新井浩文が韓国籍を選んだ理由はなぜ?本名はパクキョンべ朴慶培!実家や高校まとめ【画像】

Sponsored Links

俳優の新井浩文さんが実は韓国籍だったということについて、注目が集まっています。

とは言え、新井さんはバラエティー番組などの出演や、自身のツイッターなどでも出身が青森県であることを公表しており、その使い慣れた方言での喋り方もとても自然であり、日本での俳優としての地位もほとんど確立されているように見えます。

それでは、なぜ新井さんは『日本国籍』ではなく『韓国籍』を選んだのでしょうか?

その辺りの理由や、出身の青森や高校についての情報も調べてみました。

Sponsored Links

新井浩文は韓国籍ってホント??

俳優の新井浩文さんは在日韓国人3世で、現在は『韓国籍』です。
朝鮮籍』から『韓国籍』に変更されたのは2005年で、ちょうどその頃には「隣人13号」や「ゲルマニウムの夜」などの映画にも出演されていました。

ではなぜ、日本で生まれて俳優としても活動しているにも関わらず、日本国籍ではなく韓国籍を選んだのでしょうか?

そして、新井さんの家族や出身についても気になるところです。

新井浩文はなぜ韓国籍を選んだのか?

現在は、俳優としての地位も確立されて、日本映画界に無くてはならない存在として有名な新井浩文さん。

そんな新井さんが、なぜ日本国籍ではなく、わざわざ韓国籍を選んだのかについてはどうしても納得がいかない部分も多くあります。

実は、その理由にはこういったエピソードがあったようです・・・
非常に難しい問題でもあるため、少し冗談半分に交えて説明されているのではないかと推測してしまいます↓

新井浩文さんはラジオの中で、「韓国に仕事でよく行くから韓国籍にした」とラジオで発言しています。ちょうどその時、新井浩文さんのご両親も韓国籍を選んでいますので無関係ではないでしょう。

韓国籍にすることでのメリットもあります。韓国人は兵役が課せられていますが、在日韓国人であれば兵役は免除となります。引用:「LOVEall」より

このエピソードによると、新井さんはラジオに出演された際に自身の国籍について、このようにコメントしているようです。

「韓国に仕事でよく行くから韓国籍にした」

 

つまりこれは噂ではなくご自身で公表されているため、事実ということです。

そして、その理由については、仕事でよく訪れる機会があるため便宜上そうしているというようなニュアンスで理由について公表されています。

しかし、新井さんが『朝鮮籍』から『韓国籍』に変更された同じ頃、ご家族である両親お2人も『韓国籍』に変更されていたようです。

この事実から想像できるのは、『韓国籍』に変更された理由はやはり元々の祖国である韓国への愛国心なのではないかというところです。

新井浩文の本名は「パクキョンべ」朴慶培!

2018年7月に、派遣型マッサージ店より派遣された30代の女性従業員に強制性交をしたとして逮捕されました。

その逮捕の報道と共に、韓国籍の本名である『朴慶培(パクキョンべ)』という実名も公開され、話題となっています。

この事件は、自己の欲求にのみ支配され行動してしまった非常に自己中心的な犯罪であり、許されざる行為です。
それ故に、今後の芸能活動や映画出演などへも影響が強いと考えられます。

どうしてこんな大切な時期に、自分の人生にとってマイナスでしか無いような悲惨な事件を起こしてしまったのでしょうか?

そして、新井さんがこれまで出演してきた多くの映画やドラマ、その他CMなどの共演者や業界関係者諸々すべての人間を巻き込むことを考えると、どう考えても理解に苦しむ事件です。
今後、その違約金や損害賠償金などについても凄まじい金額になるだろうと予想されているようです。

新井さんは、俳優としてこれからの活躍も非常に期待されていた時期だったので、今回の事件はとても残念でなりません。

在日韓国人の方がメリット??

新井浩文さんが『韓国籍』に変更されたのは、いったいどういった理由があったのでしょうか??

ただ、一説によれば『日本国籍』に帰化するか『韓国籍』に変更するのかといったメリットやデメリットなどの問題については、在日韓国人である彼らでさえも、頭を悩ませてきた大きな問題のようです。

そして仮にもしそのまま、在日朝鮮人(在日韓国人)の状態を変更せずにいれば、たくさんのメリットがあったのではないかと考えられます。

 

なんといっても「韓国人」でありながら、韓国人の義務である「兵役」を逃れることができることでしょう。
これはとても大きいことです。
そして、「日本人」ではないにも関わらず、日本の年金や保険の恩恵を受けられる点。
場合によっては、韓国の育児手当てと日本の子供手当ての二重取りなどもできてしまいます。
さらに、本名と通名というふたつの名前を、状況に応じて使い分けることができるのも大きいと思います。
本名と通名で、それぞれ銀行口座が作れるため、マネーロンダリングの温床になっているとも指摘がありますが、使い方によってはものすごいメリットになるでしょう。
引用:「Yahoo知恵袋」より

