていました。ゲーム好きなのは、昔からだったんですね。

まとめ

今回は、本田翼さんのハーフ説について、紹介しました。

両親ともに純日本人で、ハーフであることは本人が否定していました。

実家は東京都三鷹市にあるようで、今でも正月は実家に帰って家族と過ごしているそうですよ。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です