【動画】広瀬アリスは演技下手だし声優も棒読み!演技上手いとの声も?演技力や経歴を確認!

広瀬アリスさんといえば、妹の広瀬すずさんとともに、映画やCM、ドラマと多くの作品に出演していますよね。

女優デビューしてから数々の作品に出演し、テレビで見ない日はないほど活躍しています。

そんな広瀬アリスさんですが、その演技力については賛否両論あるようなんです。

今回は、広瀬アリスさんの演技力について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

【動画】広瀬アリスの演技力を確認!演技上手いとの声も?

広瀬アリスさんの演技力について、世間の声を調べてみました。

https://twitter.com/bananainapple/status/1399926309959000066?s=20

やはり、圧倒的に広瀬アリスさんの演技が上手い!という意見が多い印象でした。

2021年はドラマ『知ってるワイフ』に出演していましたが、こちらのドラマも評判がよかったようです。

次クールで広瀬すずさんがドラマ『ネメシス』にて、櫻井翔さんとダブル主演をし、その際の演技が比較されたようですね。

芸能界デビューは広瀬アリスさんが先でしたが、大ブレイクを果たしたのは、広瀬すずさんが先でした。

広瀬アリスさんは、2009年の『ミスセブンティーン2009』に選ばれ、モデルとしてデビューしました。

翌年には『明日の光をつかめ』で昼ドラ枠史上最年少主演を務め、2014年は連ドラ『ルーズヴェルト・ゲーム』に出演し、話題になります。

2015年と2017年に放送された連ドラ『釣りバカ日誌』シリーズでは、明るく可憐なヒロインを好演し、2017年度後期朝ドラ『わろてんか』で、コメディエンヌとしての才能を発揮しています。

しかし、広瀬アリスさんはまだサブキャラを演じることも多く、主演やヒロインに抜擢されてヒット作は生み出せていません。

『知ってるワイフ』も、全話平均視聴率が7.5%ということで、数字的にはヒットといえませんでした。

とは言え、『知ってるワイフ』の広瀬アリスさんの評価は上々で、なかなかの難しい役だったにもかかわらず、視聴者からは高評価だったのです。

『知ってるワイフ』の主人公(大倉忠義)は、モンスター妻である澪(広瀬アリス)との生活に嫌気が差し、大学時代にタイムスリップしたことで、別の女性と結婚生活を送るようになります。

ですが、別の世界線を生きることになった主人公の前に同僚として現れた澪は、モンスター妻の面影は微塵もなく、明るく前向きで笑顔が素敵な女性だった――という物語。別人を演じるわけでも多重人格者を演じるわけでもなく、アリスさんが演じたのはベースが全く同じ人物。しかし求められる演技は真逆。視聴者にはきちんと同じ人物だと思わせながら、2つの世界線の「澪」を絶妙な振り幅で演じ分ける必要がありました。
アサゲイより引用

そして、広瀬アリスさんは視聴者からの共感を集め、ネット上では大いに盛り上がる結果となったのです。

「すずは若くして売れたためか素でも人見知りが激しく、初対面の人にはお高く留まっているといったイメージを持たれがち。彼女は自分の言葉で話すがの苦手で、バラエティでは台本を読むだけになってしまうという弱点もある。その点、アリスはガハハ笑いで下ネタにも余裕でやり返す。スタッフウケは抜群です。事務所もアリスが望めば、コントだろうがドッキリだろうが何でもやらせる方針。ドラマも主演にこだわらないため、非常に使い勝手がいい。一度仕事した人はみんなアリスのファンになってしまうため、キャスティング会議では真っ先に名前が挙がる女優となっています」
アサゲイより引用

これまで「広瀬すずの姉」という見方をされることも多かったのですが、世間の評判も、業界内の評価も、完全に妹を上回っているそうです。

広瀬アリスは演技下手?声優が下手で棒読みってホント?世間の声と動画で確認!

広瀬アリスさんは、モンスト劇場版「ソラノカナタ」にて、声優をつとめていました。

予告ムービーで広瀬アリスさんの声を聞いた人も多くいましたが、少々厳しい意見が飛び交っていたようです。

中には、広瀬アリスさんの声優が下手!という意見もありました。

女優や俳優が声優をつとめると、コアなアニメファンからは「声優を使え」とひんしゅくを買ってしまうことが多いようです。

女優・広瀬アリスさんのイメージが強すぎて、違和感を感じてしまうという声もありました。

中には、棒読みという厳しい意見も・・・ドラマで観る広瀬アリスさんの演技は、とても評価が高いので、なんだか意外ですね。

モンスト劇場版ソラのカナタでは、空からやってきた青い髪の少女・ソラを演じています。

勝気で、行動力のある性格。変形鎌を自在に使いこなして戦っていきます。

普段の広瀬アリスさんの性格とは、全く違うので、演じるのはかなり難しかったと話していました。

広瀬アリスさんが注目を集めるようになったのは、2017年放送のNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」です。