つまり、そのまま変更せずに現状維持のままにしておく方が、さまざまな待遇から考えるとメリットが大きいということがあるようです。

この他にも、メリットはたくさんあって‥

また、通名の変更は比較的簡単なので、犯罪歴があっても、別人になりすませることも大きいです。
まあ……、悪いことをしなければ必要ありませんがね。
あとは、悪いことをして捕まっても、国外退去処分を受けません
一般的な外国人は、犯罪で捕まったり、違法行為をすると、国外退去や強制送還をされますが、在日韓国人はそのまま日本に住み続けることが可能です。
引用:「Yahoo知恵袋」より
 
例えば、犯罪を犯したとしても国外退去処分は免れるといったような法律もあるようです。
 
そう考えると、もし新井さんが犯罪を犯してしまったとしたら…?
『韓国籍』ということから考えると、コトの次第によっては国外退去を命じられる可能性も考えられるということでしょうか。
 

しかしこの辺りは、歴史的背景から見ても非常に難しい問題だと思います。
単なる、メリット云々だけで判断ができないような気もしてしまうんですが‥

ちなみに、デメリットとしては、

(在日でない)韓国人から嫌われます。とくに男性は、兵役を逃れる卑怯者だと蔑まれます。
日本人から、早く韓国に帰るか、帰化するか、どっちかにしろよ……と煙たがられます。さらに在日韓国人であるとわかると、信用されません。
海外(とくに欧米)で、日本人だと思って近づいてきた人から、じつは韓国籍だとわかると失望されます。
引用:「Yahoo知恵袋」より
このようなデメリットがあるようです。
新井さんの場合、俳優としての地位も確立されていて、あまり金銭面での心配がないように思われます。
 
そうなると、仕事が軌道に乗り始めた26歳の頃、国籍を変更して自分のアイデンティティについてシロクロはっきり付けてしまおうと決意されたのかもしれませんね。
 
そして、今後の結婚やその後の人生設計なども考慮されていたのかもしれません。。

新井浩文が韓国語が話せないのはなぜ?

新井浩文さんは、映画などの役柄でも在日朝鮮人などの役柄を演じていたりと、他では演じきれないそのバックボーンなども含んだポジションは唯一無二の存在感と言ってもいいのではないでしょうか。

そして、在日朝鮮人3世ということですから、当然生まれも育ちも日本です。

そのため、国籍は日本であってもご両親も日本で生まれ育っていたという背景から韓国語を使っていたことは無いと考えられます。

新井浩文は青森出身という噂も。

在日朝鮮人3世の新井浩文さんの出身は、日本です。
1979年1月18日生まれで、青森県弘前市で生まれ育ちます。

これまでにも、バラエティーに出演されたときなどは方言について触れられる場面もあり、同郷のファンからも非常に歓迎されていたようです。

出演されている映画などでも、方言の発音や使い方がうまいとの評価もされていたようです。

新井浩文の出身高校や学歴は?

新井浩文さんは、青森県の弘前市で生まれ育ち出身高校もその地元弘前市内にある青森県弘前実業高等学校を選んで進学しています。

しかし、当時から映画俳優としての道へ進むことを考えていた新井さんは、進学希望を考えていた『日本映画学校』への推薦を教師に希望するも、断られてしまったために高校を中退してしまいます。

なんだか映画の不良役などのイメージと違和感がなく妙に納得してしまうエピソードです

しかし、その後の努力によって見事に映画俳優としてデビューし、現在ではCMやドラマなどでも見ない日はないというくらいに、その知名度を確立しています。

Sponsored Links

新井浩文は韓国籍についてまとめ

俳優の新井浩文さんは、在日朝鮮人3世であったことがわかりました。

そして、俳優としての活動をスタートされた2001年から、『韓国籍』に変更された2005年までの間になにか心境の変化や、ご両親との話し合いの中で『韓国籍』に変更せざるをえない事情があったのかもしれません。

そしてそういった背景があるにも関わらず、出身の青森県や方言をこよなく愛していると感じ取れる言動やツイッターなどの投稿が多く見られるような気がします。

在日朝鮮人という立場から、国籍が不確かなものでしか無いという現実を知ってしまった事から変更をしたのか。。
もしくは仕事でよく訪れる韓国へ行く際に、パスポートなどの手続きに違和感を感じて『韓国籍』に変更されたのかもしれません

その辺りの真意まではわかりませんが、どちらにしろ韓国にも青森県にも故郷としての愛情はあるように感じられました。

国籍変更をされた2005年は、新井さんが26歳の頃です。
小さい頃から、いづれはどちらかの国籍にしようと考えていらっしゃったのかもしれませんね。

そして、仕事で行くことの多かった韓国にすることを選んだ‥
といったところでしょうか。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です