女漫才師という役で、主演ではないものの、その存在感は大きな話題になりました。

「ここまで演技力があったのか」「広瀬アリスに主役が喰われた」「気の強い役がとても上手」と、絶賛されていたのです。

たしかに、ヒロインの女優さんより、広瀬アリスさんのほうが現在テレビに引っ張りだこですよね。

そんな中でも、広瀬アリスさんの演技が下手という意見があるようです。見る人の主観によって違うのですね・・・

広瀬アリスさんが、滝藤賢一さんW主演をつとめたドラマ「探偵が早すぎる」も、高評価を得ていました。

2018年に放送されたミステリードラマなのですが、コメディータッチなので、公式でコメディーミステリーと表現しています。

広瀬アリスさん演じる「一華」は、5兆円という莫大な父の遺産を相続し、親戚一同から命を狙われるという役でした。

滝藤賢一さんは、一華を守る探偵役です。

2人の怪演や、顔芸がとてもよかった!という口コミもありました。広瀬アリスさんのコメディエンヌの才能が、炸裂した作品だったのですね。

広瀬アリスさんはシリアスな役よりも、コメディのほうがあっているのでしょう。

ちょっとうつらい演技でわざとらしい、という口コミもあったものの、「見ているうちに慣れる」という意見が大半でした。

わろてんかの時もそうでしたが、コミカルな役が広瀬アリスさんに合っているのですね。

「ものまねの要素とか、変な顔とか(芝居の中で)ばんばんやってくる」と、台本に書いていない要素を次々と入れてくると暴露。
「半分ぐらい自分たちが考えたアドリブや動きが入っていた」と振り返った。
さらに広瀬のモノマネについて滝藤は、「突如、 真矢ミキさんになる」とし、「去っていく姿は土屋アンナさんのランウェイみたいな感じだった」と述懐。「自由に遊んでもいいような現場なのか」と聞かれると、「そうでもなかった」と告げていた。
Yahooニュースより引用

共演した滝藤賢一さんも、広瀬アリスさんのコメディアンとしての才能を、絶賛していました!

広瀬アリスの経歴をまとめてみた!

静岡県出身の広瀬アリスさんは、小学3年生からバスケットボールをはじめ、将来はプロ選手になるつもりでした。

小学6年生のときに地元のお祭でスカウトされたのですが、スカウトマンが男の子と勘違いするほどボーイッシュな少女でした。

広瀬アリスさんは、プロのバスケットボール選手になろうと思っていたため、芸能界に興味がわきませんでした。

「いつでも辞めればいい」という考えで、芸能界入りを果たします。

その後、中学2年生のときに、携帯電話向けドラマ『恋愛約束』でデビューします。

広瀬アリスさんは主人公の市川ひなた役を演じていますが、この時の芸名は『広瀬晶(ひろせあき)』でした。

2009年には、ファッション雑誌『SEVENTEEN』の専属モデルになり、芸名を『広瀬アリス』に改名しています。

高校1年生で、若手女優の登竜門とされる「全国高校サッカー選手権」の応援マネージャーに起用されます。

その後、静岡市内の高校に入学するも、都内の高校に転校しています。

意外にも、広瀬アリスさんは高校時代ヤンキーだったそうですよ。

地元のヤンキーグループと仲がよかったので、周囲は彼女自体を“ヤンキー”として認知していた。キャラも今とは違って、木下優樹菜みたいな姉御肌タイプでした。
また、『広瀬アリス親衛隊』と呼ばれる体格の良い男性の集団がいて、ボディーガードとして護衛していたのが女番長として舎弟を従えていたように見えたんだそう。
Asagei plusより引用

そんな中、ドラマ『明日の光をつかめ』の沢口遥役に抜擢され、昼ドラ枠史上最年少主演女優として注目を集めます。

高校3年生の時には、妹の広瀬すずさんも「ミスセブンティーン」のグランプリに輝き、専属モデルとなりました。

高校卒業後は大学に進学せず、芸能活動に専念しています。

大学時代にあたる2013年4月~は、ドラマや映画に多数出演しており、CMにも出んしていたので、大忙しだったようですね。

20歳で「SEVENTEEN」を卒業し、女優活動に専念しています。

22歳のときに出演したNHKの朝ドラ「わろてんか」では、コミカルな演技を演じ、女優として大きな飛躍を遂げました。

この作品への出演で、広瀬アリスさんは、「女優としての幅が広がった」と話していました。

この作品を機に、数々のドラマや映画に出演するようになります。

まとめ

今回は、広瀬アリスさんの演技力について、紹介しました。

その演技力について、世間からはとても評価が高く、業界内でも評判のようでした。

「わろてんか」でのコミカルな演技が評価されており、その後もコメディタッチな役の方が評価が高いようですね。

今後の活躍も楽しみですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です